<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

にわか地震談義(番外編)

にわか地震談義(2)にも記したけれど、貞観地震による津波の存在は学問的には既知であり、公の場でも指摘されていた(読売毎日)。東電は想定外であり可能な対策は取っていたと主張しているようだが、上層部が本気でそう思っているなら、重要な情報が上に伝えられていない訳で、組織が完全に腐っているとしか考えられない。東電に対して貞観津波の話が公式の場で、伝えられていたことは、もっと人々に認識されてよいと思う。

今回の津波を受けて、すべての原発に対して津波対策が求められ、非常用の電源などが設置されるようになるらしいけれども、それは、かなり無意味な対策であり、真に行わなければならないのは、その原発に固有の問題に対する対処がされているかだと思う。もう少し具体的には、その場所の地層調査から分かる過去の津波高さに対応できているか、そして、付近の活断層が動いた場合に予想される最大震度に耐える設計になっているかだ。
きちんと調べたわけではないので、これから先は、より不正確な話になるが、この基準で現時点で、素人が見ても問題を抱えているとしか思えないのが浜岡原発と伊方原発である。浜岡原発については、茂木清夫氏が真っ向から廃止を主張しているくらいだから、素人でなくても原発に対する利害関係のない専門家なら、懸念を表明するだろうと思う。伊方の方は、中央構造線の直近にあるにもかかわらず、耐震基準が緩いことが懸念されているようだ。もちろん、津波に対する対策もいいけれど、これらの原発はそれ以外に早急に手を打たないと「想定外」という、聞きたくない台詞を聞かされることになるだろう。
あと、忘れてならないのが文殊。ネットの一部で言われていることに1%でも真実が含まれているなら、今すぐに石棺をつくって、その上で細心の注意を払って全力で解体すべきだろう。

電力不足は問題なのだけれど……………、都市部で普通の暮らしをしていた人々を追い立てて、その跡地に莫大なエネルギーを必要とするような高層建築を立てるような再開発はこれからは行うべきではないのは確かだ。
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-30 21:39 | 科学系 | Comments(0)

本日の状況

近所の食品店にカップ麺が戻ってきた
c0164709_21111181.jpg

また、雑貨屋にロールペーパーもティッシュも戻ってきた
c0164709_2112540.jpg

とういわけで、都内の買い溜め傾向は一段落したようだ。
もっとも、水はまだ店頭に出ていないけれども。
スーパーは、マルエツに比べて西友の方が欠品が多い。あるいは、仕入れルートが東北よりなのだろうか。
とはいえ、スーパーには、あまり普段は買い物をしていないようなおじさんの姿も。かごにサトウのご飯だけを入れてうろうろしていたおじさんは、どうしたかったのだろう。また、食パンともやしを2袋ずつ入れていたおじさんは、とりあえず、購入量制限があるものをかごにいれている気がするのだけれど、あと、牛乳も2本かって、家に帰って奥さんに怒られるのだろうか…
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-27 21:10 | 街角系 | Comments(0)

にわか地震談義(2)

ここから先は、完全に素人の床屋談義未満の話になる。

 
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-27 09:38 | 科学系 | Comments(2)

プリズム1

c0164709_22243964.jpg

科学的な価値はないんだけれど、ちょっと面白いので
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-26 22:26 | 科学系 | Comments(0)

にわか地震談義(1)

3月11日に出先から自宅でない方に行ったのは、怪我人が出ていないか心配だったからだ。それなりに床や壁固定をして、棚に網を貼ったりもしているけれど、いくつかは固定出来ていないものもあり、それらが大きく動くと、怪我どころではすまない危険性があるのを認識していた。
幸い、怪我人はなかったけれど、かなり重量があるものが10cm程度動いているのが2箇所で確認された。

今回の経験から、今回以上の加速度となる地震が来た場合には、移動は10cmではすまないことが分かった。また、仙台市内にお住まいの知り合いが送ってくれた写真では、天井にかなりきちんと突っ張り棒をつけていた本棚が、完全に倒れていたことからすると、重量物以外にも、かなり物が吹っ飛ぶことが予想される。

