<   2014年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧

きわもの未満

麦秋の畑のあたりは、古代には牧があって西の方に馬を献上していた場所に近い。曲がりくねった道を抜けて出た幹線道路は昔の街道に沿って走っている。出たところは間の宿に続く交差点。宿に下りると、二軒の造り酒屋が並ぶという酒飲みにはたまらない場所。もちろん、若山牧水も尋ねて逗留していたようで、一軒は牧水銘の日本酒を出している。
宿にはよらず、幹線道路を都の方へ。流石に、旧道からは少し外れているので次の宿をかすめて峠を越えて、もう一つの峠は峠の上から湿原に出たかったので有料トンネルの手前で曲がりくねった旧道を登る。街道として人が行き来していた時は難所の一つだっただろうと思う。
峠のちょっと下りたところに、石榴石やら黒曜石を売っている餅屋があるのだけれど、日曜日の昼というのに閉まっていた。どうやら、ご主人が脳梗塞を患って、万一のことを考えて昨年末で閉店してしまったらしい。
峠で幹線道路を離れて観光道路へ。少し車を走らせると湿原脇の駐車場がある。道路の下のトンネルを抜けて歩いて行けば湿原を一望できる場所に出る。創文社から出ていたアルプなんかを読むと、地元の子供が底なし沼があると怖れている湿原(池じゃなくてね)に、いつ沼に吸い込まれるかという好奇の目を後ろに感じながら足を踏み入れるなんて話があるけれど(もちろん、天然記念物に指定される前の話だ)、随分と昔から湿原内は立入禁止で、遊歩道も立派に整備されていて、野鳥の鳴き声を聞きながら色々な草花を楽しめる場所になっている。
c0164709_2204975.jpg

不安定な空の元、青空も一寸見えている
c0164709_2205218.jpg


この季節、ツツジとニッコウキスゲの端境期なのだけれど、今年は季節の進行が遅いのか、ツツジが結構残っている。
c0164709_2205492.jpg

こっちはまだつぼみ
c0164709_221416.jpg


一方、キスゲさんの方は
c0164709_2205684.jpg


とまだまだのご様子。でも
c0164709_221012.jpg


もいたし
c0164709_220475.jpg



もいるし、なかなか良い季節だ。もう少したつと
c0164709_221259.jpg

も咲くと思う。

その良い風情にそぐわないのは
c0164709_224775.jpg


謎の石碑。埋め込まれているのは
c0164709_2205118.jpg


だ。
えーと…………
よく分からないのだけれど…………胡散臭さ満載だ。なんか、不純に金を儲けようとする臭いが漂ってくる。
とりあえず、こんな所にこの石碑を建てたこの町のセンスは嘲笑されるべきだとして、問題はNPOの方。調べると、お役人上がりが理事長で、ウエディングドレスデザイナーが理事……。少子化対策と地域興しなどと謳っているけれども、お役人様が天下り先のNPOを造って、ウエディングドレスを売りたい人を呼び込んで、役人時代のつてでも頼って有名人を引き込んで、妙なプレートで上納金を納めさせる(毎年だぜ)という商売を始めたらしい。こんなくだらないことに乗っかる自治体はこの町だけかと思っていたら、全国津々浦々にプレートが埋め込まれたものがあるらしい。
少子化対策を考えるなら、安心してやっていける社会システムの構築を目指すべきで、プロポーズ場所をつくるなんていうのは(それも全国にこれだけあったら、ありがたみのかけらもない)余計なお世話だ。

それにしても、全国で結構な数の組織が前世紀的な、この活動に載っているは頭の痛いところだ。ひょっとすると、それだけ疲弊していて、藁にでもすがりたいところなのかと思ってしまうが、どうみても、これは藁にすがるのではなく、どぶに手を突っ込むような行為。その区別もつかない人々が、それらの組織で幅をきかせているとなると、それらの組織の行く末が限りなく心配になってくる。

少し前に、天文古玩さんで「思いつきくふうと工作」をきわものとして紹介して頂いて、その記事にはきわものには「一時的な流行をあてこんで売り出す品物」という意味もあるそうなのだけれど、こちらのプレート、一時的な流行にすらならない品物だと思う。というわけで、うさんくさい品だけれど、きわものまですら到達してないので、きわもの未満としてみた。


