ホワイトバランスによる色味変化

c0164709_21133021.jpg

これは、昨日の写真の再掲。写真用のレフランプで、デジタルカメラのホワイトバランスは電球。これを太陽光とすると
c0164709_21133920.jpg

と青が相対的に暗く、赤の色転びが少なくなる。ついでに,蛍光灯にしてみたのが
c0164709_21134530.jpg

昨日のご近所さんの疑問に答えると、電球色WBだと、610nmあたりで、Rが最大になった後、波長が長くなるとRが落ちて、Bが出てきて紫がかってくる。なかなか謎の設定になっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-28 21:18 | 科学系 | Comments(0)
<< LED光源 明るさによる色調変化 >>