<   2014年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

無色じゃない

カラーフィルターには光の吸収によって色がついているものと、光の波長と同じ程度の積層膜構造で色を付けているもの(誘電体多層フィルター)がある。
c0164709_13333683.jpg

この写真の真ん中は顕微鏡用の単色フィルターで両側はカメラ用の緑色フィルターだ。透過光で見ると、真ん中の緑が鮮やかだけれど、まあ、いずれも緑色フィルターである。ところが、これらを反射光で見ると
c0164709_13333990.jpg

と、真ん中のものと両側のもので色味が全然違ってしまう。
誘電体多層フィルターでは、透過で見えている色の補色は反射光となるために、色味がまったく違ってしまうのである。ただ、このフィルターは誘電体多層としてはおかしなところがある。緑色の補色はマゼンタで黄色ではない。これがシアンのフィルターだったら、この補色でありなのだけれど、何かがおかしいのである。
何が起こっているのかを考えるべく、透過と反射のスペクトルを調べてみた。
c0164709_13334875.jpg

きちんと規格化した測定ではないので、測定された透過率と反射率に適当な係数をかけたものを足し合わせて100%になるように調整している。完璧な誘電体多層フィルターなら、フィルター自体の吸収はないので反射と透過の和は波長によらず100%になるはずなのである。見てみると、長波長側はほぼ100%でフラットになっている。しかし、短波長側の合計値が100%より遙かに小さな値となっている。
ということは……短波長側の透過光が低いのは誘電体多層による効果ではなく、光吸収により生じているらしい。確かに改めてフィルターを見ると、側面が黄色っぽい。基板が無色な物質なら、そんな風に見えないはずだ。
何故黄色の基板を使っているかというと、おそらく、このフィルターに用いている誘電体多層フィルターが単体では短波長側の透過光領域が広すぎて緑色にならない(それこそ、シアンのフィルターになってしまう)ためであるような気がする。そして、緑の部分のみを透過する誘電体多層構造を作るより、黄色フィルターと組みあわせて短波長側を透過しないようにした方がコストが低くてすむので、このような構造にしているのではないかと思う。
フィルターの基板が黄色である可能性に気がついた結果として、ここしばらくの謎が解明された。誘電体多層フィルターではフィルターを光軸に対して傾けていくと色味が短波長側にずれている。元が緑なら、傾けると青緑、青と変化していくはずなのである。それにも係わらず、このフィルターを傾けていくと
c0164709_13323091.jpg

垂直入射の緑から、傾けていった
c0164709_13324405.jpg

へんな色を経て、さらに傾けると
c0164709_13325259.jpg

橙色になってしまい、青緑や青は出てこないのである。
この結果は基板が黄色であるとすると、なんとか理解できる。傾けることにより色味が青色側にシフトしても黄色で吸収されるので、強くならない。一方で、このフィルターは近赤外領域にも透過窓があるのだけれど、それが短波長化して赤も通るようになるため、なんとなく妙な色味になり、そして、さらに傾けると長波長側の窓の効果でオレンジに見えるようになる。
というわけで、結果として、顕微鏡用の緑色フィルターは、誘電体多層フィルターのデモに使うのは妥当ではないということが分かってしまった。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-30 13:57 | 科学系 | Comments(0)

れっどえんはんさない

デモ用のグリーンフィルターが欲しくて、コガネムシを探しに行くついでに駅の反対側のカメラ屋のジャンクコーナーに行ったら、レッドエンハンサーも転がっていたので思わず買い込んでしまった。
c0164709_21272383.jpg

左側はレッドエンハンサー。赤色を強調するフィルターなら、赤みを帯びていそうなのだけれど、どちらかというと緑系の色に感じる。右側は、PO1。淡い方の緑色フィルターだ。レッドエンハンサーをオレンジフィルターに重ねると赤みが増すように見える。
c0164709_21272764.jpg

一方の緑色フィルターは赤みが増す感じはしない。もっとも、オレンジフィルターによって効果が違っていて目視では
c0164709_21272927.jpg

小さいフィルターの方が赤みが増すように見えるのだけれど、写真では、あんまり赤みが増したようにはなっていない。カタログ上ではフィルムカメラ用でデジタルカメラ用にはなっていないは、このためだろと思う。
レッドエンハンサーを買い込んだのは、見た目と赤色強調の関係が不思議だったからだ。そこで、透過スペクトルを調べてみると
c0164709_21322780.jpg

