<   2013年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

20世紀における網点写真の作り方について

コンピュータ上の写真がそのままプリンターから出てくる世の中では、アマチュアレベルでも、印刷物に写真を入れるのに特段の苦労はないのだけれども、20世紀には素人さんの印刷物に写真を載せるのは白黒でも手間のかかる作業だった。印刷物の写真は、ドットパターンなので、普通の写真をドットパターンの写真に変換して印刷所に渡さないと、まともな写真として仕上がってこなかったのである。印刷所に変換を頼む場合には、コストがかかる作業なので、異なるページで使う写真をまとめて処理して、出来上がったものを切り分けて使っていた。 プロがどうやってドットパターンの写真を作っていたかというと、コンタクトスクリーンとリスフィルムの組みあわせが中心だったようだ。コンタクトスクリーンは2次元的に三角関数の濃淡があるスクリーンで、これをリスフィルムに密着させ、上から普通のフィルムで露光する。リスフィルムは白と黒しか出ないようなコントラストの強いフィルムでもとの光強度が強いところはコンタクトスクリーン通過後も感光する閾値以上の面積が大きく、大きなドットになる。逆に光の弱い部分はコンタクトスクリーンの透明な部分程度しか閾値をこえられずに小さなドットとなる。こうして、濃淡をドットの面積に変換した。コンタクトスクリーンは、そこいらで売っているものでなく、また、リスフィルムも素人さんの扱うものでなく、アマチュアがドットに変換するのはほぼ不可能なことだった。 先日、ネットオークションでたまたま見かけてついでがあったのと手頃な値段だったので、発作的に落札してしまったのが、このガラス板。
c0164709_20522307.jpg
印刷用のスクリーン板なのは見えたので、コンタクトスクリーンだったら良いなぁと思っていたのだけれど、来たのをみると、2枚のガラスの間にしっかりした線が入っているスクリーンだった。
c0164709_20522623.jpg
調べてみると、「写真製版用彫刻交線スクリーン」というもので、用途は同じなのだけれどガラス板分だけ下のフィルムから浮いているので、ピントのずれにより三角関数的な濃度変化を作り出すようなものであるらしい。というわけで、顕微鏡で拡大してみると
c0164709_20522815.jpg
と、三角関数のかけらも見られないはっきりした番組が見える。 そういえば、大昔に高校の文化祭のパンフレットに写真を入れたくて、最硬調の印画紙に、ガラス板の上においた編み目のスクリーントーンを通して引き伸しをした話を聞いた事があるのだけれど、実は彫刻交線スクリーンの原理だったわけだ。 というわけで、やってきた交線スクリーン、なるほどなぁと思いながら、考えていた使用目的からずれてしまって使うあてなくしまい込まれることになりそうだ。コンタクトスクリーンが入手できたら、実は、レーザーを入れて回折スポットを見てみようと思っていたのだ。本当に三角関数的な編み目になっていたら、1次の回折だけで、2次以上の回折は生じないはずなので、それを確かめたかったのだ。この交線スクリーンでは、あたりまえだけれど、2次以上の回折も生じてしまう。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-25 20:54 | 物系 | Comments(0)

科博 のこり

このままだと9月に撮影した科博の写真を12月まで引っ張りそうなので、残りを(と言ってもあと僅かだけれど)をアップすることにした
c0164709_21292152.jpg
c0164709_21292396.jpg
こんな、非日常的な技術のマイルストーンから
c0164709_21294225.jpg
のような日常的な技術のマイルストーンもあり、そしてさらに、
c0164709_21293609.jpg
のように、物理系科学教材もおいてあり、
c0164709_21292701.jpg
のような生物系のものももちろん、そして
c0164709_21293162.jpg
地学系も揃っている。まさに、極東の島国で一番の科学技術系博物館なのだけれど、これだけの内容に対しては、新館ができて、ずいぶん大きくなった今でも、大きさが全然足りていないというのが、個人的印象だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-23 21:34 | 科学系 | Comments(0)

適正人口

科博の展示物の一つ。各時代毎の極東の島の人口を記してある。
c0164709_21381759.jpg
これを見ると、中世の人口は約1000万、江戸時代で3000万、明治の後半で5000万弱。 極東の島国では人口の減少が懸念されているわけだけれども、無理矢理に人を養うのではなく、この国の面積に応じた、そして、自給自足で後生に負担をかけない範囲での適正人口って、実は今の半分以下程度なのかなとふと思ってしまった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-19 21:42 | Comments(0)

