<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

橋の向こう

台風があまり近付かないうちに、橋を渡る。
対岸も、まあ、天気は変わらない。
c0164709_1742423.jpg

観光地も風と雨
c0164709_17424765.jpg

人はあまりいない。まあ、でも
c0164709_17424588.jpg

が売りなのだとしたら、晴れていてもあんまり魅力的ではない。
海、よい感じに荒れている
c0164709_17425222.jpg

[PR]
by zam20f2 | 2010-10-31 17:42 | 風景系 | Comments(0)

接近中

宿を予約してしまった都合上、台風が近付いている中を出かける。
海ほたる展望デッキも閑散としている。
c0164709_17363436.jpg

沖合の船は岸から離れて停泊中なのか、動いていない
c0164709_17375268.jpg

これから向かう方も、なかなかの天気
c0164709_17381323.jpg

波をくぐって本線に向かう感じだ。
c0164709_17381626.jpg

そんな中、記念撮影にいそしむ人々。
c0164709_17381880.jpg

まあ、よい記念であるかもしれない
[PR]
by zam20f2 | 2010-10-31 17:35 | 風景系 | Comments(0)

横向き

予定外に顕微鏡が家にやってきた。
まあ、ネットオークションで落札した物だから予定外というのも変なのだけれど、落ちたらラッキーというぐらいの気持ちで初期価格で入札したのがそのまま落ちたので結構驚いた。
写真を見ると、随分と埃宇をかぶっていたし、対物レンズも妙なのがついていた。同じ時期に、もっと状態が良さそうで、対物も真っ当なのがついているのが、終了が2日後で出ていたので、人々はそちらに流れたのかもしれない。
三眼鏡筒になったので、今までのように、目視から写真撮影でバタバタしなくなったのは有り難い。ただ、三眼鏡筒の光路振り分けが目視100%と目視30写真70%(だと思う)しかないのが小さな欠点で、、コノスコープが目視側でしか見られず、写真撮影できないのが大きな欠点である。
写真鏡筒がないので、複写台と組み合わせるしかないのだけれど、光源が複写台の支柱にあたるために、横向きでないと置けない
c0164709_17411689.jpg

早速、珪藻を撮影する。目視の視野の中心に目立つ珪藻をおいて、撮影領域の真中になるように調整する。こんなところでも珪藻は役に立つ。
c0164709_17412156.jpg

ついでに暗視野照明もためしてみた。
c0164709_17412221.jpg

[PR]
by zam20f2 | 2010-10-17 17:43 | 顕微系 | Comments(0)

デジタルカメラを用いた分光測定

少し前に、画像ファイルを用いて作った、色素溶液の吸収スペクトルのようなものをアップしたけれど、その後、少し試した限りで、一応、どうすれば、分光スペクトルが取れるかは分かった気になっているので、まとめておきたい。
先ず、縦軸。
データは必ずRAWファイルを用いる。画像ファイルはJPEGもTIFFでも何でも不可。というのは、画像ファイルは、元のデータから非線型で変換されており、また、元の画素と1対1対応でない可能性もあるので、分光データとしては不向き。
市販ソフトを使えば、RAWファイルから、直接にグラフに出来る数値データを書き出し出来るかもしれないけれど、フリーソフトで間に合わせるなら
1,まずIRISでRAWデータを読みこんでそれをFITS形式でセーブする。
2,FITS形式のファイルをImageJもしくはマカリで読み込んで、プロファイルを作製して、適当な形式で出力する
3,出力されたファイルををもとに、ダーク補正や吸光度の計算を行い、出来たスペクトルをグラフ化する
という手順をとればよい。
2番目のFITSからの変換で、これまで出てこなかったマカリというソフトが出ているけれど、これは、国立天文台とアストロアーツが作った天文解析用のソフト。登録が必要だけれど、現状でフリーで使える(Web上にはライセンスの数に制限があると記されている。多分、国立天文台とアストロアーツの契約で、出せるライセンス数に限りがあるのだろうと思う。個人用途で申請したけれど、発行して貰えた。まあ、天文用途かと言われると、微妙だけれど、高等学校でも使える分光測定手法を提案しているという意味では教育的には十分に意味があると思う。
一方、横軸に関しては、殺菌灯の4Wクラスのを買ってきて、蛍光灯懐中電灯のランプと取り替えたものを校正光源として使う。のでよいと思う。
405
408
435
436
491
546
577
579
623 nm
程度のラインは観測可能な気がする。690が見えていないのは、測定波長範囲からずれているのか、赤外カットフィルターに引っ掛かったのかは不明。
横軸は、分光器とカメラの取り付けをよほどきちんとしない限りは、毎回、本測定の前後で校正用ランプを測定しておく方が無難。
さて、では、どの程度の精度での測定が可能かというと、それを確かめるために、色素溶液を半分に薄めながら測定を繰り返す事をやってみた。ただし、横軸は波長に直さず、ポイント数のまま。右が赤で左が青

c0164709_12134866.gif

これが色素原液、赤と緑と青の線はそれぞれR画素、G画素、B画素を使って計算したもの。本当は、波長毎にどの画素を使うかを(オーバーラップをどうするかを含めて)検討しなければならないのだけれど、それは今後の課題。Rは論外として、GとBもスペクトルが歪んでいて真っ当に測定出来ていない。
c0164709_12134538.gif