レッドエンハンサーは580のオレンジの辺りに強い吸収がある。従って、オレンジフィルターと重ねると、透過する波長が長波長からになって、より赤くなるように見えるわけだ。
ところで、レッドエンハンサーのスペクトル、どこかで見たことがある記憶があった。というか、ケンコーの波長校正フィルターの気がして調べたら、波長校正用フィルターV-10がピッタリだった。なんか、V-10を画期的に安価で入手でき、使うあてはないけれど幸せな気分だ。
V-10は大昔からあるフィルターで、誰がこのフィルターを赤み強調として使う事を思いついたのか興味あるところだ。なんか、たまたまフィルターを通して物を見たら赤が鮮やかに見えてなんてセレンディピティ的な話を想像してしまうのだけれど、どうなのだろうか。
そして、目で見て赤みが増すのが写真で再現出来ないのは、目の錐体とカメラの3種の色分解の感光特性が違っているためなわけで、赤みがまさない写真を長めながら、RGBでなくLMSの色フィルターのカメラが市販されないかと改めて思っている。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-29 21:40 | 科学系 | Comments(0)

モルフォ蝶

久しぶりにモルフォ蝶の写真を撮ってみた。
先日出かけた「構造色研究会」で黒がないと色が締まらないよねという話がでていて、そういえばモルフォを黒背景で撮影したことなかった気がすると思い立った次第。反射光が最も出るような照明にしたのが
c0164709_20532636.jpg

ほとんど生体物質とは思えないような光沢だ。照明をかなり横からにして回折光があまりこないようにすると
c0164709_20533085.jpg

な感じ。こうなると、蝶の羽という感じが出てくる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-26 20:55 | 物系 | Comments(0)

鏡を撮る

鏡の上に円偏光板を載せた写真を撮りたいと思っている。円偏光板に裏表があることを示す写真を作りたいのだ。
c0164709_16380602.jpg

この写真は一方が円偏光板で、他方が普通の偏光板だけれど、これを1組の円偏光板の裏表でと考えているわけである。
ところで、この写真、何やら背景が写っているけれど、絞り込んで背景もみえるようにすると
c0164709_16381487.jpg

撮影に用いたカメラが写っているのが分かる。これは、真俯瞰で撮影している以上止むを得ないことだ。
これを回避する一つの手法は、先日作ってみたテープライトのライトセーバーで、それを使った照明では、色味は狂いまくっているけれど
c0164709_16381734.jpg

と魔法のようにカメラの痕跡がない写真が撮れる。ただし、この時は鏡の外側には銀レフを置いてある。銀レフを発泡ゴム系の普通の反射率の物に変えると、普通の撮影手法だと
c0164709_16382786.jpg

普通に鏡に映ったカメラと鏡の周りが写るのだけれど、ライトセーバーを使うと
c0164709_16383011.jpg

鏡の周りが露出が足りなくて暗くなってしまう。今の撮影では、鏡の部分は光源を直接撮影しているような物だから、普通の被写体が相対的に露出不足になるのは仕方がないことである。このため、最初の写真ではレフ板をつかっていた。ついでに、レンズの絞りを絞った時の画像を撮影摺ると
c0164709_16383855.jpg

のように、ライトセーバーがレンズの前を横切る時の影が出現するようになる。やっぱり、絞りをかなり開けた状態でないとだめだ。
ところで、ライトセーバーがなかったら、どうやってカメラの映り込みを防ぐかというと、一番単純な手法は鏡を傾けることだろうと思う。
c0164709_16441721.jpg

もちろん、傾けただけでは、カメラではない外界の何かが映り込んでしまうので、映り込む先に白い紙を置いている。これでも悪くはないのだけれど、傾けたために、偏光板の一つが滑って縁ににいってしまったのと、僅かに台形になっているのが気に入らない。台形の方はデジタル補正が可能だろうけれども、気分的にまずは補正の必要のない画像を撮影したいものだ。
というわけで、シフトレンズを繰り出すことにした。
c0164709_16442134.jpg

白い紙の照明が今ひとつなのだけれど、とりあえず、水平を保ったままでカメラの写り込みは防げそうだ。というわけで、来週末ぐらいに予定の写真に取りかかれそうだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-24 16:57 | Comments(0)

地震

まずは大きな被害が起こっていないことを祈りつつ
テレビの緊急地震速報を見て強震モニターを見に行ったら、s波が届く前に震源場所は確認できた。
震源の場所から、最初はフォッサマグナの松本あたりの断層の北の方が動いたのかと思ったのだけれど、CMT解を見たら、南北に圧力のかかる逆断層で、どちらかというと栄村の方に走るフォッサマグナ系とは90度方向が違う断層が動いた気がする。

