<   2011年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

EOS X50の露出ムラについて

昨日の珪藻の写真、実は高速シャッターでは画像の端が目に見えて露出不足になる。
c0164709_10251860.jpg


これは1/4000のもの。画面中心でR画素の値は170程度だけれど、下で200、上で70程度になっている。
X50は常に、そして上位機種ではライブビューからの静音撮影で、一部のレンズや条件では露出ムラが発生するという注意書きがあるけれども、それが見えている。シャッター速度を遅くすると
c0164709_1025156.jpg

と1/400ではムラは目立たなくなり、実用上問題ない気分になるけれど、実はまだ違っていて、中心で150。明るいところが160、暗い部分が130程度。1/60ぐらいで、ほぼムラはなくなっている印象だ。
ムラが生じる原因は、フォーカルプレーンシャッターと撮像面の間に間隔があることで、このため、完全に垂直に光が入ってくるのでない限りは、シャッターの端より外側に影ができてしまう。X50の場合には、後ろ幕しかないから、後ろ幕が画面の中央に行くまでの間は、斜めの光はシャッターが既に蔽っている画素に横から射しこみ(従って、微妙に露出が増える)、中心から閉じるところの間では、シャッターの影となって、本来なら光が到達して欲しい画素を蔽うようになる。画面の両端で一番影響が大きくなるので、その部分で暗くなっているのは理にかなっている。というわけで、確かめてはいないけれど、暗くなるのは、シャッターが最後に閉じる部分だと思う。

ところで、顕微鏡の光学系はカメラに対して結構まっすぐに落ちているはずである。それにもかかわらず、高速で露出ムラが出るからには、普通のレンズではもっと派手に露出ムラが出ても良いはずである。なにしろ、EOSのレンズは決してテレセントリックな設計ではないはずだから。
カメラと一緒に買ったキットレンズでの撮影はしていないのだけれど、カタログ上ではこのレンズでは露出ムラは生じないことになっている。ということは、おそらくだけれど、レンズのデータをもとに、電子シャッターの移動速度を変えて露出ムラがでないようにしているのだと思う。機械シャッターの幕速を場所で変えるなんてことは、まあ、どう考えてもやっているはずがないので。そうなると、データが存在しないシフトレンズのシフト時とか、延長チューブで露出ムラが生じると記してある理由も理解できる。
それにしても、こんな安直なカメラの内部で、なんと高度な制御がなされているのかと(メーカーに確かめたわけではないので、勝手な推測であるにしても)、心底驚いている。

※電子シャッターをいじるのではなく、撮影後にどこかで露出補正をかけている可能性もある気がしてきた。こちらは、周辺光量の調整で技術があるから、より楽かもしれない。どうすれば、どこで何をやっているかを確かめられるのだろう…
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-31 10:25 | 科学系 | Comments(0)

トラップ

X50などの価格を調べていたときに、一応ネットオークションも確認した。で、出てきたのが
c0164709_814240.gif

一見すると、すごく入札が入っているので、この価格は相場より安く見える。しかも、出品者の決めた最低落札価格にも到達していないので、少し高めの価格で入札をしようと思う人も出てくるような設定になっている。
のだけれど、この価格は相場より遙かに高い。そして、入札も2つのアカウントのみで競うように行われている。おそらく、あと1円高い金額を入れると、それで入札が成立するような作りになっているだろうと思う。
これ、相場が分かっていない素人さんに対して仕掛けられたトラップとしか思えないものですね。
でも、それを立証するのは困難なんで、そのまま放置したけれど、ほんとに、悪意のあるトラップだと思う
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-31 08:07 | Comments(0)

シャッター速度による影響を見てみる(X50)

光の鉛筆の何巻だったかに、1眼レフのミラー(+フォーカルプレーン)ショックによるブレの話があり、1/30あたりで影響が最大になると記してあったように記憶している。シャッターが早ければ、ブレの影響が出にくいのは分かるけれど、遅いと大丈夫なのは、ブレが減衰してぶれていない時間が長くなるためと説明されていたと思う。
EOS X50のような先幕無しの場合でも、原理的に影響が最大になるシャッター速度はあるはずだ。頭の中では後幕が撮像面を横切るのに必要な1/200あたりかなと思っていたのだけれど、まあ、実際にやってみようというわけで試してみた。
試料は珪藻。MWSの品である。この手のことをするときには、分かっている試料が有り難い。液晶何かだと、紋様の変化がなだらかだったりして、テスト試料としてはあまり妥当ではない。で、高速シャッターから低速まで、ISO変化と、それでたりないところはNDフィルター、光源電圧変化で試してみた。ので、色味が変わっているところもあるけれど、それはご容赦を。なにしろ、シャッターブレのテストなのだから。画像は、対物40倍(NA0.85)、トランスラー2.5倍で撮影したJPEGの中心部分を等倍で切り出したもの。
c0164709_16381132.jpg

