ピンホールを使った球面収差チェック

c0164709_21115329.jpg

星空のような?写真、アルミミラーの透過だ。
おおむかし、ニコンの顕微鏡ショールームに遊びに行った時に(品物を試したり確認したりするために行ったのではなく、疑問に思っていたことを聞きにでかけた。快く対応して頂いて、Nikon Technical bulletinの在庫があるのも頂いてしまった。)、ピンホールを観察してピントを上下にずらせた時にぼけが非対象になるかで球面収差の有無が分かると教えてもらった。球面収差があれば非対象になるのだ。ピンホールとしては、アルミの蒸着ミラーにあるのが手頃だとも教えてもらった。
ふと、確かめたくなって、転がっていたアルミミラーを見たのが上の写真。補正環のある対物で、取り敢えず球面収差出まくりの状態で観察すると
c0164709_21122818.jpg

c0164709_21122558.jpg

c0164709_21122390.jpg

と確かに上下でボケ方が大きく変化する。
当然、補正環を合わせて上下でボケが同じになる写真を次ぎに掲載すべきなんだけれど、おもったような絵になっていなかった。いずれ、そのうちにと思っている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-20 21:22 | 顕微系 | Comments(0)
<< 析出物周辺の液晶配向 雁皮機械漉き薄手 >>