※追記 それほど遅くない時間に高速に乗ったつもりなのに、最後の山越えのトンネルの手前から渋滞が伸びていたので、下りて久しぶりに大垂水峠を越えた。今までは手前で下りて一般道を南下していた人々が、トンネルの向こうの分岐から高速道を南下するようになったためではないかと思う。渋滞箇所が3車線化されて渋滞が随分と減ったと思っていたけれど、もう一本トンネルができない限りは、山越えトンネルは未来永劫の渋滞箇所となりそうだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-30 22:05 | 風景系 | Comments(1)

麦秋

麦秋はもう少し前の時期の気もするのだけれど、このあたりは標高が結構高いためか
c0164709_1751413.jpg

と刈り入れ寸前の様子。
c0164709_1752977.jpg

向こうの小山を超えて空につながっていくけれども、これは夏の空だね。
麦畑の左隣は
c0164709_1753568.jpg

水田、そして右隣は
c0164709_1753850.jpg

じゃがいもでしょうか。
c0164709_1754272.jpg

反対側を眺めれば
c0164709_1754643.jpg

とおくにトウモロコシ畑が見える。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-29 17:07 | 風景系 | Comments(0)

安全カッターの謎(1)

カッターナイフの危険性はメーカーも分かっているので、Webにはカッターの安全な使い方を出しているのだけれど、それだけでは不充分なのか、より安全なカッターも売り出している。
Webで「安全なカッター」で検索すると、自称文具ソムリエの人がマウス型のカッターを紹介しているのだけれど、比較で使う普通のカッターの刃が出し過ぎの状態で、真っ当に使えていないという笑える動画が見られたりもする。
閑話休題、文具ソムリエや汎用性のないマウス型カッターではなく、真っ当なメーカーのカッターの話をするのだった。
c0164709_21481467.jpg

写真はオルファのリミテッドFAとNTのSA-400GRP。FAはロック型だけれども、落とした時に刃が入りやすくなっているというのが売り、一方のSA-400GRPは自動的に刃が戻る作りになっている。SA-400GRPの方はちょっと話が長くなるので、オルファの方を先に取り上げることにする。オルファの方を拡大してみると
c0164709_21481736.jpg

と、本体の溝が非対象になっている。普通のロック形は半円の切り込みだけれど、その一方が三角形に滑らかになっている。滑らかなのが戻る側でこの形状のためロックがかからないので刃先を押すと刃が引っ込むようになっている。

ということは、使っていて刃先に戻す力が働くと、刃が引っ込んでしまうわけで、その場合にはスライダーを抑えて戻らないようにして使うと書かれている。しかし、これは使い方として問題がある。というのは、カッターのスライダーを抑えなければならないとなると、刃を折っていくと保持場所が変わっていくということになってしまい、使い勝手として問題が生じるのである。なんか、かえって事故を誘発しそうな気がする。

このカッターが意味を持つのは刃を出した状態で机の上においておいて足の上に刃から先に足の上に落とした時に、足にめり込む深さが少し浅くなるという所だけだろうと思う。でも、カッターを机の端に置かないとか、置く時は刃を戻しておくとか、当たり前のことをしておけば、この機構が役に立つ事態は発生しないように思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-27 22:09 | 物系 | Comments(0)

思いつきくふうと工作

図解模型工作文庫は20冊のシリーズで、紹介した物の他に、模型飛行機の作り方とか、工作品の塗装と仕上げといった、いかにもありそうなものから、社会科歴史模型の作り方という、言われて見れば有だし、文系の工作というのも面白いなと思わせるものもある。その中で、もう一冊取り寄せようと思ったのは「思いつき工夫と工作」という得体の知れない題名の本であった。中身が分からない以上は、現物を見るしかないと思ったわけである。
日本の古本屋をながめると「思いつきくふうと工作」というタイトルで著者名は同じで出ていたので、深く考えずに注文した。
やってきたのは
c0164709_22384838.jpg

裏表紙は
c0164709_22385077.jpg

な本。判型も、そしてデザインもどう見ても違っている。
この本、発行が1986年でISBN番号もついている。のだけれど、開けてみると、1975年に出版された子供の科学工作文庫の一冊を好評により新装版して工作ランドシリーズの一冊として発行した物とのことであった。

