カテゴリ:顕微系( 131 )

自由研究実施中

世間的には里帰りや行楽の時期なんだけれども、帰る先がなく、この混雑期に行楽に行く気力もないので、家で夏休みの自由研究をすることにした。
c0164709_13000223.jpg

久しぶりに、ホットステージをセットアップし、眺めているのは液晶の相転移。
c0164709_12595465.jpg

前にもざっくりと紹介したけれど、ホットステージ本体は数千円の下の方、コントローラも福沢さん1~2枚でどうにかなる。
観察しているのは、大昔から知られた品なんだけれど、でも、眺めていて不思議になる。

話は変わるけれど、接眼鏡筒はステージの手前側にセットされている。研究用の顕微鏡では普通のセットアップなんだけれど、今朝方見たテレビの棒SSH高では、接眼鏡筒が鏡基側にセットされていた気がする。勝手な印象だけれど、中・高の先生の中には昔の顕微鏡の図に引きずられていて、鏡基側から観察するセットアップにしている人が、ある割合でいるような気がする。

さらに話が変わると……今朝方見たテレビでは、相対性理論の提唱者の名を使った科学教室の人が子供に見せる科学実験として、室内で雨を降らせると称して、液体窒素をスタジオで吹き上げさせて、雨と称する液体を(わずかに)降らせていた。でも、私のみるところ、あれは、水じゃなくて、液体窒素。そもそも、数mの高さで、それもすぐに蒸発する微小な水滴をつくって、それが、瞬間に合体して目に見えるサイズで落ちてくるはずがない。蒸発し損ねた液体窒素が落ちてくると考えるのが素直な解釈だ。
前にも書いたけれど、小学生に液体窒素を使った実験を見せる行為は、子供の学習への意欲を削ぎかねない行為だ。それを、やってみせて、しかも現象の解釈が正しくないわけで、この科学教室、かなりだめというのが個人的判断だ。


[PR]
by ZAM20F2 | 2017-08-13 13:18 | 顕微系 | Comments(0)

そんなに簡単ではない

ミクロワールドサービスさんの、本日の画像で、レイメイ藤井のRXT203を使った顕微鏡写真が掲載されている。まねをしたくなったのだけれど、同じようなものを撮影したのでは、腕の鎖が歴然としてしまうので、掲載されていないようなもの…と考えて、液晶ディスプレイを拡大することにした。

ミクロワールドさんのサイトには、簡単にできそうに書いてあるのだけれど……やってみると、とにかく、ぶれてしまってまともな画像が得られない。RXT203の上にカメラを安定しておくのも結構大変でピント合わせがしにくいし、それ以上にシャッターを押す動作によりぶれまくる。ずいぶんとなれてきたはずの1枚でも使いものにならないような画像だ。
c0164709_08545027.jpg



シャッターを押すブレは、セルフタイマーにすれば防げる。カメラを手で固定していると安定しないので、mtテープでレンズをくくりつけることにした。この方法、悪くはないのだけれど、手間取っているとオートオフでレンズが引っ込んで面妖なことになる。
貼り付けて撮影したのが下の2枚。一方は、緑、もう一方は赤の方が鮮明で他の色はぼけている。これは……見事な色収差の実例だ。
c0164709_08545610.jpg

c0164709_08545664.jpg




[PR]
by ZAM20F2 | 2017-08-06 08:58 | 顕微系 | Comments(0)

コノスコープ NA0.55×1.5

雲母のコノスコープの目玉を見えるようにするために、NA値を大きくした。
c0164709_22404383.jpg

c0164709_22404323.jpg

c0164709_22404256.jpg

使っている対物はNA0.55のまま。やったことは
c0164709_22404265.jpg

試料上面に半球ガラスを置くこと。
コンデンサの方は元から十分なNA値のものを使っている。

本当は、液晶試料でやりたいところなんだけれど、ホットステージに入れることを考えると、下もスライドガラスではなく、半球レンズにして、上下の半球レンズの位置を精密に合わせて、さらに、電極となる金属ワイヤーをスペーサー兼用でつかってと、なかなか細かい作業が必要になり、アイデアだけになっている。


