<   2013年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

3D 液晶表示パネル

N社のポータブルの3Dゲーム機は、特殊なメガネをかけなくても立体的に画像が見られるようになっている。3D効果の程度は調整でき、3Dでなく普通の2Dの表示素子としても使う事ができる。どうやっているのかなと思って10倍のルーペで覗いてみたら、2組の画素があって、角度により一方が見えるような作りになっているようだ。で、顕微鏡で写真を撮ってみることにした。
c0164709_18281047.jpg

これは、液晶画素にピントがあう位置からおよそ0.6mm手前にピントを合わせた状態。ここから0.2mmずつピントをずらしていくと
c0164709_18281328.jpg

c0164709_18281658.jpg

c0164709_18281983.jpg

となる。
一応、ピントを合わせ直して
c0164709_18282799.jpg

それから、対物レンズの直前に黒い紙を入れて、対物レンズを半分だけ隠すようにした。
c0164709_18283028.jpg

逆の半分を隠すと
c0164709_18283344.jpg

となる。液晶画素より手前にあるストライプ状のマスクのために、角度をつけてみると、2組の画素のうちの一方しか見えないようになっている。
対物はNA0.13の4倍を使っている。画面自体が発光体なので、普通の低倍率の顕微鏡でこんな遊びができると思う。科学教室の題材としては悪くないかもしれない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-27 18:33 | 顕微系 | Comments(0)

松下電工 街灯用電球

電球つながりということでパナソニックの街灯用電球
c0164709_7503886.jpg

普通のホームセンターで買った物なのだけれど、普通はどんな人が買うのだろうか…
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-24 07:51 | 物系 | Comments(0)

松下電工 耐震電球

昨日は東芝の耐震電球だったけれど、そういえば、しばらく前に買い込んだ松下電工の耐震電球があった。
c0164709_21374694.jpg

いや、今だとパナソニック電工と言わなければならないのだけれども、でも電球にパナソニックはあわない気がする。
東芝のと比べて、フィラメントの張り方が変わっている。いろんな研究がされていたのだろうなぁと思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-22 21:39 | 物系 | Comments(0)

東芝 耐震電球

出先のスーパーで半額で投げ売りをされていたので思わず保護してしまった。
c0164709_1955584.jpg

普通の電球とは違ってフィラメントがコイルになっていない。まあ、普通の電球より衝撃には強いのだろうけれども、多分、LEDの方が耐衝撃性はいいのではないかと思う。そういう意味では、消えゆく商品なのだろうけれども、このような電球を作るのには、タングステンの接合なんかの工作や、電線をガラスを通すなど、いろんな芸が使われている。他の場所でも使われる技術は残るだろうけれども、白熱電球にしか使われない技術は、失われていくだろうと思う。
昔の品物で、現在では作る方法が分からないものもあるわけだけれども、油断すると電球がらみも100年後にはそんな技術になっているのかもしれない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-21 20:04 | 物系 | Comments(0)

密集中

c0164709_891416.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-19 08:09 | 動物系 | Comments(0)

Asahiflex フィルムマガジン

c0164709_21252478.jpg

Asahiflexの銘の入ったフィルムマガジン。長尺のフィルムを巻き込んで使う物。パトローネと互換性がある。多分、適合するカメラに入れてカメラの裏蓋を閉めると、マガジンが連動してフィルムの口の部分が少し開くようになっていると思う。そのあたりに転がっていたのだけれど、なんで転がっていたのかは不明。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-17 21:28 | 物系 | Comments(0)

Plus SC-165EX

c0164709_21171054.jpg

プラスのハサミ。現行商品ではない。適当な記憶だと、プラスさんが一頃、ちょっと格好いい文房具のシリーズを作ろうとしていたことがあって、その一品だったと思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-15 21:22 | Comments(0)

くすりミュージアム

ふらふらと歩いていたら
c0164709_1227556.jpg

に行き当たって、時間もあったので入ってみた。
ICチップの入ったディスクを渡されて、それを持ってはいると、中にはインタラクティブな展示類が結構あり、それなりに薬についての知識が身についてしまう。
展示に時間がかかるので、混んでると結構大変かもしれないけれど、空いてたら、結構面白いと思う。インタラクティブな展示は、その辺りの科学博物館でも見ないようなもので、きっちりしているし、お金もかかっている。しかも、入館無料だ。
中は撮影×なので、写真はないのだけれど、近所にいく機会があったら覗いてみてよいように思う。
※中に、顆粒をたかりで重さを量って体験するデモがあって、そこのスパチュラが平らな尻尾のない見たことのないものだったので、思わず手にとってしげしげ眺めたら、普通のスパチュラを真中で切って、切り口を削って丸めたものだった。尻尾でケガするのを避ける工夫かなとおもう。
※最初にアンケートがあって、その中に「不治の病を治す薬が出来るとおもうか」というのがあった。不治と思われた病を治す薬はできる可能性はあるが、定義からして不治の病は治らないので、そんな薬が出来るはずはないのだけれど、半分ぐらいの人が出来ると答えているらしい。ちゃんと文章をよんで論理的に判断して欲しい物だ…
※ミュージアムの入り口のとなりは地下のレストランの入り口。夜は、入れば福沢さんでは足りなそうな金額設定。薬屋さんって金持ちなのかなぁと思ってしまった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-14 12:44 | 科学系 | Comments(0)

さぎっぽい

世間では「オレオレ詐欺」に注意するように呼びかけがなされているけれども、奨学金が返せないで困っているひとが増えているなんて話を聞くと
c0164709_22424041.jpg

これも新手の詐欺だよなぁなどと思ってしまう。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-13 22:44 | 街角系 | Comments(0)

成長中

桜の花びらもちって、元気にオタマジャクシが泳いでいる
c0164709_7264482.jpg

カエルの数の割には、オタマジャクシの数が少ない気がするのだけれど、どこかにかたまっているのだろうか?
ここのところの気温の低さのためか、水の透明度が高いように思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-04-12 07:28 | 動物系 | Comments(0)