<   2013年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

螢光中

MWSさんの螢光体プレパラートを入手した。
c0164709_2146103.jpg

は、UV励起。同じ場所で励起光を青色に変えると
c0164709_2146112.jpg

と赤く光る。手持ちのスプリッタでは両方の光で同時に励起できないので、画面上であわせてみた。
c0164709_21461435.jpg


それにしても、画像にすると、見ているときのわくわく感が出てこない。特に赤く光っているのは、見ていて飽きないぐらい美しい。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-28 21:50 | 物系 | Comments(0)

ついで

自動車の理科研究を出したのでついでに
c0164709_2105982.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-27 21:01 | 物系 | Comments(0)

自動車の理科研究(続):少国民理科の研究叢書(7)

c0164709_2045223.jpg

なかなか格好いい自動車絵も楽しい自動車の理科研究。自動車の種類の話から始まって、自動車の機構やら、さらには燃料の話など、盛りだくさんである。
最初の方は、聞きたがり屋の少年がでてくるけれども、後の方はだんだんと出番は少なくなっていく。この本は、まだハードカバー時代の物で、箱の絵の他に、
c0164709_20452458.jpg

と、本にもすてきな絵がある。ただ、本の中には
c0164709_204526100.jpg

といった写真はあるものの、カラーの図はなく、単に発行時期だけでなく、必要に応じてカラー図版が使われていたようだ。
自動車の理科研究であるのだけれど、戦時下であることを反映して、木炭自動車なんかもでてくるし、そして、箱裏の
c0164709_2045196.jpg

も含めて、タンクの話にも頁をさいている。
当時の子どもはそんなのを見てワクワクしたのだろうと思いながら、今の我々がわくわくしている事って、半世紀後にはどう見えるのだろうかんなどと思ったりする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-26 21:02 | 科学系 | Comments(0)

ばったもん?

ドアも緑の電車がやってきた。
これに乗ると中央線が止まるという縁起の悪い電車らしいのだけれど、でもドアの横に妙なマークがある
c0164709_21515659.jpg

取り敢えず、乗ってみたけれど、中央線は止まった様子がないので、ばったもんかもしれない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-25 21:56 | 街角系 | Comments(0)

きざし

まだまだ寒いのだけれど、ふと見ると
c0164709_101487.jpg

まだ
c0164709_101819.jpg

なのもあるけれど
c0164709_101530.jpg

を見ると春も遠くないという気になる。(って、立春はすぎているわけだけれど)
c0164709_1011385.jpg

も花の準備を着々としている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-24 10:02 | 植物系 | Comments(0)

修行中

c0164709_12534338.jpg

コンパス類をはじめとして手元にある小物類をポチポチ撮影しているのだけれども、光り物は特に難しい。たまたまプロの方にお会いしたときに、図々しくも見て頂いたら、上の刃のところがもう少し明るい方がよいよねとのこと。頑張れば出来るかなと思いつつ、セットがバラック状態で、再現性がないので、一度巧くいっても、その後の保証はない。まあ、玄人と素人の違いはカメラ機材ではなく照明機材にあるので、そう簡単ではないのは分かっているけれども、もう少しリジットなシステムを組みたいなぁと思案中。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-23 12:58 | 物系 | Comments(0)

ロマネスコ

c0164709_20523922.jpg

c0164709_20523546.jpg

ロマネスコの続き。照明を少し換えたものと構図を少し換えたもの
c0164709_20523389.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-21 20:54 | 物系 | Comments(0)

祝! 復活

駅前の洋食屋さんの牡蠣フライは広田湾のものだった。でも、東日本大震災の後は入荷が途絶えてしまい、昨シーズンはずっと西の方の牡蠣を使っていた。今シーズンも、この前食べたときは西の方の牡蠣だったのだけれど、
c0164709_2103619.jpg

と、広田湾の牡蠣が復活した。もっとも、毎日ではないみたいなので、まだまだ生産が軌道には乗っていないらしいのだけれど、広田湾の他にも、だいぶ前に取り上げた「うらと海の子」さんも、この前牡蠣を送ってきてくれたので、東北の漁業もだんだんと復活してきたのかなという気がする。
ただ、そうなると、逆に福島の漁業の苦しさが気になるところで…自然災害よりも、人の作り出した災いの方が、はるかに大きな影響を残しているわけだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-20 21:07 | 街角系 | Comments(0)

ロマネスコ:久しぶりに

鮮度の良さそうなロマネスクを売っていたので思わず買ってきてしまった。
c0164709_2262737.jpg

小振りなんだけれど、相変わらずフラクタルだ。
見た目は好きなんだけれど、アジは今ひとつ好きじゃないのが難点だ。もちろん、ちゃんと食べますけれど。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-19 22:08 | 物系 | Comments(2)

長野県の地震入門:にわか地震談義番外

c0164709_21812100.jpg

祭の準備を横目に本屋に入ったら、目に飛び込んできた本があったので、思わず買い込んでしまった。著者は元信大の先生で現職はお坊さん。普通の人向けの本なので、マグニチュードと震度の違いなどの話から始まっているけれども、長野県内の断層については、詳細な情報が載っている。中には、地震で出来た断層を石垣にした場所なども出てきて、おもわず次の地震でどうなるんだなどと思ったけれど、1800年代の地震ということは、あと1000年弱は大丈夫だろうから、まあいいのかと思ったりもする。
とは言え、本の中には地震で空中に跳びはねて移動したと思われている巨岩の写真もある。阪神淡路の時も、気がついたらベッドごと天井にたたきつけられたなどという話を聞いた事があるわけで、地表に断層が出現するクラスの地震で断層の真上にいると、重力加速度以上の加速度に見舞われることがあるということで、そういう意味では、やはり次ぎも動く可能性のある断層の横というのは、あんまり居住地として適している気はしない…
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-02-18 21:21 | 科学系 | Comments(0)