<   2014年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

適温

c0164709_18454239.jpg
写真現像にはよい気候なんだけれど、フィルムの数が揃わないのを良いことに先送り中。 でも、不適な気温になる前にはどうにかしたいところだ。OSの入れ替えをしたので、フィルムスキャナーのソフトも入れ直したことだし。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-29 18:47 | 物系 | Comments(0)

あくび

c0164709_22272255.jpg
フィルムのころから同じようなもしか撮ってないなぁとしみじみ感じた
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-28 22:28 | フィルム | Comments(0)

地震調査委員会の相模トラフ地震長期予想改訂について:にわか地震談義

 25日に地震調査委員会が相模トラフでのM8級地震の確率を30年以内0.8%から5%に改めた発表を行い、26日の新聞にそれが取り上げられていた。
 これまでの経験によると、地震調査委員会が高い確率を付けた地域では地震は起こらず、低い確率のところで選択的に地震が起きるので、関東地方での発生確率が高く修正されたことは、関東地方の住人にとっては、大変に目出度いことであろうと思う。
 とはいえ、どのような理由に基づいて確率を変更したのかを知りたかったので、調査委員会のWebから発表資料をダウンロードしてざっくりと眺めてみた。

 読んで見てわかったことは、「新たな長期評価手法については検討途上である」ことで、発表はするけれども、従来の発表に比べて今回の価の方が信頼性が高いという科学的根拠は定まっていないにも係わらず発表したことになる。上記の文に続いて関東大震災のような地震では首都圏に大きな影響があるので、新しい(でも科学的根拠が正しいか定まっていない)評価を公表するとしている。ただ、いわゆる直下型の地震確率には変更無く、相模トラフの地震の30年確率が0.8%から5%に上昇することによって、首都圏の震災対策が変更する必要が生じるかというと、現実問題として変更の必要はないと思う。確率が0.8%から80%に変わったなら大幅な施策変更が必要かも知れないが、5%に上がっても地震対策を進める強い駆動力とはならないだろう。つまり、報告書自体が不必要な物なのだけれど、それはおいといて科学的な内容を見る事にしよう。

 東日本大震災では、それまでは予測に使われていなかった津波痕跡が大きな意味を持つことが明らかになった。そのように今までの知見で無視されていたことから新たな知見が得られた場合には、長期評価の改訂に意味は存在するとは思う。では、どのような知見に基づき予想値が変わったのであろうか。
 相模トラフの地震については、これまで関東大震災タイプの震源域が神奈川あたりから房総沖までのものと、元禄タイプの震源域が房総沖を越えて太平洋まで拡がる2つのタイプがあるとされてきた。前者の繰り返し周期が400年程度、後者は2500年程度とされていた。関東大震災が大凡90年前なので、400年周期であることから、直近の30年の確率が0.8%とされていた。
 それに対して、報告書によは
1)必ずしも2つのタイプには分けられない可能性がある。
2)加茂川~茂原の海岸段丘の高さはこれまで知られている大正・元禄震災の周期だけでは説明出来ない
3)国府津断層はこの地震と同じタイミングで起きることがあるかも知れない。
の3点からM8クラスを大正型と元禄型に分けることは困難として予測を改めたとしている。
 1)と2)を併せると、これまでの400年、2500年周期ではない新たな地震がある可能性があるという主張に読み取れる。ただ、不思議なのは、ここ1000年の文書記録がある期間で、この第3の地震が生じてはいないので、生じるとしても周期は1000年以上になるので、それを周期予想に入れるのは非常に難しい印象がある。3)の国府津断層が入ってくるのは不思議なところで、この断層の活動周期は大正型関東地震の周期よりは遙かに長いもので、この手の長期予想に入れるのは上の第3のタイプと同じで、不確定要素が大きすぎる話である。
 さて、これらの新(?)情報と、歴史記録のある大正(1929)、元禄(1703)、永仁(1293)関東地震の間隔が、220、410年であること。地形データからは約3000年に9回のM8クラスの地震があるので平均間隔は約390年であるけれども、地質データなどから発生間隔のばらつきを調べると180~590年であるので、この値を使って計算すると、今回の値になるとしている。一方で、房総沖まで震源が延びる元禄タイプの発生確率はほぼ0%。ただし、房総沖のみ断層が滑る(神奈川側は起きない)は地質データとしては存在しないが、可能性は否定しないとしている。
 というのが報告書の概要である。不思議なのはこの考察に上に記した第3タイプや大正型と元禄型だけでは説明できない動きがあること、そして、国府津断層の影響が反映されていないことである。また、大正タイプと元禄タイプの2タイプ以外があることが想定されるから予測値を改めるというストーリーだった筈なのに、予測値を出したのは大正タイプと元禄タイプの2つでしかない。
 読んでいて頭に浮かんだのは羊頭狗肉という言葉で、こんな物を今になって(しかも途上のものを)出してくる意味合いは科学的にも、そして上に記したように防災上も全く存在しない。確率を高くして、役にも立たない地震研究に金を出させようという以外に目的が見当たらない報告書だ。地震学者は2011を想像すら出来なかったことを反省するどころか、反省するふりをして、それで焼け太りしか考えていない集団であることがこの報告書は示している。そして、こんな報告書を批判無く垂れ流すだけに新聞の科学部もほんとに役立たずだと思う。
 前にも書いたけれども大正関東地震の周期は元禄タイプの後は短く、その後はだんだんと長くなっていくと個人的には考えている。断層破断面終端の歪みを考えると、断層の動きにオーバーシュートがあるので、元禄タイプが起きた後は外側部分との境界の歪みが大きくなりやすく、早めに断層が動くことが想像できるからだ。それ故に、次の大正関東タイプは少なくとも200年以上の周期でしか発生しないと予想している。素人の戯言であるけれども、下駄を投げて天気予報をするような内容の調査委員会報告よりは信頼性は高いと思う。
 調査会報告ではM7の内陸地震の発生確率は30年以内に70%としているけれども阪神淡路大震災から分かるように内陸の直下型M7クラスは被害がかなり局所的なので、発生場所が特定されない限りは意味が無い。こんな無意味な予想値を発表するくらいなら、東京直下型の予想はまったく不可能と正直に言うべきだろうと思う。
 でも、最初に記したように、調査会が高い確率を付けたところは地震が起きなくなるので、実は調査会は首都圏の地震を防ぐために確率を上げた報告書を出したのかも知れない。そういう意味なら、調査会は無駄に税金を使っているのではなく立派な仕事をいていると言えるだろう。



