スペーサー

しばらく前の電卓の液晶セル、液晶が入っている部分の外側を見ると
c0164709_21510958.jpg

接着されている部分に、細長い棒のような物が入っている。これらは、セルの厚さを一定に抑えるためのスペーサーだと思われる。

スペーサーは接着剤部分だけでなく、液晶にも混ざっている。ただしこちらは棒状ではなく球状だ。
c0164709_21511016.jpg

この画像の黒い点に見えるのがスペーサー。この写真では分からないのだけれども、偏光状態を変えると
c0164709_21510982.jpg

スペーサーの回りは液晶の配向が違っているのが見えてくる。固体の表面では処理のやりかたで、分子は平行か垂直に並んでしまうために、球の周辺の液晶の並び方は平均的な並び方とは違ってしまい、見え方がずれてくる。
まあ、明るい状態で、多少位ところが出ても大勢に影響はないのだけれども、背景が暗いと
c0164709_21510908.jpg

スペーサー回りの明るさは光漏れになって、コントラストを下げる大きな原因になる。
というわけで、液晶テレビなんかには、こんなに素朴なスペーサーは使われていない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2017-04-04 21:56 | 液晶系 | Comments(0)
<< すくすく どん底 1990年 4月 >>