1/3200
c0164709_16392319.jpg

1/800
c0164709_163944100.jpg

1/400
c0164709_1640517.jpg

1/200
c0164709_16402472.jpg

1/160
c0164709_1640425.jpg

1/60
c0164709_1641987.jpg

1/30
c0164709_16412586.jpg

1/15
c0164709_16414180.jpg

1/8
c0164709_16415642.jpg

1/4
c0164709_16421076.jpg

1/2
c0164709_16422544.jpg


露出時間が長い方の一部が少し甘い気がするのだけれど、これは、撮影中にピントがずれている可能性と、それから、他の振動を拾った可能性がある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-30 16:43 | 顕微系 | Comments(0)

X50追加

X5とX50の比較で、X50の利点を一つ忘れていた。前にも記したけれど、フォーカルプレーンの先幕がない初めてのカメラ(らしいの)だ。これは、なかなか魅力的なポイントだ。あと、持ち歩いている時に、X5よりも更に、カメ爺に見られないのも悪くない。

比較の記事に鍵付きで、PC直結できるのは、顕微鏡撮影に素晴らしく有効とコメントを頂いた。これまではE3をPCにつないで撮影していた。ライブビューはカメラのバリアングルモニターで確認して、画像はPCに送っている。カメラからの出力をモニターに流せば、ライブビューを大きな画面で見ながら撮影できないこともないのだけれど、なかなか面倒くさく、最初は試みたもののあっという間に止めになった。それでも、撮影後に転送した画像をモニター上で確認できるので、必要ならその場で取り直しができるのは大きな利点だ

で、X50だけれど(それ以外のEOSでも同じだろうと思うけれど、PC上のコントロール画面は
c0164709_2015465.jpg

な感じ。真中のところは左の画像の拡大。
微妙に不思議なのは、シャッター切った時点で、シュルっと音がすること。いわゆるシャッター音でなく、振動もないのだけれどなんの音なのだろうか。
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-29 20:35 | Comments(0)

X5とX50の比較

しばらく前に、X50を買おうとしたら、品切れになっていたと記した。あるカメラや上がりの家電量販店では、X50は予約受付納期未定、キャンセル無料になっていたので、当面品切れだろうと予想していたら、数日後には普通に在庫がある状況になっていた。で、改めてX5とX50のどちらにするかを思案した。X5はX50と比べて優れているのは

ディテクターサイズが少し大きい
画素数が1.5倍
動画撮影の解像度が高く、外部マイク端子もある
バリアングル液晶モニター
ダストリダクションがある
RAW+Lでの連続撮影枚数が多い

点である。

一方、X50の方が良いのは
1.5万程度安い
バッテリーの撮影枚数が多い

の2点である。
ディテクターサイズが少し大きいと、顕微鏡撮影での撮影範囲がその分拡がる。ただし、これは、ほぼ無視してよいレベルだろうと思う。
画素数が1.5倍というのは、実は利点であるか欠点であるかは微妙なところである。X5が撮像素子の横幅が22.3mmで5184画素、X50が22.0mmで4272画素なので、1画素あたりの幅は4.3と5.1μmになる。ここのところ液晶観察に使っている最も高倍率の対物は40倍でNA0.55。分解能を0.3μmとすると、2.5倍のトランスファーレンズを使っているので、撮像素子面で0.3μmは30μmとなる。これと画素ピッチを比べると、まあ、4.3μmでも5.1μmでも大勢に影響ない。一方、撮像素子1コの面積は、X50の方が1.4倍なので、その分感度がよくなる可能性がある。のだけれど、DxOMarkのセンサーのスコアを見ると、X50のものはX5以下だったりする。どうも、X50には最新のセンサーは使っていないらしい。とはいえ、センサーの性能はあんまり変わらないので、これは、どちらでもよいところ。
動画撮影の解像度が高いのは、実は、かなり大きな魅力であった。というのは、年明けに、ちょっと動画で記録を残したい会合があって、そこに持ち込むことも少し考えていたのだ。けれど、カタログを子細にながめていたら、動画ファイルの最大サイズは4Gで、1分のファイル容量は330Mとあった。ということは12~3分しか連続して取れない。最低でも30分は連続して撮りたいので、この項目はどうでもよくなった。
バリアングル液晶モニターは、カメラ単体で顕微鏡撮影をする場合には、すごく便利なものである。また、屋外でのマクロ撮影などでもあると便利。だけれど、それはやるつもりがないので、どうでもよい。
ダストリダクションは屋外でレンズ交換をするなら、ほぼ必須の機能。だけれど、ほとんど顕微鏡につけっぱなしにするなら、まあ、なくても許せるかもしれない。
RAW+Lの連続撮影枚数は、X50は約1枚しかない。連続撮影しようとしても、だいたい1秒間隔になるらしい。でも、顕微鏡だと、ミラーショックの問題があるので、1秒以内に連続撮影というのは、特に高倍率だとつらいだろうから、この遅さもあんまり問題にならない。

