日本刃物店@三浦

だいぶ前に掲載した沖鉈を買った店。当時は海岸沿いの通に店舗があったのだけれど、そこから少し引っ込んだところに店を移していた。
c0164709_12161018.jpg

海岸通りの店がなくなった後で、店を教えてくれた人から廃業したみたいと聞いていたのだけれど、ある日検索をしたら、店のWebは無いけれども、タウンページ的なところに載っていて存続が確認された。

えっと、変な店です。
話し好きのおかみさんがやっているんだけれど、入るなり趣味の刃物付きと認定されたらしく、嬉しそうに妙な刃物を見せてくれる。
でも、キャベツ収穫包丁を見せられても、流石に使うあてがなさ過ぎて買うわけにはいかない。ブリの生き締め包丁も、鯛の生き締め包丁もおもしろいんだけれど、でも買っても途方にくれる感じだ。
そりゃあ、前に来たときには沖鉈を買っちゃったけれど、あれは、ある場面では使えると思ったからで、収穫包丁も生き締め包丁も使える場面をまったく思い浮かべられなかった。
ちなみに沖鉈、入れてた問屋さんが代替わりをした時に、どこの鍛冶屋だったか分からなくなり、現在は入荷できなくなっているとのこと。土佐の方の品らしい。いや、実は沖鉈の曲刃のがあったら、かってもいいなぁと思っていたのだけれど……。

というわけで、素直に両刃の鰺包丁などを買い込んだんだけれど、これは、ちょっとした作業に便利だと思う。

あと、漁網修理用の和ばさみを買ってしまったのは内緒。先が丸く落としてあって、これは、なんかの時に便利な気がする。

ところで、鰺包丁もいろんな形状のものがあった。あんなものに地方系がずいぶんあるとは知らなかった。魚系和包丁を探しているなら、行ってみるとおもしろいものが見つかるだろうと思う。





[PR]
by ZAM20F2 | 2016-07-24 12:27 | 街角系 | Comments(0)
<< 漁網修理用握りばさみ 窺っている >>