赤門前いわしや外科ピンセット無鉤

1cm幅程度にカットしたスライドガラスやITO基板をつまみ上げる二には、ガラスの両エッジを挟めるピンセットが具合がいい。所謂歯科ピンセットでも悪くはないけれども、
c0164709_764931.jpg

外科用の無鉤ピンセットは、かなり使いやすい。掴む部分に幅があるので、安定してつまみ上げることが出来る。真ん中付近に見えているピンは、ピンセットをしめた時点で手前の穴に入り、ピンセットの先端が横に滑ってずれるのを防ぐ仕組みになっている。もっとも、ガラスをつまむような操作で、ピンの有り難みを感じることはないけれども。
このピンセットで両エッジを挟んだ状態では、エアブローはしない方がよい。かなりの確率で、基板が吹っ飛ぶ。一旦、2AEなどに持ちかえるようにする。
[PR]
by zam20f2 | 2008-09-10 07:11 | 物系 | Comments(0)
<< 絶滅種 ヘンミ計算尺 No.74 Bausch & Lomb社顕... >>