来てしまった物は仕方がないので、中を覗いてみると
c0164709_22414955.jpg


廃物から封筒を作るのは、エコですねぇなどと生暖かく見ていられるけれども、
c0164709_2242444.jpg


のインキ瓶を倒れにくくするでは、挿絵をみると烏口での製図の様子で、1986年は当然のこととして、1975年でも烏口で製図をする少年などいるはずもなく、いつの時代の本なんだと、目を疑る状況だ。
c0164709_22424125.jpg


さらにインキ瓶を倒れにくくする工夫が続いていくと、本当に1975年に出た時点で好評だったのかと不思議にさえ思えてしまう。

ところで、上の図から烏口を使っているか分かりにくいではないかと思う人もいるかも知れないけれど、少し頁をめくると
c0164709_2243013.jpg


とコンパスを烏口にする話もでてくるので、明らかに烏口を線引きに使う事が頭にある話なのである。それにしてもコンパスを烏口にする時の話、どこから突っ込むべきなのか。何しろ、このためには普通の鉛筆のコンパスではなく、烏口コンパスを持っていないといけないのだ。持っているものの順番からすると、烏口コンパスは烏口の後ろであって、烏口を鉛筆コンパスに付けて烏口コンパスとして使う工夫は成立しても逆はあり得ない状況であろうと思う。
まあ、それ以前に1975年に烏口コンパスと烏口を、この本の読者が使っているはずがないのであるけれども。
こうしてみると、恐らく、この本の内容は、図解模型工作文庫からほとんど変わっていないに違いない。昭和20年代後半から30年代だとすると、烏口を使うのも理解できるし、アルコールの家庭用見分け方
c0164709_2243403.jpg


なんていうのも少しは理解できる。

それにしても、ドライアイスと試験管を使ったモーターボートは駄目だろうと思う。

c0164709_22443323.jpg


ドライアイスを瓶に入れて爆発して怪我をするというのは、この時代に大人から注意されたことの一つで、ドライアイスモーターボートは一歩間違うと爆発する存在で、昭和30年頃でも紹介すべきではない。
ついでに記すと上にあるガラスコップを試験管台にというのも謎で、価格を考えると試験管を持っている子供は、試験管立ても持っていたと思う。思いつくのはいいのだけれども、状況にそぐわない工夫がこの本の中には多すぎる気がする。

ところで、この本の中には外から分からないようにバナナを輪切りにする芸というのが載っている。そしてご丁寧にも著者は「この作り方は、手品の本などによく書かれていますが、最初にこれを書いたのは私で、その本は下記のものでした。『化学実験と化学遊戯』p.117-119 誠文堂新光社 昭和13年刊」と記している。化学実験と化学遊戯にどうしてバナナを外から分からないように輪切りにする話が入るのか不思議でしょうが無い。というわけで、日本の古本屋サイトにアクセスすることになったのだけれども、模型作製ニューハンドブックという新しいシリーズが見つかってしまい、頭を抱えることになっている。あ、でも出版社は誠文堂新光社ではなく科学教材社となっている。まあ、似たようなものかもしれないけれど。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-26 22:45 | 科学系 | Comments(2)

光学模型の作り方(3)

光学模型というのは聞き慣れない言葉だけれども、イメージとしては光学実験道具を思って頂ければよいのではないかと思う。
c0164709_21312.jpg

はストロボ写真手kなものを撮影するもの。間欠的にストロボを焚く代わりに、シャッターをあける工夫。
c0164709_213440.jpg

撮影した写真もある。
こちらは、
c0164709_213837.jpg

ネオンランプが交流周波数で点灯するのを使って回転円盤を止めてみせる装置。だいぶ光学実験装置っぽ。
さらに
c0164709_2131139.jpg

と木製の光学ベンチを見せられると、目から鱗感がある。精密な実験には使えないけれども、凸レンズの焦点位置などの実験には随分と使える気がする。
c0164709_2131495.jpg

その先には
c0164709_2131798.jpg


ヘリオスタット。これでプリズム分光器でもあれば、ラマン効果の再発見も出来るのではないかという気になる。最後に出てくるのは
c0164709_2131922.jpg

