<   2010年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

爆発

c0164709_21341459.jpg

いや、単にのぞいて見て岡本太郎さんの名前を思い出しただけなんだけれど…
もちろん、岡本太郎さんデザインではなく、彼が生まれるよりずっと前から地上にいる種族です。
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-29 21:35 | 顕微系 | Comments(0)

青色LEDは何故幻想的か

c0164709_20154471.jpg

待降節になり、イルミネーションが出ていても季節外れ感がない時期になった。最近はLEDのイルミネーションが主体だけれど、色々な色があるLEDの中で青色LEDは特に幻想的に感じられるように思う。
青い色自体に幻想性があるかというと、自殺予防のために電車のホームの端に使われるぐらいだから、むしろ非幻想的な要素の方が強いのではないかと思う。
では、何故青色LEDが幻想的なのかというと…目の色収差のためではないかと思うのだけれど、どうだろうか。
人間の目には色収差があるはずである。それにも係わらず人がものを見ている時に色収差を感じないのは、脳が高度な画像処理をしているためであろうと思う(というか、そこで処理をしていない限り色収差のある画像になるはずだ)。
そして、日常的な場面では完璧な能の画像処理も、青色の準単色光という自然界にない状態では破綻して、その結果として、人が青色LEDを見るときに、目が周辺の景色にピントをあわせると、LED自体にはピントが合わなくなり、LEDは光点としてではなく、ちょっとぼけて拡がった光の輪になってしまっているのだろうと思う。実際、白色LEDと青色LEDを見比べると、白色の方ははっきりとした輪郭で観察されるのに気がつくと思う。そして、ソフトフォーカスの画像は幻想的に見えるわけである。

その様子を写真で表現するのはなかなか難しく、習作レベルのものを出すなら
c0164709_20261159.jpg

LEDを点灯しない状況でピントを合わせた
c0164709_2026218.jpg

青色に点灯、ちょっとピントが甘そうなので、あわせ直すと
c0164709_20262692.jpg

確かに少しシャープになる。平均白色光と青色準単色光は微妙にピントがずれる
c0164709_20263271.jpg

最後に、点灯をやめて写真撮影をすると、最初のものに比べて、少しピントが甘くなっている。

 
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-28 20:29 | 科学系 | Comments(0)

暗視野コンデンサー

油浸用の油はレイマー顕微鏡さんに発注した。動物病院向けのネットショップは50mlでコストパフォーマンスがもっとよいのがあったのだけれど、量が多すぎて無駄になりそうなので、もっと小さなパッケージを探してレーマーさんに行き着いた。で、油浸油だけだと送料が無料にならない。ので、発作的に乾燥系用の暗視野コンデンサーも買うことにした。
c0164709_20263619.jpg

持ってる顕微鏡にはそのままではつかないけれど、下にテープのリールを置くと、それなりに実用になる
c0164709_20272792.jpg

結構いいかもしれない。
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-27 20:27 | 顕微系 | Comments(0)

色のもと

c0164709_964536.jpg

この珪藻、暗視野照明でみると青に呈色する。珪藻の長手方向から斜入射の光をいれた場合のみ呈色するので、長手方向に垂直な周期構造が存在するはずである。でも、手持ちの対物で構造を見ることが出来ていなかった。
NA1.25の油浸の対物が手に入ったので、眺めてみた。
c0164709_964194.jpg

このピント位置だと縞は見えないけれど、
c0164709_964397.jpg

だと縞が確認できる。珪藻の立体構造がどうなっているのか分からないのだけれど、とにかく、色のもとはここで見えている縞だろうと思う。
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-27 09:11 | 顕微系 | Comments(0)

眉毛

c0164709_763099.jpg

目が白く見える犬。ちょっと不気味なのだけれど、起きてみると目は白い部分の下
c0164709_763439.jpg

眉毛だったらしい。
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-26 07:07 | 動物系 | Comments(0)

ノンカバー体物レンズ

40倍のカバーガラス厚0.17、NA0.65のPLAN対物
c0164709_22203620.jpg

で撮影したものと、40倍ノンカバー、NA0.7のPLAN対物
c0164709_22211647.jpg

で撮影したもの
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-24 22:21 | 顕微系 | Comments(0)

小春日和

そりゃ小春日和というけれど…
c0164709_21304245.jpg

スミレに咲かれると、ちょっとうろたえてしまう
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-23 21:31 | 植物系 | Comments(0)

分解能の波長依存

プラスチックのクロス回折格子を顕微鏡でのぞく
c0164709_18382922.jpg

下の画像を横幅600に縮小すると、縞が見づらいので、これは1200幅を切り出して1/2にしている。
この時、ベルトランレンズを入れると
c0164709_18382387.jpg

が見える。ここで、対物レンズの絞りを絞っていってコノスコープ像を
c0164709_1836178.jpg

にする。1次の回折の青は見えるけれど、赤は切れた状態だ。
そして、ベルトランレンズを外した画像は
c0164709_18403640.jpg

で、うっすらと格子の構造が見える。フィルム時代だったら、この先の操作は簡単ではなかったのだけれど、今なら、普通の画像ビューアーで、R、G、B画素だけの画像を見ることが出来る。のでやってみた。上からRGBである。
c0164709_1835481.jpg

c0164709_18355074.jpg

c0164709_18355376.jpg

短波長ほど分解能が高くなっているのが実感できる。
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-23 18:44 | 顕微系 | Comments(0)

なごり

街のゴミ箱が復活した。でも、まだ張り紙が
c0164709_18115725.jpg

それにしても、誰に向かってお願いしていたのだろう……………
c0164709_18105785.jpg

[PR]
by zam20f2 | 2010-11-23 18:12 | 街角系 | Comments(0)

ところてん

c0164709_21283198.jpg

駐車場の脇にところてん屋さん。自動販売機がなかったら入ったと思う。惜しい。
[PR]
by zam20f2 | 2010-11-22 21:30 | 風景系 | Comments(0)