ハサミだって危険だぜ(会社の研究所でカッターナイフの使用が禁止されているとういう伝聞について:番外)

会社の研究所でカッターナイフの使用が禁止されていることのエントリーは、ぽつぽつとだけれども、継続的に訪問者がいる。少なくはない数の現場でカッターナイフが禁止されていて、それを不満に思う人の数も少なくはないのだろうと思う。
さて、カッターナイフが禁止されると、何かの切断にはハサミを用いることになるわけだけれども、この前、某社で研修を担当している人から、研修生がハサミで指を切ってしまったという話を聞いて、思わず笑ってしまった。束ねた紙をハサミで切る作業をしていたら、力を入れすぎたのか、紙を押さえている指を一緒に切ってしまい、病院で5針縫う羽目になったという。
その人は、こんなんじゃ、研修生にはハサミは使わせられないということで、研修生はハサミを使う作業になると、そこは、慣れた人に依頼するという、状況にしたらしいのだけれど、この状況が進むと研修を終えたはずの人々からも、ハサミで指を切る人が出て来るのではないかと思う。そうなったら、ハサミの使用も禁止して、何かを切りたくなったら、まずCADで図面を書いて、レーザーカッターにでも切る物を入れて、そして事故が起こらないように蓋をして切断作業でもするようになるのだろうかと思ってしまう。

流石にそこまで行けば、やっていることの余りの間抜けさに、事故を起こした物を単純に禁止するのではなくて、安全に使えるようにする工夫をするようになるのではないかと思いたいのだけれども、何しろ油断できない世の中、会社の研究所でハサミの使用も禁止される時代がやってくるかもしれない。




[PR]
by ZAM20F2 | 2015-08-11 17:14 | 文系 | Comments(0)
<< どっちもあった 本年2度目 >>