<   2012年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

沼のふち

やってきたLWDコンデンサは位相差用のもので、ターレットを回すと開口絞の他、位相差用の円環状の照明も行える。円環状の照明をしたところで、対応する位相差用のレンズがなければなんの役にも立たないのだけれど、手持ちの160mm鏡筒の40倍ELWDは位相差用レンズだったりする。これまでは、レンズ内部に位相差用の黒い輪があるのを邪魔くさく感じていたのだけれど、こんなコンデンサが来てしまったので試してみた。
先ずは普通の照明
c0164709_21321239.jpg

そして、位相差コンデンサ
c0164709_21321560.jpg

位相差観察では、コンデンサの円環とレンズの円環をあわせる必要があり、そのためには、レンズ後ろ焦点面の像をみなければいけない。別の言い方をすれば、コノスコープ観察ができれる機種である必要があるのだけれど、これは、偏光顕微鏡ではほぼ自動的に満足されている。
というわけで、ベルトランレンズを入れて、適当に調整して撮影したもの。調整しながら、Optiphoto-Polのベルトランレンズは、本来は位相差の調整用のもので、偏光顕微鏡用の専用品ではないような気がしてきた。何しろ、ピント調整はできないし、目視観察はできても写真撮影はできないという欠陥商品なのである。
後継機種では検光子のブロックの上にベルトランレンズユニットが入ってピント調整も写真撮影もできるようになっているにも関わらず、3眼鏡筒に同様の使い物にならないベルトランレンズが入っているので、まず間違いないと思う。なんで、今まで気がつかなかったのだろう。

さて、位相差用コンデンサが手元にあるとなると、40倍以外でも位相差用対物があってもよい気分になってしまう。もっとも、液晶観察に位相差が武器となるかというと、微妙なところはある。確かに、液晶自体は光の吸収がなく透明な物質であるのだけれど、大きな複屈折を持っているおかげで偏光で十分なコントラストがつく。液晶をシャボン膜みたいにして複屈折がすごく小さい場合には、位相差や微分干渉が役立つ可能性はあるのだけれどそんな場面に行き会う場合はあまり多くはない。
でも、手元にはミクロワールドサービスさんの珪藻スライドもあるわけで、これまではネットオークションでスルーしていた位相差レンズにも目が向くことになりそうだ…。
いや、でも、底なし沼にははまらないと思う。多分……
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-28 21:34 | 顕微系 | Comments(0)

たらりん

ご近所さんかが、LWDコンデンサの写真を見て、光学系の調整が完璧でないと教えてくれた。おもわず、たらりんと冷や汗が出てきた。どこで分かったのかを訪ねたら、視野絞りの像の上下の色滲みとのこと。
可能性としては
ステージ系の曲がりか、コンデンサ系の曲がりか光源フィラメントの位置がずれている
ことが考えられるらしい(それ以外にアーム変形という考えたくないものもあったけれど…)
というわけで
c0164709_2111261.jpg

普通の状態からステージを押してたわめてみた
c0164709_2112918.jpg

続いて、コンデンサを押してずらしてみる
c0164709_2114568.jpg

c0164709_2123152.jpg

c0164709_2115750.jpg

今度は、ランプの調整
c0164709_2125145.jpg

c0164709_2125793.jpg

c0164709_21323.jpg

なかなか微妙なのだけれど、ランプの調整で上下で色のにじみを逆にできるっぽい。
とりあえず、一番安直な理由ということにして心を落ち着けようかと思案中。
それにしても、液晶屋さんに比べて生もの屋さんは分解能命だから、画像にシビアだなぁと改めて実感した。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-27 21:06 | 顕微系 | Comments(0)

LWDコンデンサ(自宅で出来る液晶観察:番外編)

液晶観察では試料を室温以上に保持するためにホットステージを用いる。そうなると、顕微鏡ステージから試料面までの位置が10mm程度は高くなる。一方、市販の普通のコンデンサレンズは作動距離が1mm程度しかないため、ホットステージ組み合わせだときちんとしたケラー照明ができない。
ニコンでは作動距離10mmのコンデンサを出しているけれど、この前作ったホットステージは、試料面まで13~14mmはある。また、ニコンの長作動距離コンデンサはネットオークションにめったに出てこない。現行商品なので定価で買うことはできるので、最終手段はそれだとしても、もう一声作動距離が欲しいのである。
などという話をしていたら、ご近所さんが「それなら倒立顕微鏡用のLWDコンデンサが使えますよ」と教えてくれて、また、オークションの出品情報も伝えてくれた。
という事情をへて、家にやってきたコンデンサを顕微鏡につけてみたところ。
c0164709_834285.jpg

その状態で、視野絞りを開いた画像
c0164709_834030.jpg

と視野絞りを閉めた画像
c0164709_83331.jpg

きちんと視野絞りの輪郭が出ていて、幸せな気分になりますね。
ご近所さんから教えていただいた情報は、人によっては数十万円の価値がある。それを、教えて下さった方に断りなく、Webに上げてしまったわけだけれども、こんなWebを見てその情報を生かせる人は、かなり顕微鏡についての知識を持っている人に限られるので、良いかなと考えた次第。
ちなみに数十万円という意味は、偏光顕微鏡用のホットステージに対応できる作動距離のコンデンサは、米国のホットステージメーカーが出しているのだけれど、その価格。昔、人に相談されて教えたことがあり、その人はそれを買ったようなのだけれど…。今回のことがばれませんように……………
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-27 08:25 | 科学系 | Comments(0)

