<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

小石川植物園(承前)

小石川植物園には大きなクスノキがあった
c0164709_21455714.jpg

見た目はもっと暗くて鬱蒼とした感じだった。その一方で、
こんな、御陽気そうな
c0164709_21473371.jpg

バナナの人もいる。なかなかにいろんな物があって面白かった。
実は、今日は、新宿御苑のカメラ人に雑じっていたのだけれど、それはまた。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-30 21:49 | 植物系 | Comments(0)

初秋?

植物園の中は、そろそろ初秋、道は
c0164709_21563983.jpg

と落ち葉の絨毯。上に残っている葉っぱも
c0164709_21572211.jpg

と色づいている。のに……………
c0164709_21575678.jpg

なんて人もいる。まあ、原産が南アメリカらしいので、日本の風土を理解していないだけかもしれないけれど、風土を理解していて欲しいこの人も
c0164709_21585525.jpg

こんなになっているのを見ると大丈夫かと思ってしまう。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-27 21:59 | 植物系 | Comments(0)

小石川植物園のネコ

承前
小石川植物園の入場券は、植物園ではなく、門の斜め前の商店で売っている。入場券を無事に手に入れて中に入り、右手の坂を上がってしばらく歩くと売店があった。とりあえず、早めのお昼にしようかと座ると、ネコが歩いてきた。
c0164709_21324277.jpg

見たところ、かなりお歳の感じ。背中はブラシをかけたくなるほど毛がぼうぼうしている。売店の入り口付近で、おとなしくおねだりをして
c0164709_21333844.jpg

何かをもらって、食べてから、ゆっくりと薬草園の方に歩いていって、くつろいでいた。
c0164709_21343152.jpg

[PR]
by zam20f2 | 2008-11-26 21:34 | 動物系 | Comments(0)

小石川植物園へ

月曜日は、午前中に日射しが出ていたのにつられて、ふらふらと歩いていたら小石川植物園についた。これは、植物園の外の途を入り口にあるいていく途中。
c0164709_21341191.jpg

続く
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-25 21:34 | 街角系 | Comments(0)

左右円偏光フィルター

偏光フィルターは反射の除去や青空のコントラストを強くするのに使われる。
かつては、普通の直線偏光のものが使われていたけれど、ハーフミラーを使った一眼レフト共に、円偏光タイプが出現し、そして、デジタルカメラでも、直線偏光タイプだとローパスフィルターが効かなくなったりするので、円偏光タイプが用いられている。
写真は72mmの円偏光フィルターをカメラに対して装着する向きに置き、その上に2つの小さな円偏光フィルターを逆向きにおいている。
c0164709_16395752.jpg

明るい方は、72mmのフィルターと同じ円偏光フィルターで暗いのは逆の円偏光フィルターである。直線偏光では、2枚を重ねると角度により明暗が変わるが、円偏光の場合には、角度を変えてもほとんど明暗は変化しない。
人の目も、デジタルカメラも左右の円偏光を区別しないので、円偏光フィルターには右とか左とは記していない。でも、一部の用途、具体的には円偏光反射型のコガネムシを見つけるのには、右円偏光板が必要なので、個人的には、左右の区別が書いてあると幸せなのだけれど、まあ、ほとんど要望のない話ではあろうと思う。
ポラロイド社が左前になって、偏光フィルム部門を売ってしまってからは、供給される偏光板の種類が減っていて、円偏光板も右円偏光板が入りにくい状況となったことがある。そのためか、何年か前に、その辺で何種類かの円偏光フィルターを買ったときは、基本左円偏光タイプで、市販の円偏光フィルターには右円偏光タイプは例外的にしかないのかと思っていたのだけれど、最近、何気なく買った円偏光フィルターでコガネムシを見たら、反射光がカットされたので、驚き、他のものもと思い、ケンコーとハクバの同じサイズのものを買ってみたのだけれど、上の写真のように、右と左の円偏光板になっていることが分かり、幸せな気分になっている。
なにしろ、これで、左右円偏光顕微鏡に必要な部材が揃ったことになるわけだから。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-24 17:02 | 科学系 | Comments(0)

スパイク長靴

c0164709_1649495.jpg

スパイク長靴である。もう、随分と昔に、岩村田から中込にいく途中にある山林仕事道具屋さんで買った物。底にスパイクがある上、本体がウエットスーツの生地で作られているので(道具屋さん伝)雪の中でも、普通の靴下をはいていて、寒くはならないという優れものである。冬の低山歩きには、この上なく便利な一品。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-24 16:51 | 物系 | Comments(0)

ブルー相の透過偏光と反射

ブルー相のplatelet組織は、少し前にも写真を出したけれど、透過の偏光で
c0164709_2145443.jpg

とカラフルなテクスチャーが出現する。ものの本には、異なる色の領域は、異なる結晶面に対応すると記されていたりする。ということは、反射でも似たような色調が見えるかなと思うのだけれど、実際に反射で眺めてみると
c0164709_2147712.jpg

と、少しばかり様子が異なっている。反射で緑に見えるドメインは、透過でも緑なので、確かに回折かなという気がするのだけれど、それ以外は色が結構変わってしまっている。透過で見えている色の正体が個人的にはよく分からなくなりつつある。前にも記したけれど、コノスコープで、回折スポットも見えていないし……………。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-18 21:49 | 液晶系 | Comments(0)

シロバナタンポポ?

シロバナタンポポの花期は春らしいのだけれど、もうすぐ冬というこの季節に、どう見ても、白いタンポポっぽいのが咲いていた。
c0164709_7134764.jpg

足利にて
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-18 07:14 | 植物系 | Comments(0)

かまきりなど

土曜日は、屋台で珈琲を頂いたあと
c0164709_21543628.jpg

こんな金具のついた戸のあるところにいっていた。
その建物のガラス戸の上のところには蟷螂さんが立ち止まっていた。
c0164709_21553173.jpg

もう、秋も深い。足利でも木々が色づいている
c0164709_21562488.jpg

蟷螂も、来年に命を継ごうとしているように見えた。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-17 21:57 | 街角系 | Comments(0)

屋台カフェ

ぶらぶらと足利の街を歩いていたら、おじさん2人が昼間というのに屋台の準備をしていた。
c0164709_2024112.jpg

えっと、珈琲ですか……………
お湯が沸くまでは珈琲が入る見込みはないので、とりあえず、お昼を食べて、それから珈琲で一服することにした。というわけで、ご飯を食べて戻ってみると
c0164709_204635.jpg

と、営業を開始していた。
メニューは珈琲のみ。400円。
厚手で、少し小振りの、暖めたカップに入った珈琲は美味しく、最後まで熱かった。
珈琲がなくなった後も、カップは暖かく、しばらく手を温めていた。
[PR]
by zam20f2 | 2008-11-16 20:06 | 街角系 | Comments(0)