ゾウリムシ

発作的にゾウリムシを買ったという話をしたら、速攻で
c0164709_21070360.jpg

がやってきた。頁をめくってみると、最初に目につくのは様々なゾウリムシ
c0164709_21070379.jpg

いや、ゾウリムシにこんなに種類があるとは思いませんでしたとも。
でも、この本、素人には順序が逆の気がする。だって、識別に使う器官の名前を書かれたって、それがどれかがわからないんだもの。その後にある
c0164709_21070453.jpg

図が先にあった方が幸せだ。でも、いろいろとためになることが書いてある。たとえばゾウリムシは動きが速いので、顕微鏡観察の時には寒天などで粘性を高くして動きを遅くするのだそうだ。本を貸してくれた人からはCMCで粘性をという話を伺ったのだけれど、寒天もCMCも在庫はなく、とりあえず手元にある
c0164709_21160705.jpg

を眺めて思案中。
[PR]
by ZAM20F2 | 2017-06-08 21:19 | 文系 | Comments(0)
<< 大違い コノスコープ NA0.55×1.5 >>