カテゴリ:動物系( 162 )

産卵中?

c0164709_20561982.jpg

トンボの産卵というとつがいで空を飛びながらというイメージがあったので、産卵しているのか不思議だったのだけれど、調べてみると単独でとまりながらというパターンもあるらしい。
c0164709_20562580.jpg

ただ、水中に尾を突っ込むこともあれば、葉の上のこともあり、そこは少し疑問なところ。
陸の上ではアジサイが咲き始めた
c0164709_20562966.jpg

まだちょっと色が淡い
c0164709_20563374.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-05-24 20:58 | 動物系 | Comments(0)

潜り(むぐり)中

c0164709_19005786.jpg

こちら花の上だけれど、
c0164709_19010197.jpg

はハナムグリらしく埋もれている
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-05-09 19:02 | 動物系 | Comments(0)

サギらしい

一日に峠を越えて別の峠で戻ってくるのはちょっとしんどかったので、峠の先で一泊していた。
朝、窓の外を見ると
c0164709_20592640.jpg

なんか、でっかいのがいる。
小枝の影で見にくかったのだけれど
c0164709_20592276.jpg

ちょっと飛び移って、
c0164709_20591859.jpg

なかなかよく見えるようになった。
c0164709_20591573.jpg

多分、アオサギじゃないかとおもうのだけれど、どうだろう。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-21 21:01 | 動物系 | Comments(0)

ちょっと珍しい?

砂利の上の鳥
c0164709_18571066.jpg

c0164709_18564488.jpg

これが雀なんかだったら珍しくも無いのだけれど
c0164709_18564917.jpg

は、地面にいるのを見たことがあんまりなく、ちっと珍しい気がする。普通は
c0164709_18565713.jpg

のように何かの上に留まっている印象だ。
それにしても飛ぶのは変幻自在。とてもじゃないけれど、ファインダーの中に捕捉できなかった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-19 18:59 | 動物系 | Comments(0)

短信

一昨日の夜から蛙合戦2回戦開催中
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-03-18 07:24 | 動物系 | Comments(0)

短信

気温が下がったけれど雨模様の天気の中蛙合戦中
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-03-09 22:47 | 動物系 | Comments(0)

蛙合戦状況

c0164709_10165579.jpg

福寿草の花もよく咲いていて、水面を見ると
c0164709_10165843.jpg

c0164709_10183341.jpg

c0164709_10170296.jpg

とカップルも成立している。出始めは昼間に近寄ると水中に潜ってしまうのだけれど、カップル成立ぐらいのタイミングになると、そちらが優先するのか油断が生じているようになる。
今年は、最初に出た後で気温が下がっていて、現時点では、今ひとつ合戦はたけなわじょうきょうではない。
c0164709_10170697.jpg

は出遅れている人。枯れ葉を身にまとって水に飛び込むので水面が葉っぱだらけになる。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-02-27 10:16 | 動物系 | Comments(0)

シーズン到来

c0164709_07363838.jpg

の人はしばらく前から顔をだしていたのだけれど、昨日の暖かさから出現するかなと思っていたら、夜には確かに歩きまわる人々が。
一夜明け、水面に枯れ葉が散乱して、昨日の朝より透明度が下がった水の中
c0164709_07364107.jpg

の人がいた。目を凝らすと底をのそりと動く人も(目では見えるんだけれど、写真をとると水面の反射でなにも見えなくなる。目はどんな画像処理をしているのだと不思議になってしまう)。
昨年は27日の夜だったので、4日ほど速いけれど、まあ誤差のうちという感じ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-02-24 07:40 | 動物系 | Comments(0)

小さくなっているらしい

武蔵野の風情を残す蕎麦で有名なお寺のそばのお宅に伺った。庭に鳥の餌台があり、シジュウカラやらカワラヒワがやってきたのだけれど、やがて、それらを押しのけてやってきたのは<>
c0164709_19595271.jpg


これは……ワカケホンセイインコではありませんか。都内何カ所か営巣地があって、有名なところでは、高遠藩内藤家の下屋敷跡の公園や、私鉄沿線の工業大学などだけれども、この場所は両方からだいたい同じ距離。どちらかから来ているのか、それとも別の場所かは不明。それにしても、追い払われた人々にくらべると遙かにでからっただ。
c0164709_20000222.jpg

正面からだとちょっととぼけた顔をしている。
c0164709_20000733.jpg

話によると、来だしてから数年だけれども、その間に小柄になって、また尾羽も地味になっているそうだ。本国の気候にくらべて寒冷なので小柄な方が生き残りやすいのかと行っていたけれどどうなのだろう。
そういえば、工業大学の方にインコが住み着くようになってから、桜の花の根元を啄んでしまうので、桜が花びらが散るのではなく、丸ごと風車のように落ちていくようになっているという話を聞いた事があるのだけれど、最近では、極東の島国に昔から住んでいる鳥でも桜を根元から啄む人が出ている。どのように拡がっていったのかは誰か調べているだろうか。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-01-18 20:24 | 動物系 | Comments(0)

なんで紛れ込むねん

水面に散らかった草を掬うべく
c0164709_20115549.jpg

箕のような形状の網で水面を掬っていたら
c0164709_20120227.jpg

も入ってきた。なんか、水底にいるイメージなんだけれど、どうして入ってきたのだろう。
水の外では
c0164709_20120739.jpg

の他、
c0164709_20121108.jpg

な人々が出てきて秋という感じ。
c0164709_20121566.jpg

は、草刈り作業で網を壊されて、壁面に避難している人。


[PR]
by ZAM20F2 | 2014-08-30 20:19 | 動物系 | Comments(0)