[PR]
by ZAM20F2 | 2017-06-03 22:51 | 顕微系 | Comments(0)

コノスコープ NA0.55

おなじみの雲母のコノスコープ像。使っている対物のNAは0.55
c0164709_20593707.jpg

c0164709_20593881.jpg

c0164709_20593819.jpg

残念ながらこのNAだと2つの目玉はみえない。


[PR]
by ZAM20F2 | 2017-06-01 21:00 | 顕微系 | Comments(0)

ある気がする

c0164709_21465068.jpg

なんとなく見つけて取り寄せてみた本。偏光顕微鏡の本というと、光学のことはあまり書いてなかったりするけれども
c0164709_21465024.jpg

このような図があるあたり、全般的に書いてあるみたい。
c0164709_21465044.jpg

こんな妙な図も入っているんだけれど、なんか、これ、その辺に実物があるような気がしている。
↑気のせいだったみたいです。実物を見たことのある人からコメントがありました。
[PR]
by ZAM20F2 | 2017-05-30 21:48 | 顕微系 | Comments(0)

電卓の液晶ディスプレイから偏光板を外してみる(III)

c0164709_21180928.jpg

液晶セルの裏面の偏光板+反射板は前回紹介したように、暑さが0.2mm程度の薄い物だ。
反射板は金属光沢があるけれども、鏡面ではなく細かな凹凸があるように見える。
落射照明の偏光顕微鏡観察をすると、表面のざらざらさが目立つようになる。
c0164709_21183933.jpg

この写真の左半分は偏光フィルムで、クロスニコルの状態。反射板が見えないので、平らなように見える。ステージを回転していくと、偏光フィルムを通して反射板が見えるようになっていく。
c0164709_21183959.jpg

c0164709_21184098.jpg

偏光板の下も、細かな凹凸がある構造担っている。
偏光フィルムも反射板も初期のディスプレイに比べると随分と改良されているはずだ。液晶ディスプレイが発達した理由の一つは液晶セルの外側にも改良すべき部材が山ほどあったからだと聞いた事があるけれども、液晶テレビに限らず、こんな単純なディスプレイでも同じことがいえるだろうと思う。

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-03-23 21:25 | 顕微系 | Comments(0)

ひさしぶり……

絞り動作が固いのでクリーニングをするべく蓋を上げて、少し油断をしたら虹彩絞りが外れてしまった。
c0164709_18464431.jpg

はめ直すの、だいぶ久しぶりだったけれど、無事に戻り、動作も軽くなった。

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-03-20 18:48 | 顕微系 | Comments(0)

マスク遊び(II)

マスク遊び(I)では、回折格子によって生じた回折パターンを制限することによりあるべき格子がなくなるという話だったわけだけれども、格子模様も見えない構造に対して、ある角度の光のみを通したら、その角度に対応する縞構造が出現してしまうのかというのが本日のお題。というわけで作ってみたのは
c0164709_20470804.jpg

というギョロ目珪藻の出来損ないのようなマスク。これじゃギョロ目というより寄り目だ。実は、もう少しギョロ目っぽい
c0164709_20442166.jpg

こんなのも作ったんだけれど、縞構造が狭くなってしまって、寄り目で撮影することにした。対物につけると
c0164709_20445152.jpg

こんな感じだ。
さて、試料だけれども、何でもいいというわけにはいかない。とにかく、穴の方向に散乱光が来る試料が必要だ。ということは拡散板の類いがいいはずで、頭に浮かぶのはMWSさんご推奨のEB-04なんだけれど、残念ながら手元になかったので、メンディングテープで試すことにした。
普通の画像が
c0164709_20450750.jpg

真ん中に筋が入っているのは、場所とか方向の特定が出来るようにカッターで入れた傷。この状態でのコノスコープ画像(ただしアナライザーは入れていない)は
c0164709_20452123.jpg

