カテゴリ:風景系( 92 )

聖天山

ブドウだなの帰り道、聖天山に立ち寄る。
草魚が繁殖しているらしい川に面した街にあるお寺なんだけれど、創立は平安末期に遡る。現在の本堂は江戸時代のもの。
お寺、そこらかしこに彫り物がある。
c0164709_08482107.jpg

門やら
c0164709_08482299.jpg

本堂にあるのは、それほど珍しくないのかもしれないけれど、ちょっと脇の井戸の建物も
c0164709_08482267.jpg

この有様。
もっとも、猫は彫り物の鯉も竜も気にすることなく、我が物顔に寝転んで
c0164709_08482166.jpg

そして、ぽてぽてと歩いて行った。
c0164709_08482116.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-04-23 08:56 | 風景系 | Comments(0)

一望

c0164709_07183699.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2017-02-27 07:19 | 風景系 | Comments(0)

めざせ

うどんを食べてホームセンターに行く予定で出かけたはずなんだけれど、蕎麦を食べてたどり着いたのは
c0164709_20060419.jpg

ポチ山というのがあるらしいけれど、見つけられなかった。そばにある建物には
c0164709_20060038.jpg

ちょっととぼけた人が入る。それにしても、
c0164709_20061044.jpg

を見かけても、冗談と思えなくなってしまったのは、富岡のせいだとおもう。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-13 20:08 | 風景系 | Comments(0)

十発一中

c0164709_21310438.jpg

なんか全体に暗くてわかりにくいけれど、真ん中あたりを等倍で切り出すと
c0164709_21311746.jpg

となる。
たいしたことのない写真だけれど、手持ちで4秒の撮影。
流石に百発百中とはいかず、十発一中程度なんだけれど、それでも文明の進歩を感じる。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-08-23 21:34 | 風景系 | Comments(0)

雨宿り

雨がひたすら降っていた
c0164709_21003388.jpg

どのくらい降っていたかというと、雨が簡単に写ってしまう程だ。
c0164709_21010799.jpg

あれ、ぼやけている陰は
c0164709_21010424.jpg

雨宿りのひとっぽい。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-08-22 21:02 | 風景系 | Comments(0)

1970年桐生付近

c0164709_20335281.jpg

桐生付近なのは大丈夫だと思うのだけれど、どんな意図で撮影したのか覚えていない……
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-07-30 20:34 | 風景系 | Comments(0)

こはいかに

雪のあるところに出かけたつもりだったのだけれど、
c0164709_17551790.jpg

スキー場には一応雪が見られるけれど、手前の大池は氷こそ張っているものの、上に水が見えている。帰りがけに立ち寄った高速脇のスキー場へのエスカレータでは
c0164709_17564849.jpg

横を見ると
c0164709_17571380.jpg

なのが飛んでいる……
このままでは、戻ってきたら出現しているんじゃないかとおもったら
c0164709_17571899.jpg

本当に出現していた。
メダカの人も、結構元気に水面付近まで現れていたのだけれど、カエルの人がでてきたのは、昨年で24日。
今回は、流石に早すぎると思う。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-02-14 18:01 | 風景系 | Comments(0)

初氷

c0164709_21031789.jpg

ホテイアオイから氷がそだっているっぽい
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-01-13 21:03 | 風景系 | Comments(0)

浅間?

御用納めも過ぎて、空気が綺麗になった気がする。
c0164709_18495422.jpg

帰省ラッシュは今日がピークらしいけれども、このあたり、あんまり車は多くない。
こんな日は立ち寄ったショッピングモールの屋上から、お日様に照らされながら回りを見渡すのも悪くない。
c0164709_18515927.jpg

c0164709_18521455.jpg

富士山の方には雲がかかっているのだけれど、北の方は雲はなく、いつもは見たことのない山が見えている気がする。
c0164709_18522009.jpg

これは秩父のあたりかしら、そして
c0164709_18522487.jpg

は浅間の気がするのだけれど、どうだろう。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-12-30 18:56 | 風景系 | Comments(0)

天井川の街(I)

暗くなってからたどり着いた宿の先は土手になっていた。
c0164709_21082568.jpg

翌朝に土手に登る道を上ってみる。
c0164709_21083203.jpg

土手、結構高くて土手を越えるのに鉄道のトンネルも通っている。
c0164709_21124969.jpg

通り過ぎる電車を見送ろうと土手を上りきって反対側を見てみると窪地をはさんで反対側にも土手。
c0164709_22035540.jpg


二つの土手は橋で結ばれているので、橋を渡って反対側の土手に行ってみると、トンネルの出口が確認できる。
c0164709_21125507.jpg

c0164709_21141376.jpg

線路の上まで行って線路を眺め、振り返ると窪地の底はトンネルの上部かなという状況。

c0164709_21140562.jpg

それにしても、この土手結構高い。
c0164709_21145114.jpg

土手の上では民家を見下ろし、屋根の壊れた廃屋もこんなによく見える。
c0164709_21145495.jpg


窪地は元は川。
c0164709_21141968.jpg

天井川という言葉は小学校の社会で習った記憶があるし、このブログの昔のエントリーでも紹介した気がするけれども、土手までちゃんと登ったのは初めてだ。泊まった宿から眺めた風景は
c0164709_21154273.jpg

c0164709_21154679.jpg


な感じ。
c0164709_21145840.jpg

全体に工事がはいっていて、どうするつもりかとおもったのだけれど、

c0164709_21151655.jpg

どうやら園地にするらしい。ただ、工事のために

c0164709_21155274.jpg

c0164709_21155639.jpg

なことが行われていて、あるものをきちんと残せないのかなぁなどと思ってしまった。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-12-12 21:19 | 風景系 | Comments(0)