<   2013年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Fast and Slow

c0164709_21511483.jpg

買った本に挟まっていた本屋の広告で見て買いたくなって買い込んだ本。著者は心理学者でノーベル経済学賞の受賞者。合理的人間を仮定する浮き世離れした経済学に対してリアルな人間の行動を示して影響を与えたことが評価されたらしい。
いろいろと、なるほどなの事があった。平均回帰の話がその一つ。すごく単純に言っちゃうと、平均的な実力に対して、それを下回ることをやっちゃった場合は、その次はその時より良くなるし、逆に平均より力を出してしまうと、その次はそれよりは悪くなるという話。
というわけで、例えば試合で選手が活躍しなかったときには通常は次は良くなるのだけれど、活躍しなかったからといって、たるんでいるとかいって殴ると、次が良くなったように見えるので、殴ると良くなるという刷り込みが出来てしまうという話になる。
なんか、いろいろな場面でそういう刷り込みがある気がする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-31 21:58 | Comments(0)

いわしや 鉗子 無鉤

レーザー屋さんは大抵は鉗子の様な物を持っていて、それとコダックのレンズクリーニングペーパー(今はメーカーが変わったけれど)を使って誘電体多層ミラーをふいていく。多分、使っているのは工業用のロックホルダーなのだけれど、そんなものの存在を(これを買ったときは)知らなかったので、買い込んだのがこれだ。
c0164709_21244186.jpg

先端部はもちろん、ロックホルダーとほとんど違いはない。
c0164709_21235076.jpg

のあたりまで根元に来てもかなり似ている。でも
c0164709_21234713.jpg

になると作りの違いが出てくる。鉗子は2本に分かれるようになっているが、ロックホルダーは分解出来ない作りで、そして、一方がもう一方を両側からはさむような3層の作りになっている。
まあ、どちらでも同様に使えるけれど、一般にロックホルダーの方が軽く作られているようだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-30 21:29 | 物系 | Comments(0)

特殊ネジ

c0164709_20555481.jpg

3/8インチネジを探しにいったホームセンターで見かけて買い込んだ一式。
一方が1/4インチ、もう一方がM6のオス-オス、オス-メス、メス-オス、メスーメス。
1/4とM6のオスーメスの変換ネジは、M6ポストの上にカメラ系のものをつけるときに、たまに使う事があるのだけれど、これだけパターンが揃ったのが、ホームセンターに転がっているとは思わなかった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-29 21:01 | 物系 | Comments(0)

曲線用烏口

c0164709_2121115.jpg

c0164709_212568.jpg

c0164709_212827.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-28 21:03 | 物系 | Comments(0)

結晶成長点

久しぶりにいけに氷が張っている。見てみると浮いているホテイアオイだったものから氷が成長しているっぽい
c0164709_16592249.jpg

空気中だと塵が核になって氷の結晶が成長をはじめるというけれど、水面でも何らかの核があった方がよいらしい。
こちらでは
c0164709_16591319.jpg

水面に達した植物の茎が出発点になっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-27 17:05 | 科学系 | Comments(0)

青ケント烏口

c0164709_12385254.jpg

内田洋行英式烏口の青ケント
c0164709_1238559.jpg

撮影はMacro-Symmar HM 80mm
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-27 12:40 | 物系 | Comments(0)

げんちゃん

c0164709_19174825.jpg

だいぶ前にハンズメッセで入手した物。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-26 19:18 | 物系 | Comments(0)

cholesteric droplet

c0164709_21351554.jpg

真中のは複数のドロップレットが合体して出来ている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-24 21:36 | 液晶系 | Comments(0)

cholesteric droplet

c0164709_21484761.jpg

久々のコレステリックドロップレット。界面での配向はなかなか謎だろうと思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-23 21:51 | 液晶系 | Comments(0)

干渉対物:スライドガラスのかけ

c0164709_2038289.jpg

スライドガラスを少し傾けておくと縞構造が結構すぐに見つけられてピント合わせが楽なのだけれど、平においてしまうと、かなり注意深くピント調整をしないと縞構造が見えない。真中上に見えているのは、ガラスのかけだと思う。ピントをずらすと
c0164709_2038022.jpg

とかけた部分の中に縞構造が出現する。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-01-22 20:40 | 顕微系 | Comments(0)