半分に薄めた。赤は論外だけれど、GとBはだいぶ一致している。吸光度の最大が2.1程度だけれど、等倍の時が2.5なので、ここからも等倍がまともに測れていないのが明確に分かる。
c0164709_12134291.gif

1/4濃度。吸光度は1.4程度、青と緑の一致がよく、これなら、正しそうな気にもなる。逆に、半分に薄めたものが、正しく取れていれば吸光度が2.8程度にはなっているべきなので、どうも吸光度2は満足に取れていなそうなことが判明。
c0164709_12133981.gif

1/8濃度。吸光度が0.7~0.8で、一つ前のほぼ半分になっている。ということで、吸光度1.5程度までなら、
まともに測れそうな雰囲気。それにしても、赤画素が長波長側もなんか駄目な理由が不明。逆に、赤に吸収のあるもののスペクトルを測定してみた方がよさそう。
c0164709_1213351.gif

1/16。透明領域で明示的に負の値が出るようになってきた。どうも、ダーク補正に問題がありそう。スペクトルになんか振動構造が見られるけれど、吸光度が高いものでは出ていないので、サンプル由来ではなく、どこかで紛れ込んだものだろうと思われる。
c0164709_12133077.gif

1/32スペクトルが歪んできている。薄い方もどうも限界があるのかしら?
c0164709_12132736.gif

1/64。見た目はかなり無色。一応、B画素ではスペクトルがとれているような感じがあるけれども、G画素は少し前から値が小さめに出る傾向…。ざっくりとした感じで、吸光度が0.05~0.1程度の誤差で、1.5程度までは測れるかなという感じか。十分に使える用途もあり得ると思う。
[PR]
by zam20f2 | 2010-10-11 12:26 | 科学系 | Comments(0)

非日常

極東の島国に戻る飛行機は夕方の出発だったので、土曜日の午前に町中にようやく出かける。
夏に煙にまかれていた街は、涼しさを通り越し寒くなって煙もない。
c0164709_198035.jpg

街中には、日常的な建物と非日常的な感じの建物が入り乱れている。まあ、日常的な建物でも
c0164709_198352.jpg

なのがついていて、その横の窓を覗くと
c0164709_19103144.jpg

と何気に非日常だ
まあ、完全に日常の
c0164709_1981154.jpg

な風景もある。でも街角の
c0164709_198645.jpg

なあたりも、ちょっとしゃれている。
工事中の建物は、外の覆いが
c0164709_1981968.jpg

と書き割り感をにじみ出し、日常からはずれていくのだけれど、その横は非日常の象徴
c0164709_1982395.jpg

横断歩道の向こうにあるとはとても思えない物がころがっている。
[PR]
by zam20f2 | 2010-10-03 19:13 | 街角系 | Comments(0)

ニッパーとダミアン

そっくりと言うより似ているかなというレベル。ニッパーの方はしかも姿勢だけ。犬種は全然違う
c0164709_193446.jpg

こちらが姿勢がニッパー
こちらは全体に黒くてうろついているあたりがダミアン
c0164709_193427.jpg

[PR]
by zam20f2 | 2010-10-03 19:05 | 街角系 | Comments(0)

1年ぶり

天気に誘われて、朝食後に宿泊先の建物の周りを半周する。
c0164709_07158.jpg

それにしても、相変わらず、よく分からないぐらい大きな建物だ。話によると、プールや映画館もあるらしい。
そして、
c0164709_071698.jpg

カラスのような鳥は相変わらず黒とグレーの2色。
建物に近付くと像があるのだけれど
c0164709_072455.jpg

本家のはずなのに、あまり社会主義リアリズムっぽくない。
でも、顔をよく見ると
c0164709_072779.jpg

口紅までついているあたりはリアル。
そして、建物の横に行くと、期待通りに、まだ居ましたとも。おなじみさんが
c0164709_073090.jpg

でも、フロント硝子のSのマークは薄れている。
[PR]
by zam20f2 | 2010-10-01 00:12 | 街角系 | Comments(0)

晴れた

久しぶりに晴れた。青空に月も輝いている。
c0164709_23582969.jpg

えっ、どこに月があるかって。ほら、ここ。
c0164709_23583215.jpg

目を下に向けると、あれっ、草が白っぽい
c0164709_23585217.jpg

近づいてみると霜がおりていた
c0164709_23585691.jpg

そういえば、息も白いな。
[PR]
by zam20f2 | 2010-10-01 00:02 | 街角系 | Comments(0)