まあ、素人の戯言だけれど、でも、地震が起きてから10分程度で、普通の人でもこんなことを考えるネタが提供されるというのは凄いことだと思った。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-22 22:45 | 科学系 | Comments(0)

今のところ非散歩カメラ

川に投げ込まれたカメラと一緒に出てきたのが
c0164709_21280511.jpg

私はほとんど使っていなかったけれど、家にやってきた初めての一眼レフだ。
それにしても、フィルムカメラの時代にはサラリーマン家庭には1台ずつぐらいは一眼レフがあった気がする。今はミラーレスではない一眼レフをもっている人はかつてに比べると少ない気がする。
このカメラはニコンの一眼レフで初めての絞り優先オートが付いた物。ニコマートは普及版のカメラの名称。というわけで、ファインダーの視野率も100%ではない。というか、フィルム一眼レフの時代にはファインダー視野率100%のカメラは寧ろ希な存在だった。
先日、デジカメ関連サイトのコメント欄にEOS6Dのファインダー視野率が100%でないのが不満らしく、高級機種だけ100%のデジタル一眼の最初からの差別化を止めるべきなんて書き込みがあったけれど、それを見ながら、フィルム時代からの伝統だし、それ以前に、視野率100%は複写など限られた時には重要かもしれないけれど、手持ち撮影では100%の視野をきちんと使いこなすのは普通は無理だろうなぁなどと感じていた。三脚につけて撮影するなら、むしろ、ライブビューをつかった方がよいきもするのだけれど、どういう撮影スタイルなのか、思いつかずに不思議だった。
ところで、このカメラ、露出計がまだ生きていた。というか、電池が持っていたのに驚いた。さすがに、弱っていたので新しいのに入れ替えた。先日の散歩カメラに比べると重たいし、レンズも揃っていないのだけれど、そのうちに持ち出そうか思案中。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-22 21:37 | 物系 | Comments(0)

非散歩カメラ

c0164709_22524757.jpg

実家に転がっていたカメラ。距離計連動で蛇腹のついた35mmカメラだ。折りたたむとポケットに入るくらい薄くなる。アルコというメーカーだけれども、すでに存在はしていない。
このカメラを子供の頃川に投げ込んだことがある。子供といっても1歳代のことでまったく記憶にない。で、どうなったかというと、メーカーに修理に持って行って無事に復活したという。山の谷川で水がきれいだったのも幸いしたかもしれないし、また、電器部品が一切ないのもよかったのだと思う。
今でも、シャッターも切れるし距離計も連動しているしカビもないので、撮影は可能。白黒フィルムは露出許容度が高いから露出計を持ち歩かなくてもなんとかなるかもしれないけれど、でもどうしても露出計は欲しくなりそうで、そうなると気楽に写真ではないので、あんまり散歩カメラ向きではない。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-21 22:57 | 物系 | Comments(0)

散歩カメラ(II)

散歩用のデジカメはいつもは通勤用の鞄に入っている。携帯を忘れることはあっても、カメラを持っていないことは先ずない。週末などに散歩に出かける時には、デジカメではなくフィルムカメラを持ち歩くことがある。ちょっと大ぶりになるし、オートフォーカスでも自動露出でもないから撮影には少し手間がかかる。それに、ある程度まとまって現像するので、すぐに見るわけにはいかない。というわけで、思ったように写っているかのチェックはその場では出来ないから、失敗が分かって取り直しは出来ない。のだけれど、まあ、散歩写真ならそれでいいわけで、ふらふらとカメラを片手に歩きに出かけることがある。その時のカメラの一つが
c0164709_22505307.jpg

レンズは違うのを付けていることもある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-19 22:51 | 物系 | Comments(0)

散歩カメラ

現在の散歩カメラは
c0164709_21080318.jpg

で、もう随分と昔のカメラだ。このカメラを買い込んだ理由の半分以上は強誘電性液晶のビューファインダーが付いていたことなのだけれど、上に付けると使い勝手が今ひとつなので、ほとんど使っていない。もう一つの理由は単四電池が使えること。このカメラには、ピントを無限遠に固定したり、数mに固定するスナップモードがあり、それが結構便利。事前に予測してこれらのモードにしておく必要があるけれど、ピント合わせでチャンスを逃がす心配が少なくなる。レンズの周りにあるのは開閉式キャップなのだけれど、買った状態だと真ん中にベンツマークのような隙間があり、レンズにもその形状で埃が付く。なので、見苦しさは気にせずに
c0164709_21084781.jpg