さざんかさいた

c0164709_12405360.jpg

さざんか、さいた
c0164709_1241723.jpg

ほお、まだみどり
c0164709_12412916.jpg

つつじ、さすがにしおれる
c0164709_12415592.jpg

はぜのたぐい、あかくなる
c0164709_12422896.jpg

ひいらぎ、あかいみ
c0164709_12425411.jpg

ほととぎす、さかりをすぎ
c0164709_12431383.jpg

みず、すんできた
c0164709_12434815.jpg

おちゃ、ひっそり
c0164709_12443422.jpg

のらがき、のこりのはすこし
かいしゅうされた、みは
c0164709_1245159.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-17 12:46 | Comments(0)

二の酉

c0164709_22213858.jpg

今年は三の酉まである二の酉。毎度おなじみの
c0164709_22214014.jpg

演芸の、さらにおなじみの沖縄音楽
c0164709_22214366.jpg

これを聞くと、師走もすぐだなぁという気分になる
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-15 22:23 | Comments(0)

七色板

科博で見かけたもの
c0164709_22141567.jpg

大昔の理科教材だろうと思うのだけれど、これを何に使っていたのかなぁと思う。
で、見た目白が混ざっているけれど、
赤橙黄緑青藍紫
からすると、白くなってしまっているのは青。どんな色素を使っていたのか、この教材の使い方と併せてきになるところだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-14 22:16 | 科学系 | Comments(0)

空気の屈折率変化の影響:少し前の飲み会メモ

N社の半導体縮小露光機は納入時に納入場所の標高に併せてレンズ系の微調整をするらしい。
また、昔の機種には気圧計がついていて、その数値はきわめて正確だったとのこと。なんで気圧計がついているかというと、気圧によって、空気の屈折率が変動するためで、台風が来たときなどはピントがずれて、調整をかけないといけなかったそうだ。現在の機種はオートフォーカスがついていて、気圧の変動を気にしなくて良いとのこと。

空気の屈折率は普通は1として扱うけれども、正確には1気圧で
1.000292
程度で、小数点以下4桁目以降な0でない。一方、光学硝子の屈折率データを調べると
1.59161
と小数点以下5桁まではあがっている。5桁目までがきちんと上がっているということは、レンズの設計ではこの値まで必要になるということだ。特に縮小露光機のような精密な業務用の物では、その桁まで必要な設計になっているのだろうと思う。
さて、台風だけれども、気圧は950ヘクトパスカルぐらいまで下がるとすると、気圧変動が5%程度になる。空気の屈折率はローレンツモデルを考えれば、単位体積中の粒子数に比例するはずだから、気圧変動がそのまま屈折率から1を引いた部分の変動になるはずである。すると、変動は
1.4E-5程度。つまり小数5桁目が1程度変化することになる。そう考えると、確かに、気圧変動でピントがずれてもOKかなと思う。
それにしても、カメラでも、顕微鏡でも「今日は台風だから写り(見え)が悪いなぁ」なんてことはなさそうなわけで、縮小露光機って、すごく精密だなぁとつくづく思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-12 20:49 | 科学系 | Comments(0)

安眠妨害

先週の写真になってしまうけれど、
c0164709_15315140.jpg

ホトトギスは満開だし、お茶の花も咲いている
c0164709_15322257.jpg

そして、サザンカも
c0164709_153235100.jpg

この人は
c0164709_15324813.jpg

相変わらずだけれど、一気に秋が深まった感じ。頼まれてプランターをひっくり返したら、安眠妨害をしてしまった。
c0164709_1533425.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-10 15:33 | 植物系 | Comments(0)

フーコー

c0164709_22172647.jpg

これは大昔からの展示
c0164709_22172436.jpg

昔は、ピンが立ててあって、時間と共にだんだんと倒れていったのだけれど、今は電気仕掛けになっている。
リアリティーから言うと、ピンが倒れる方がよいような気もする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-09 22:19 | 科学系 | Comments(0)

押し葉標本作製用具

本館では、アザミがらみの展示をやっていたようなのだけれど、展示そのものより
c0164709_21103682.jpg

に目が行ってしまった。全体像は
c0164709_21103376.jpg

で、パワー調整器がついている。微妙に欲しくなる一品だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-11-06 21:13 | 科学系 | Comments(0)