[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-27 16:29 | 文系 | Comments(0)

回り道

普通のメダカが欲しくなった。最寄りのターミナル駅にあるデパートの屋上に行けば何か売っているのは知っているのだけれど、それよりは街の普通の金魚屋さんでと思った。昔は、家のそばにも街のペットショップがあったのだけれど、ほとんど閉店状態。露伴さん家を下ったところあたりにあった金魚屋さんもだいぶ前にマンションになっていて購入不能。それ以外には
c0164709_09032917.jpg
の人がいる公園に行く途中の街道にあった金魚屋さんも閉店して久しい。とはいえ、ネットで調べてみたら、この公園から遠くないところに金魚屋さんがあるみたいなので、とりあえず、歩いて公園に行き
c0164709_09032572.jpg
なんて妙なものを渡って金魚屋さんの住所に行ってみたのだけれど、影も形も見当たらない。第2候補として考えていたのはターミナル駅から構外に向かう鉄道の駅を越えた反対側にあったので、ふらふらとそちらに歩いて行った。気がつくと
c0164709_09032149.jpg
な美術館があったので吸い込まれて、2件目の店は住所が違っていたけれど行き当たって覗いたけれど、普通のメダカのような安い物はおいていなかったので、あきらめてターミナル駅まで歩いて屋上でメダカを入手した。 まっすぐ歩くのに比べて6倍ぐらい歩いた気がする……
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-27 09:17 | 風景系 | Comments(0)

キドカラー

ヤマダデンキでは今でもブラウン管テレビを売っているようだ。
c0164709_19365542.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-26 19:37 | 街角系 | Comments(0)

シーズン

これはずいぶんと前の写真なのだけれど
c0164709_21511920.jpg
c0164709_21512463.jpg
の作業は雪が消えて農作業が始まるまでの間がシーズンらしい。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-25 21:52 | フィルム | Comments(0)

準備中

c0164709_21504918.jpg
枝垂れ桜の花が散ったのは準備中のあじさいの上。 こっちのツツジは
c0164709_21505899.jpg
満開だけれど、少し前につぼみが一つしか見えなかったツツジは
c0164709_21510287.jpg
未だ花一輪。でも、咲かないんじゃないかというのは杞憂で、花の手前にも
c0164709_21510550.jpg
にもつぼみが見えてきた。
c0164709_21510994.jpg
朴、葉っぱを拡げつつ
c0164709_21511342.jpg
シロツメクサは全力で茂っている
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-23 21:53 | 植物系 | Comments(0)

偏光フィルムと偏光プリズム

第二次世界大戦前と戦後の偏光顕微鏡のアナライザー部分
c0164709_20525549.jpg
右側が戦前のものでプリズムを使っているので遙かに厚いものになっている。
 上から見ると
c0164709_20531098.jpg
と偏光プリズムの方は四角いプリズムが見えており、光路の全面が有効ではないことが分かる。
 散乱のない良質のプリズムなら偏光フィルムより消光比は良いのだけれど、大きなサイズは非常に高価だし、取扱に注意が必要な光学部品だ。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-22 20:57 | 顕微系 | Comments(0)

