立方晶結晶模型

天文古玩さんのところで、クリスタル製の結晶模型が出ていた

結晶模型といっても、ツブツブが並んだやつではなく、結晶の対称性を示すもので、ここでも、北緯50度の街の博物館で見たものを上げたことがある。

クリスタルの結晶模型格好いいなぁと眺めて、似たものを持ってないかなぁとごそごそしていたら、透明な立方体が出てきた。
c0164709_05514286.jpg

スケールと一緒に移すのを忘れたけれど、一辺3cm。


残念ながら、立方体以外の持ち合わせはない。というのも、この品、食塩で出来ているのだ。食塩でも、多結晶だったら、彫刻製品も存在するし、単結晶でも直方体は簡単に作れるし、研磨すれば直角じゃない角度も出せるのだけれど、研磨する根性はないし、劈開してしまうのには惜しい品だ。

この品は水溶液からではなく、加熱溶融状態からの結晶成長で作られているだろうと思う。大昔には、もっと大きな単結晶の需用があって、大きな単結晶が作られていたのだと思う。これより大きな単結晶を使った製品を一つは知っているので、それを次回に紹介したい。


[PR]
by ZAM20F2 | 2017-11-24 06:02 | 科学系 | Comments(0)
<< 赤外分光器の分散素子 軸外し放物面鏡 >>