転移中

c0164709_17275627.jpg

等方相からの転移中なのだけれど、下の相が何か、ちょっと悩んでいる…
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-26 17:29 | 液晶系 | Comments(0)

ぼるさん

昼食時に八百屋の前を通りかかったらビーツを売っていた。手頃な値段だったので買い込む。
c0164709_21504117.jpg

帰りがけに肉屋によったらすね肉のブロックを売っていたのでこれ幸いにと買い込んだ。他の野菜はだいたい揃っているようなので、サワークリームを買い込んで週末にはボルシチを作ろうかと思っている。ただ…作り方がいい加減なので、たいていはボルシチまではいかずにぼるさんぐらいの感じになってしまう。残りの4は中々遠い。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-24 21:56 | 物系 | Comments(0)

フォーカルコニック・コレステリック

c0164709_21455499.jpg

昨日のと同じセル。ステージを回転して画面上部を消光状態にしている。複屈折の異方性をチェックすれば、SmAと区別できる。 画面の楕円様の紋様の左側は、画面に垂直方向に走る楕円があるはずなのだけれど、ピント面がずれることもあって、まともに写っていない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-21 21:48 | 液晶系 | Comments(0)

フォーカルコニック・コレステリック

c0164709_21163927.jpg

一見、SmA相のフォーカルコニックだけれど、実体はコレステリック。右下の緑のあたりに、正体がにじみ出ている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-20 21:18 | 顕微系 | Comments(0)

プラニメータ

c0164709_20432841.jpg

 プラニメータの事を初めて知ったのは、ロゲルギストエッセイで、確か横車を押す話といったタイトルだったと思う。中学か高校のころの話だ。地図などで、ある閉領域の面積を出す道具があると知ってわくわくした記憶がある。
 プラニメータは、用途の持ち合わせもない人が買うのには高価な道具であり、あこがれているだけの道具であった。ところが、ネットークションに出ているのを先日見つけてしまい、相変わらず用途の持ち合わせはないものに、きわめて手頃な値段だったので、思わず入札してしまった。
 幸いに、競争相手は存在せず、家にやってくることになった。外箱はかなり疲れているけれど、本体は見た目からするとデッドストックに近い準新品。残念ながら説明書はなく、Web上でプラニメータの使い方を探すこととなった。
 NIIの論文データベースの化学系の解説記事にプラニメータを紹介したものがあり、そこでは、熱分析の測定データの面積(潜熱等に相当する)を求めるのにプラニメータを使う記述がある。今でこそ、ピーク面積の算定はコンピュータ任せで、一応ベースラインは引くけれども、あとは数値データが出て来る世の中になっているけれども、確かに、ほんの2~30年前までは、測定装置にはコンピュータはついておらず、面積は自分で何とかして求めなければいけないものだった。標準的な手法は、測定データをゼロックスでコピーして、求めたい面積部分を切り出して天秤で重さを量る。ゼロックスが使えるようになる以前は、本体を切ってしまうと、後でデータが全く残らなくなるので、トレースしてやっていたのかなとも思うのだけれど、どうやっていたのかは確かめたことはない。
 当時、学生実験で紙を切って面積を求めたことはあるけれども、プラニメータを使ったことはない。天秤は汎用器機だから研究室に一つぐらいあったけれど、プラニメータのように用途が限定されたものを買い込む発想はなかったのかもしれない。
 今でもデジタル化されたプラニメータは販売されているようであるけれども、この写真に示したのとは別の方式の進化版になっているように見受けられる。
 
c0164709_20433294.jpg

面積は根本の目盛りで見る。この状態で10cm角の領域を回して左の車が1回転になった。
c0164709_20433888.jpg

裏から見ると、ウオームギアで目盛板を回すようになっている。ピポット軸だけれど、精度が良くて、気持ちよくくるくる回る。
c0164709_20434092.jpg

これは、目盛板側から。右の方は腕木の軸。こちらも精度良く作られている。
c0164709_20434340.jpg

これは腕木の方から。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-19 20:52 | 物系 | Comments(0)

しおまみれ

日頃の不義理を僅かばかりでも解消すべく出かける
c0164709_10242930.jpg

連日大雪のニュースがあるけれど、山は思ったより雪深くはなかった
それにしても、東京も寒い。戻って一日経ったのに、つららが残っている
c0164709_10243492.jpg

そして、そこら中、しおまみれ。塩と言っても食塩ではなく塩化カルシウムだとおもうけど
c0164709_10243936.jpg

そういえば、山の知り合いは、直ぐにマフラーが腐って落ちるといっていた。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-19 10:28 | 風景系 | Comments(0)

コレステリック液晶

c0164709_22512785.jpg

組織写真系ではないもの。グランジャンの欠陥とフィンガープリント的なものが重なっていて、いわゆる典型的な組織写真になっていない。つい、組織写真のタグはつけてしまったけれど…
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-02-16 22:53 | 液晶系 | Comments(0)