Webを見ていると、今回の地震は貞観地震の再来であるという印象が強い。そしてともの技術メモなどには、貞観地震の9年後に相模・武蔵で大地震が起きているという記録があることが記されている。また、びんた切れの水晶の鉱物と自然の日記では、1年のスケールで、房総沖で最大マグニチュード8の余震が起きる可能性が指摘されている。このどちらかでも正しいとしたら、近い将来に、関東地方は今回以上の揺れに見舞われることになる。今回の地震に関する情報は、地震学会のサイトの一般向け情報リンク集などに上がりはじめているが、専門家には責任があるので、今後の地震についての予想などは、あまり出てこないだろうと思う。いずれ地震が来るのは自明なので、がたがた言わずに、備えをするべきというのが真っ当な考え方ではあるが、どのような可能性があるのかによって、やるべきことは異なるので、ここは、無責任な素人談義をしてみようと思い立った。

その前に、今回の地震から抽出できるような教訓を少しまとめてみたい。外に出ていて現場にはいなかったけれど、その後に話を聞いたところでは、揺れが始まってしばらく立って揺れが大きくなった時点で停電になったらしい。その時、地震の多い国の住人は、揺れがある程度大きくなり、停電になる前ぐらいの時点で重量物のあるような部屋から待避をしたり、は非常出口が開かなくならないようにドアを開けたりしていたようだ。一方、地震の少ない国から来ていた人々は、揺れがおさまってから、停電時に真っ暗になる部屋のドアを開けたら、奥の方から這って出てきたらしい。

この話を聞いて思い出したのは、1989年のロマ・プリータ地震のこと。ベイブリッジが落ちたあの地震の時に、サンノゼという町のある企業の講堂にいた。揺れと共に講演者は逃げ惑い、地震の少ない国の人々も叫び声を上げて床にうずくまったりする一方で、地震の多い国からの参加者は「結構ゆれてますねぇ」とか「まだまだ大きくなりますねぇ」やら「パニックになってますねぇ」などと椅子に座ってたまま会話をしていた。なにしろ、大企業の建物なので耐震設計はされているという頭があるのだ。もっとも、講堂の後ろの方に座っていた地震の多い国から来た人々は、天井の羽目板が落ちかけるのを見て、やばいと思っていたらしいのだけれど。揺れが続いて、さすがに避難した方がよいかなと立ち上がりかけたくらいで揺れはおさまってきたのだけれど、その後、建物の外に避難となって、芝生で寝転んでいたら、地鳴りがするのが何度か聞こえた。もっとも、こんな時によく寝転んでいられるとあきれられていたらしいけれども。

その後、ホテルに戻ったら、エレベータは不通。階段を上がって部屋によってはドアが歪んで開かない。それからテレビ放送は中断していて、ラジオはあるものの、まったく聞き取れず、町の人にサンフランシスコの様子を聞いても「火事で壊滅」などという結果的に不正確な情報しかなく、なかなかに不安な状況であった。

地震の少ない国から来た人の状況からは、それらの人に対しては、かなり懇切丁寧な対応を説明しておく必要がある。恐らくは、説明をしても、いざとなったときに体が動くかは別問題なのだけれど、まったく説明していないよりは、心構えが出来ると思う。もちろん、地震の多い国の住人に対しても、揺れが来たときの対応については説明しておく必要がある。

ハードウェア面では、重量物で未固定の物をさらに固定すること。停電時に暗くなる部屋に入るときは必ず懐中電灯を保持するようにすること。そして、自動的に点灯するライトを必要な箇所にそなえること。今回の地震では、揺れてからしばらくして停電しているが、房総沖でも南関東でも、今回よりは揺れ始めてから停電までの時間は短いはずで、暗くなってから身動きできるようにすることを考えておかなければならない。また、避難時を考えると、重量物等がある部屋に入るときにはサンダルやスリッパではなくきちんとした靴を推奨すべき。あと、日頃の整理整頓。

さて、それでは、何に向かって備えるべきかは、つぎに。
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-26 09:37 | 科学系 | Comments(0)

絶滅種:瑞西ケルン社 替穂コンパス

c0164709_20574139.jpg

[PR]
by zam20f2 | 2011-03-24 21:04 | 物系 | Comments(0)

もう一つのコミュニケーション能力

「小さなモモにできたこと、それはほかでもありません、あいての話を聞くことでした。」
ミヒャエル・エンデ 「モモ」より 世の流れとして、コミュニケーション能力と称するモノが求められるようになってきている。人前でもっともらしく話ができないと、コミュニケーション能力に問題があることになり、肩身の狭い思いをするどころか、能力以下の評価を受けることさえある。

さて、コミュニケーションだけれども、話し手だけでは成立するはずもなく、聞き手が必要である。現在のコミュニケーションを巡る話では、話し手側のスキルを要請する場合のみが目立っている。

