Helicon Focusを試してみる

マクロレンズを使った撮影では、被写界深度が浅くなるので、
c0164709_1902690.jpg

にように被写体の一部にしかピントが合っていない写真が出来上がる。もちろん、絞り込めば深度は深くなるし、世の中にはあおりの効くレンズもあるので、それを使えば必要なところにピントを合わせることは出来る。といっても限界はあるわけだし、それに幸か不幸かオリンパスにはチルトレンズがない。
さて、では深度の深い写真が必要な時にはどうすればよいかというと、ピントをずらして撮影した一群の写真からピントのあった部分を繋げれば良いわけで、たとえば日本自然科学写真協会のWebに紹介記事がある
http://japan-inter.net/ssp/howto/5_21.html
のだけれど、手作業でやるのは気が遠くなる作業である。業務用には、合成を自動で行うソフトが顕微鏡システムの一部として存在するらしいのだけれど、ここ2,3年で
http://auf1029.exblog.jp/5903314/
のように3万程度以下でそれなりに使えるソフトが出てきている。30日は試用できるので、ダウンロードしてインストールしてみた。
c0164709_19191538.jpg

こちらは、ピントを変えて撮影した画像を合成したもの。ピントを変える変わりに、カメラを動かして撮影したものを合成したのが
c0164709_1920143.jpg

である。両方を比べると、奥のメガネの大きさは同じ程度なのだけれど、手前のオープンエンドはピントを動かしたものの方が大きくなっている。
コンビネーションレンチはZD35を使っているけれども、OMの38マクロでもっと倍率の高い撮影で深度合成を試してみた。題材はNo.1のプラスドライバーのチップ。まず、単体での写真。
c0164709_19235150.jpg

さすがに、深度はむちゃくちゃ浅い。合成して作ったものは
c0164709_19241914.jpg

こちらである。
Helicon Focusは3レベルある。入門レベル(115ドル)に比べて2番目のもの(250ドル)は、バッチ処理ができ、また、合成後に手直しをするためのツールがある。最上位レベル(300ドル)は、2コア、4コアのCPUに対応しているらしい。まあ、ぼちぼちとしか使わないので最上位レベルはいらない。手直しツールは、多分、フォトショップの安い方で代用出来そうなので、入門レベルで良いかなという気分になっている。なにしろ、差額でのアップグレードが可能であるし。
[PR]
by zam20f2 | 2008-09-20 19:31 | 物系 | Comments(0)
<< 黒一点 昨日の買い物 >>