ねずみではない

家に帰るべく日の落ちた道を歩いていたら、一羽のカラスが電柱に止まって鳴いている。
カラスが出歩くのには、少し遅くないかと見上げると電線の上にカラスではない四つ足の人。割とスリムな体にすらっと伸びた尾っぽ。危うさを見せることなく、電線の上を歩いて行く。思わず見とれていると、電線の上を交差点まで行って、直角方向の電線に乗り換えてすたすたと行ってしまった。
その周り、何故かカラスが集まってきて、鳴きながら飛んでいたのは何故なんだろう。
ハクビシンかなと思ってWebを探してみたら、確かに電線を渡る写真があり、シルエットは似ている。このあたり、ハクビシンが出没するのは知っていたけれども、地上を伝わって移動していると思っていただけに、インパクトがあった。
そういえば、ハクビシンだけでなく狸の目撃情報もあるらしい。空き家や空きアパートがあるので、そのあたりを塒にしているのかもしれない。


[PR]
by ZAM20F2 | 2018-01-06 06:48 | 動物系 | Comments(0)
<< 三星薄板用ガラス切り 夏のせい >>