つめあと

c0164709_21281795.jpg
大昔のフィルムをスキャンしたものから。 世界遺産になる前の白神
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-21 21:34 | フィルム | Comments(0)

絵描きと写真屋の視点

 絵描きさんの見る物と写真屋さんの見る物は違うこともあるのではないかという気がしている。 そんなことを思うようになったのは、絵は上手だけれど、写真が巧くない人の存在を知ったためだ。その逆に絵と写真を比べると、写真の方がましというか、絵が壊滅状態となる人もいる。もちろん、世の中には絵を描かせても写真を撮らせても巧い人はいると思うのだけれど、そうじゃない人がいるということは、2つの回路に違う部分があることを示唆している。
 どのように回路が違うのかについては、根拠のない推測として映像記憶(認識)と意味記憶(認識)のどちらが強いかであるような気がしている。そう考える0%に近い根拠は、装置の部分図を巧くスケッチするにも係わらず、その部分のある部品の機能を認識していなかった人がいるからで、反対に私がスケッチをすると、部品の機能は分かっても、全体としては実物と似ても似つかないプロポーションに仕上がることがほとんどだ。一方、部品の写真を撮れば、機能が分かるように写真を撮影する自信はある。残念ながら、機能認識なくスケッチした人がどのような写真を撮影するかは確認出来ていないのだけれど、基本的にはスケッチと同じフレームになって、機能が分かりにくくなるような気がする。
 根拠のない推測として映像と意味という事を上げたけれども、経験的には絵が描けて写真が下手な人でも、他の人の取った写真についてはフレーミングの善し悪しを判断できる。このことは、ある瞬間に撮影するフレームを決めるのが困難でも切られたフレームをしげしげと眺めれば善し悪しが判断出来ることを意味している。この点からは、絵描きさんの目と写真屋さんの目は物を見る時間スケールの違いという事になる。
 例外的な話になるけれども、山下清さんは、旅先で見た風景を施設に戻ってから貼り絵にしたわけで、その風景が頭の中に焼き付いていた事になる。一方で、自分自身のことを考えると、風景を頭の中に焼き付けることは、まったく不可能だ。話を少しばかり絵描きさんの方に戻すと、ピカソは瞬きせずに対象を見ていたという話を聞いた事がある。外界を凝視ししているのだ。山下清さんやピカソが物を見るのにどのくらいの時間を要したのかは知らないのだけれども、それ以外の絵描きさんの話などを見ても、ある程度の時間をかけて凝視することが絵描きさんに割と共通の行動原理の気がする。
 一方、物事の意味を見る視点からは、意味に直接関係のないデテールは雑事であり、必要な領域の情報さえ得られれば、それ以外の部分を見る必要は無い。従って、中心対象物以外については、おおざっぱな印象の元にフレーミングを決めているのが写真屋さん的なものの見方である気がする。 ここまでは、写真屋さんを一括りに扱ってきたけれども、写真屋さんと言ってもスナップ系や風景系などによって物の見方が違っているような気もする。例えば、三脚にカメラを固定して、長時間かけてフレーミングを決める風景科の写真屋さんは絵描きに近い目をもった種族で、社会科というかスナップ系の人は、絵描きとは異なった目の人であるような気がしている。民俗写真屋さんとか科学写真屋さんも非絵描き系の目をもった人種であろうと思う。
 絵描きさんと写真屋さんの目の違いか、あるいは絵と写真の違いか、画像となる対象物にも違いがあるような気がしている。もちろん、しばらく前の「ふもと」で出したような山の写真は絵描きさんでも写真屋さんでも画像の対象になるけれども
c0164709_08572408.jpg
なんぞは、割合とよく写真撮影の対象とはなっても、絵画の対象になることは少ないような気がする。それ以外にも
c0164709_08574247.jpg
などという建物も写真的でも絵画的ではない。
c0164709_08582631.jpg
になると、これは絵画でもアリかなという気もする。このあたりの感覚は何なのだろうか。
 話は変わるけれど、コーンの写真はコンパクトデジカメなのだけれど、本体の設定をステップズームにしてあり、ズーム域の中で4通りの焦点距離しか動かないようにしている。液晶画面を見て操作するようなカメラだと、電動の連続ズームよりは、離散的な焦点距離の方が使いやすい。下の2枚は光学ファインダーの一眼デジカメで手動ズームを使っている。光学ファインダーと手動ズームの組み合わせだと必要に近いフレームに素早く持ち込めるので、焦点距離が離散的にならなくても、使い勝手は悪くならないような気がしている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-04-20 08:59 | 文系 | Comments(0)