しかしながら、コミュニケーションは相互関係である以上、話し手の能力と同じ程度は聞き手のスキルも重要な筈である。では、聞き手のスキルが低下すると、どのようなことが生じるのであろうか。

聞き手のスキル低下による問題は聞き手の立ち位置により異なる。

聞き手が学校の生徒のように、話されたことを習得しなければならないような立場である場合には、聞く能力の低下は、同じ話を聞いたときの理解度低下を引き起こす。現在の風潮では、生徒の理解度の低下は教える側のスキルの問題となるため、教える側はより理解が容易な手法を行わざるを得なくなるが、それは、多くの場合はレベルの低下を伴うことになる。また、教え方の工夫により、聞く力を訓練する必要は減少するので、レベル低下に対する正のフィードバックがかかることになる。

聞き手が組織の上司のように、話すことを理解して貰わなければいけないような相手である場合には、聞く力の低下は、組織の活力の低下をもたらす。聞く力の低い人間は、その場で深く考えなくても理解出来るような内容しか受け入れることが出来ない。このため、内容よりもプレゼン能力に長けた人間がそのような上司の下では評価され、そのような情報やアイデアに基づいて組織が動くことになる。これに類似したことは、非英語圏における組織が内部で英語を公用語にする場合にも起こりうると指摘されている。

本来、組織の上に行けば行くほど、様々な意見を深く吸い上げて、それに基づいて合理的な判断を行わなければならない筈である。しかし、組織の上の人間の理解力が低下すれば、このようなことは不可能になり、結果として組織の意志決定は、お粗末なものになっていく。

そして、組織の上層部の聞く能力の低下により組織の意志決定がお粗末になったとしても、それは明示的には認識されることはない。何故なら、理解されず採用されなかったことがらは、世の中に存在していなかったことになるから、それが存在した場合に避けられた事柄や、得られた利益については評価されることがないからである。このため、組織がクラッシュして、外から、より真っ当な知見を持った人間が乗り込んでくるまでは、問題があることが認識されることはない。

そんな訳で、過度の話し方の練習をするのって、世の中をグダな方向に動かすような気がするんだけれど、どうなんだろう。
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-23 21:27 | 文系 | Comments(0)

全反射近傍の色調

ニュートンの「光学」を持っているはずなのだけれど、見当たらないし2冊持っていてもよい本なので、買い直した。で、読み始めて分かったのだけれど、光学は持っているはずだけれども、真面目に読んではいなかった。

この本を読んでつくづく思うのは、ニュートンが実験者としても優れていることである。ニュートンというと万有引力の法則の定式化という流れから、今でいう理論家だよなという印象が強いのだけれど、考えて見れば実験屋と理論家の区別なんて19世紀以降の話で、それ以前は自然科学者だったのだと改めて思う。

で、光学を読んで一つおもしろかったのは、屈折率分散があるので、全反射は短波長側から起こるために、透過光は可視光が完全に全反射する前に赤みをおびるという話。実際にやってみると
c0164709_2140676.jpg

まだ、可視領域の全波長が抜けている
c0164709_2140375.jpg

短波長の光が全反射するようになって透過光が赤みをおびはじめてきた
c0164709_21395991.jpg

さらに赤みが強くなる
c0164709_21395743.jpg

そして、すべての波長が全反射となる。ちなみに直角プリズムを2つ組み合わせて透過光が同じ方向に行くようにするのもニュートンの工夫である。
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-22 21:41 | 科学系 | Comments(0)

今日の状況

c0164709_1747518.jpg

家の近所の食料品店には、飲料系は豊富に在庫。インスタントラーメン系は実は品切れっぽいのだけれど、それ以外は普通にある感じ。
c0164709_17475638.jpg


雑貨屋の店先からは、ティッシュとロールペーパーが消えているけれど、その奥に古典的なちり紙が積んである。もし、本気で物が足りないなら、種類を問わず物が消えるはず。どうやら、人々は、発作的にあまり考えずに、他の人々が買っているものを慌てて買い込んでいるようだ。
圧着端子が必要になったので、再び東急ハンズに行ったら、電動工具メーカーのデモがあり、そこの販売の人に少し話を聞く。工具やさん系のランタンも地震後にすごくオーダーが入って品切れになっているとのこと。でも、その人は、商品がなくなっているのは、目立つところで、秋葉原でも道一本入ったあたりでは、結構在庫があるようだと行っていた。昨日のD-BOXと秀山荘もそうだけれど、どうも、人々はどこに何があるのかを(ネットを離れては)探すのが困難になっているのかもしれない。
その後、ついでに、サインシャインの西友を覗いてみることにする。サンシャインへの地下道は、動く歩道が止まり照明も落ちている。
c0164709_1748024.jpg

