教科書的

出先で見かけた液晶テレビ
c0164709_21103560.jpg

正面から見ると普通に見えるのだけれど、したから見上げると
c0164709_21103486.jpg

画面がおかしくなり、さらにしたから見ると
c0164709_21103592.jpg

色調がめちゃくちゃになる。上からは
c0164709_21103529.jpg

コントラストが弱くなるけれども、一応は見える。
左右方向はここまで悪くならない。

これはTN(ツイステッドネマチック)型の液晶表示だ。TN型は視野角特性がよくないので、テレビでは視野角特性がより優れたVAやIPSが使われているのだけれど、コストはTN型の方が有利なために、安価な液晶TVには使われているとは聞いていたけれども、実物を、しげしげと見たのはこれが初めてだ。
TN型でも補償板を組み合わせると視野角特性はもっとよくなる。ノートパソコンではTN型を使っているものも多いけれど、ここまで視野角特性が悪いのは見た記憶がない。ここまで視野角特性が悪い液晶ディスプレイを見たのは山手線の初代の液晶ディスプレイ以来という感じだ。
ここまでの視野角特性の悪さは、もはやTN型液晶の視野角特性の悪さの教科書写真として使えそうなほどだ。

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-05-15 21:16 | 液晶系 | Comments(0)
<< 朴の木、その後 差異未確認 >>