謎のループ

昨日と同じ液晶中の析出物で、昨日の隣の場所は実に
c0164709_22242882.jpg

とループしている。角度を変えると
c0164709_22242423.jpg

なんだけれど、眺めていいるとループの部分は直線の下を通っているように見える。
不思議さはいろいろある。
一点目はループを描くこと。基本的に、アキラルなものにアキラルなものが混ざっているはずなので、本来ならまっすぐに針状にでも育って欲しいところだ。あえて、こんな感じで曲がる理由がない。背景が暗いからには液晶の配向も均一(で画面に対して垂直)で、液晶によって成長が規制されたはずもない。
それに、キラルな分子だったとしても、分子レベルでキラルなものは、大昔の立花太郎先生の仕事をみても、電顕レベルのねじれ構造になってしまいがちで、こんなにおおらかなカーブは描かないだろうと思う。
二点目の謎は、結び目がループの出発点と同じ場所になっていることで、これが偶然なのか、それとも何らかの必然があるのかは、まったく見当もついていない。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-22 22:29 | 液晶系 | Comments(0)
<< 東京名物食べある記に見る昭和初... 析出物周辺の液晶配向 >>