でも、誰も困らない。
さて、西友ともう一件のスーパーだけれど、
・カップヌードル、パスタ系は、驚くほど在庫切れ。でも、サンシャイン内の石井はパスタは、ほぼ普通に在庫あり。
・もう一件の方では(西友未確認)とろろ昆布の棚が空っぽだった。一瞬何故か分からなかったけれど、どうやら、ヨウ素を求める人々が昆布を買いあさったのではないかと思う。でもさ、おぼろ昆布を一体どれだけ食べれば、一応必要とされるヨウ素量になるのだろう。それも、代謝があるから、毎日食べないと駄目だと思うのだけれど……………。
・ロールペーパーは品切れ。ティッシュは西友はプライベートブランドがあった。張り紙が最初は「1人1パック」だったのが「1グループ1パック」に書き改められていた。多分、子どもの分まで人数にカウントして買いだめしようとした人との闘いになったのだろうと思う。
・西友はもやしが品切れ。もう一件には在庫あり。それ以外の野菜はほぼ普通にある。
・牛乳は復活しつつある。とは言え1人2本とか制限が書いてある。でもさ、日常的に牛乳を2本より買う人々て、よほどの大家族か何かだけだと思う。それを張り紙しないといけないということは、無意味な買いだめを行っている人々がいるということだと思う。
そういえば、西友でも、そんなにパンを食べるのかというような買い方をしている人が居た。もちろん、全部食べるのならいいけれど、賞味期限切れで捨てるような事になったら、それこそ被災地の方に申し訳ないと思う。
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-20 18:07 | 街角系 | Comments(0)

状況

写真はないのだけれど、とりあえず今日のことを書き残しておく
・池袋東急ハンズ…10時台も前半でかなりの人で。普通の土曜日より多い。また、平均年齢が高く、結構夫婦連れあり。懐中電灯はほぼ売り切れ。5Fの電球売り場で、仏壇用のロウソク型ライトが売られているのが笑える。非常用飲料水は普通に売られている。

・D-BOXヤマヤ…大笑いの状況。パスタとソフトドリンクの2Lボトルがほぼ売り切れ。コカコーラすら在庫1本を残すのみ。水は当然全くない。何故か、クスクスだけは山の在庫がある。ので、購入。ついでに、レジの人に話を聞くと、水だけでなく、コーラを含む清涼飲料までほぼ売り切れになったとのこと。普通のパスタもほぼ売り切れが、今日あたりから品物が入ってきた(でも棚はがらがらだった)らしい。それにしても、茹でるのにかなりの水が必要なものを買ってどうするんだろう。

・D-BOX上州屋さん、ランタン・懐中電灯売り切れの張り紙。僅かに、ヘッドランプの在庫はあるけれど、まあ、ないに等しい。その在庫を買うかをしばらく悩むけれど、家の在庫量を考えたら、どう考えても買う必要がないので、踏みとどまる。代わりに、在庫豊富な、換え電球を買う。

・秀山荘…こちらも、在庫は少ないけれど、上州屋さんよりは在庫あり。ここまでは人はあまり来ないというか、知られていないのかもしれない。

・東武地下(ホープセンター出はなくプラザ館だった。目白よりの方)…一部の総菜屋さんが食材なしで閉店中。魚やは、「冷凍すれば持つ」などと買いだめを煽るようなことを言っている。品物は豊富。ただし、人では3時頃にしては多く、レジは信じられない行列。なので、安くてよいブロッコリーがあるも、断念する。

・東武地下(本店側)…普通どおり。こちらはレジの列もなく、でもブロッコリーはショボイのしかなかった。あと、行列のラスク屋はこの状況でも行列あり。うーん、

・家のそばの食品店…普通に営業、水も平然と売っている。

どうも、人が集中するところ程、パニック的な買いだめが起きている模様。とは言え、直後よりは落ち着いているような気がする。直後には、パン屋からパンが消え失せていたらしいけれど、現時点では普通にパンは売っている。

あと、ガソリンスタンドは、かなりの行列。昨日の朝は多分1km以上のガソリンスタンド待ち行列。
[PR]
by zam20f2 | 2011-03-19 21:22 | 街角系 | Comments(0)