というわけで、今回の、極めて限られた用途用なら、X50でも良いかなというのが、結論となった。もちろん、もう少し一般的な用途にも使うことを考えている人には、間違いなくX5の方を勧める。ただ、キット以外のレンズも買ってと考えているなら、より上位の機種を考えてもよいかもしれない。画素数と、画像処理エンジンは上位機種になっても基本的に同じなので、画質はあんまり変わらないだろうと思うけれど、それ以外の部分のカメラの基礎体力が違っている。より気持ちよく使えるはずだ。

今回、ニコンはまったく選択肢に入れていない。最大の理由は、確認をきちんとしていないけれど、ライブビューからの撮影で、機械的動作の後でシャッターを切るだろうと思っているからなのだけれど、それ以外に、PCから撮影を行うソフトが別売であるとか、最低機種のD3100ではPCからのコントロールはできそうにないという問題もある。現状で、顕微鏡やマクロ撮影を主にするなら、キヤノンボディーの方が使い勝手がよいように思う。
なお、ニコン、キヤノンとも、最も下のクラスでも、ACアダプターはオプションである。この点では、ACアダプターがほとんど存在していないオリンパスに比べると、遙かに真っ当である。まあ、オリンパスは、どう見ても、半素人ユーザー向けのカメラに特化しつつあるようで、PCコントロールも止めてしまっている。顕微鏡用カメラとしては、完全に論外な存在だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-28 22:26 | 顕微系 | Comments(1)

 

c0164709_21285127.jpg

c0164709_2128498.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-24 21:29 | Comments(0)

老舗だった

日帰りで鬼祭りの街へ
毎度おなじみのクリーニング屋の前をとおり
c0164709_18264337.jpg

目的地めがけて、少し早足であるく。
c0164709_18264563.jpg

帰りは、さすがに車をお願いして駅まで。
ここのところ、定番となりつつある土産は駅の売店で売っている饅頭。快速電車で10分ちょっとの街には、似たような感じで、一回り大きい饅頭があって、全国的にはそちらの方が有名なのだけれど、こちらの方が気に入っている。
帰って、ふと饅頭を入れてくれたレジ袋を見ると
c0164709_18265462.jpg

年号を調べて、思わず、のけぞってしまいましたとも。
創業年が饅頭の伝来より前の饅頭屋って、なかなかミステリアスな存在だと思いませんか?
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-23 18:30 | Comments(0)

霜柱

c0164709_22112148.jpg

今日は池に氷は張っていない。のだけれど
c0164709_22112243.jpg

霜柱あり。なんか、初氷の日には霜柱に気がつかなかったのだけれど、単にみおとしたのか、それとも、氷がはるのと霜柱ができるのでは条件が違っているのだろうか。
そんななか、ほととぎす、ほぼ最後
c0164709_22111071.jpg

サザンカはよく咲いている
c0164709_2211553.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-20 22:12 | 風景系 | Comments(0)

ライトアップしても

先週の金曜の話。愛宕山から歩いて行った先での用事が終わって外にでたら暗くなっていた。
c0164709_756157.jpg

もライトアップされて、なかなかよい風情。でも…
c0164709_756312.jpg

まだ曲がっている
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-20 07:56 | 街角系 | Comments(0)

この角も

c0164709_215058.jpg

この角、かつては菊一文字だったはずなのだけれど
c0164709_2150848.jpg


なんか、由緒だけは主張しているお菓子屋さんが入っているけれど、どうなんだろう。
それにしても1月末には東京店は店じまいしていたらしい。このあたりも随分と歩いていなかった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2011-12-19 21:51 | 街角系 | Comments(0)