ポラリスコープ。朝永振一郎さんの随筆にも出てくる、ブリュースター角での反射を使ったタイプだ。
この本、新潟県の中学生の持ち物だったらしい。万年筆で学校名と氏名が書かれているのだけれど、それをみると、中学生になると万年筆というのが定番だったなぁなどとしみじみしている。ただ、この本のきれいすぎる状態を見ると、持ち主の生徒さんはほとんどこの本を活用しなかったようだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-25 21:22 | Comments(0)

光学模型の作り方(2)

光学模型の作り方も、最初の方が作品アルバムで、設計図面のところを挟んで後半が作り方解説になっている。
掲載されているのは、
c0164709_21135378.jpg

紅茶缶を使ったピンホールカメラ
c0164709_21141121.jpg

やら、望遠鏡。
c0164709_21135513.jpg

望遠鏡はそれを使って撮影した写真があるあたりが、良いセンスだ。
c0164709_21151110.jpg

はピンホールカメラによる自像。Web上にある田口武二郎さんの画像とはだいぶ雰囲気が違うのだけれども、自像と著書にしるしているからには、本人に間違いないと思う。ということは
c0164709_21151672.jpg

こちらのプロジェクターを操作している人も本人かなと思うのだけれど、角度が違っていて自信はない。
カメラ類は、なんか普通の工作じゃないかと思ったあなた、では、これをご覧あれ
c0164709_2115217.jpg

そして
c0164709_21152557.jpg

もちろん、これを使った写真も、前半部分に
c0164709_21135835.jpg

掲載されている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-24 21:24 | 科学系 | Comments(0)

さんらんちゅう?

下手な鉄砲も数打ちゃあたる路線なのだけれど、それにしてもあたらないものだ。

c0164709_21351997.jpg

c0164709_21351747.jpg

c0164709_21344739.jpg

c0164709_21345789.jpg



動かないものは楽なのだけれど……
c0164709_21352274.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-23 21:37 | 動物系 | Comments(0)

光学模型の作り方

図解模型工作文庫の話が少しあいてしまったけれど、もう一冊半ほど取り寄せた物があった。その一冊は
c0164709_1919869.jpg

だ。光学模型というなんとも魅力的な題名に、値段の事は目をつぶって取り寄せた本だ。裏表紙は
c0164709_19195100.jpg

この本は状態が良く「実験装置の作り方」では抜けていた、真ん中の部分がきちんと残っている。
c0164709_19253798.jpg

が表で、
c0164709_19253963.jpg

が裏側。なんとなく、青焼きイメージした色調にしてある気がする。このあたり、結構芸がある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-22 19:27 | 科学系 | Comments(0)

冗談だと思っていた

上信道の分岐から妙義が見えるまでの間ぐらいに、大きな繭の形のオブジェがあって、富岡製糸所を世界遺産にと記してあった。
最初にこれを見た時は何の冗談かと思ったものだ。興味がないわけではなく、
c0164709_1854769.jpg

と前世紀に見に行ったことがある。その時は
c0164709_18541448.jpg

そんな人はおらず
c0164709_18541878.jpg

窓の外もひっそりとして
c0164709_18541762.jpg

な静かな感じの場所だった。
煉瓦を作る技術がなかったので、
c0164709_18542110.jpg

ふんにゃりした煉瓦を使っているという説明をうけて、へえと思った記憶がある。
とはいえ、回りも含めて、何もないところだよなぁというのが正直な印象。それ以来行っていないけれど、多分、もう一度でかけても同じ感想になるだろうと思う。指定には含まれていない周辺の何かも組みあわせないとあっという間に飽きられてしまう気がする。個人的には、この施設より、隣町の火打金の方に興味があるのだけれど、それなんかどうだろうか。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-21 19:07 | 街角系 | Comments(0)

オルファ半段オートロックカッター

エヌティーのオートロックは半段刻みなのだけれども、オルファのオートロックは一段刻みのものが大半だ。そのなかで、Aプラス型は半段刻みになっている。
c0164709_21365168.jpg

よってみると
c0164709_21365465.jpg

と凸凹が2倍の密度で存在している。
c0164709_21365868.jpg

手元側に刃の収納位置となる溝があるのは、1段刻みの普通のも半段刻みのも同じである。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-06-20 21:38 | 物系 | Comments(0)