読みかけ

持ち歩くには重たすぎるのだけれど、行き帰りぐらいにしか読む時間がないので荷物が少ない日には持ち歩いている。
c0164709_13403406.jpg

そんなわけで、まだ大正時代までしか読み進んでいないのだけれど、明治の頃にはすでに、地表面の水平・垂直運動の観測から地震の起きる場所を見いだすなんて話が出てきて、手法は簡単かつ高精度になったけれど、やってることも、そして、地震予知はできないという事実も、ここ100年は変わらないんだなぁなどという気がしている。

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-09-03 13:49 | 科学系 | Comments(0)
<< 大森式地震計 にている(II) >>