析出物周辺の液晶配向

c0164709_20040531.jpg

少し前の、しきその析出した液晶セル。左上から右下に伸びる線が中間だけ一寸明るくなっている。ステージを回転すると
c0164709_20040767.jpg

最初の写真では、変化が見られなかったところで明るさがぐっと変わっている。中心を走る結晶は、まっすぐ伸びているので均一なはず。だから、結晶の回りで液晶の配向が違っていると思うのだけれど、詳細不明。こんなものでも、しげしげと眺めるとよく分からないことが見つかる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-21 20:07 | 液晶系 | Comments(0)
<< 謎のループ ピンホールを使った球面収差チェック >>