こんな感じで結構拡散フィルムとして悪くない感じだ。マスクをつけるとコノスコープは
c0164709_20455612.jpg

となる。いや、マスクのできの悪さが見えてますけれども、何しろ、思いついての試みで、マスクを最適化するのは後の話。このときの実画像は
c0164709_20455791.jpg

見事に出るべき方向に縞構造が出ている。マスクを回転すると
c0164709_20460260.jpg

c0164709_20460801.jpg

と傷の方向は変わらないまま縞の無機は変わっていく。ここから試料を回転していっても
c0164709_20461281.jpg

c0164709_20462030.jpg

縞の向きは変わらない。このときにコノスコープ画像は
c0164709_20462482.jpg

となっている。

さて、マスク遊び(I)の場合には、一定周期の構造を見ているので、波長により回折角が異なっていた。一方、今回は波長によらず同じ回折角の成分を取りだしている。ということは、対応する構造周期は赤い方が長く、青くなると短くなるはず。きちんとやるには、バンドパスフィルターを使うべきなんだけれど、とりあえず、RGBの成分をそれぞれに見ることにした。
もとの画像では見づらいので、適当なところを切り出している。まずは、RGB揃った画像
c0164709_20463116.jpg

続いて、R、G、Bの画像
c0164709_20463745.jpg

c0164709_20464054.jpg

c0164709_20464372.jpg

明らかに青い方が細かい縞模様になっている。

顕微鏡……奥が深い。
[PR]
by ZAM20F2 | 2017-02-22 20:59 | 顕微系 | Comments(0)

マスク遊び(1)

回折光を絞って画像を変えるなんて妙なことを始めたのはAbbe。そういえば、しばらく前にツアイスから出た復刻版の顕微鏡には、後ろ焦点面に差し込んでパターンを弄るプレートが付属しているらしい。
絞り付き対物も、後ろ焦点面のプレートもない場合にどうするかと言えば、要するに対物レンズに入る光を制限すればいいだけだから、対物レンズに取り付けるマスクをつければよい。
というわけで、作ったのが、
c0164709_21365740.jpg

斜めからみると
c0164709_21370392.jpg

もちろん、こんなのを取り付けて対物レンズの入射光を制限するのには、対物レンズ前面がそこそこ大きくなければならない。
というわけで、取り付けたのは金属顕微鏡用のSLWD。ELWDでも装着可能。
c0164709_21370688.jpg

サンプルは、前にも出てきたクロス回折格子。
c0164709_21441421.jpg

この状態でのコノスコープ画像は
c0164709_21441977.jpg

これにマスクをつけてると、コノスコープ像を1次元方向に制限出来る。
c0164709_21442965.jpg

このときの画像は
c0164709_21442687.jpg

続いてマスクを90度回転する。
c0164709_21443704.jpg

画像は
c0164709_21443251.jpg

と反対の縞模様となる。マスクの中心があっていないので、正確に45度縞を出せないのだけれど、回転方向によっては、画像は
c0164709_21444226.jpg

のように妙な構造となる。このときのコノスコープ像は
c0164709_21444667.jpg

である。
縦縞と横縞は、ある縞構造の一方を消したわけだけれども、最後のは、もとの画像にない縞構造を作り出している。

ということは、マスクの形によっては、もとの画像に明示的には存在しない縞構造が出現してしまうことになる。
それは……次回のお楽しみ。

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-02-20 21:48 | 顕微系 | Comments(0)

縦縞

コンデンサの軸があっていると、対物レンズの絞りを絞ると、1次回折光は同時にきれて、格子がなくなるけれど、コンデンサの軸をずらすと
c0164709_21505161.jpg

のように0次光の他に一方の1次光のみを残すような状態も作れる。このときの画像は
c0164709_21505641.jpg

とクロス回折格子のはずのものが縦格子に見えてしまっている。
まったく相似ではない絵が得られる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2017-02-18 21:53 | 顕微系 | Comments(0)