テープをはっている。これは見た目の悪さとは裏腹にスムーズに開閉するし、レンズの埃は防げるので中々に優れものだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-17 21:16 | 物系 | Comments(0)

宮本常一のカメラ

c0164709_19001402.jpg

本のタイトルは宮本常一と写真なのだけれど、本を見ながら、宮本常一が生きていたら、どんなデジカメを使っているだろうかと考えて見た。
宮本常一が当時使っていたのは、オリンパスペンだ。もちろん、現代のデジカメのではなく、ハーフサイズのフィルムカメラだ。本に載っている写真を見ると、シャープに写っているのもあるけれども、ピントを合わせそこねている写真なんかも存在する。
そもそも、ハーフサイズカメラは、画面面積がフルサイズより小さいから、画質はフルサイズにはかなわない。でも、宮本の写真を見て感じるのは、写真は多少のピンぼけがあっても、画質に問題があっても写されているのが重要だということ。どんなに描写性能のよいカメラとレンズをもっていても、その場でシャッターが押されなければ記録としての画像は残らない。大きくて振り回さなければならないカメラよりは、コンパクトで気軽に取り出せ、そしてぶら下げて持っていても負担にならないようなカメラの方が、より多くのシャッターチャンスに対応できる。
そうしてみると、宮本がフルサイズの一眼レフや距離計連動カメラではなく、オリンパスペンを愛用していたのは納得できることだ。ノートや筆記具と一緒に持ち歩くことができ、ゾーンフォーカスである程度のピント合わせをしておけば、ファインダーを覗いてからピント合わせをする手間もない。天候に合わせて、大体の絞りとシャッター速度を決めておけば、ほんとに考えることなくシャッターを押せる。そして、ハーフサイズだから、フルサイズの2倍のコマ数が撮影できる。経済的であるばかりでなく、出先でフィルムが切れて写真が撮影できなくなる危険性が減るのである。この利点を考えると、画質に問題があっても、フルサイズカメラよりハーフサイズカメラの方が宮本の用途には適合していると思う。

では、宮本が生きていたら、どんなデジタルカメラを選んだだろうか。フルサイズも含めた一眼レフタイプやレンズ交換式のデジタルカメラでなく、コンパクトなデジカメであることは確かである。撮像素子の大きなカメラの方が写りは良いが、はるかに小さくて、そして民俗学的な記録写真として使うのには充分なレベルの記録能力があるコンパクトデジカメが存在しているのだから、そちらを選ばない理由はない。それに、画素サイズの小さなデジカメの方が被写界深度が深いから、より幅広い領域がシャープに見える写真となる。宮本的な立場から言えば、ぼけ味なんかより手前も奥もシャープに写っている写真の方が価値が高い。

ところで、現在のデジカメには、ペンにはついていなかった様々な付加機能がある。それらの中で宮本の仕事に役立ちそうなものを少し眺めておこう。先ず一つ目はGPS。これは撮影場所の特定には有益だ。ただ、宮本の写真の撮り方を考えると、撮影時間が記録されているだけで、旅の経路と合わせて、撮影場所はほぼ定まるので、自動車での道路移動の途中などで無い限りは、GPSがついている御利益は大きくないかもしれない。一方で、GPSは電池食いなので、むしろない方がよいかもしれない。二つ目は、動画と音声録音。これは、民謡や踊りを見るときには非常に有益な機能になると思う。とりあえずのレベルで良いので、それなりの時間が記録できるとよいだろう。また、ボイスレコーダー機能があったら、それも使える気がする。ただ、インタビューなどで音声記録と写真撮影は同時に行われ、カメラは撮影時に動くので、カメラで音声記録をするより、専用のボイスレコーダーを持っていた方がよい気がする。ボイスレコーダーはコンパクトなものなので、カメラと一緒に持ち歩いていても大丈夫だと思う。三つ目は、防水機構。いわゆるタフカメラというやつだ。これは、あった方が扱いが楽だけれども、宮本がペンを使っていて特に問題がなかったことを考えると、防水が望ましいけれど必然ではないだろう。それ以外は、現在のデジカメについている付加機能で、特に役立つようなものはないように思う。

さて、上に記した付加機能も含めて、最も大事な条件は、撮影できない状況に陥らないということだ。撮影できない状況とは、メモリーフルやバッテリー切れ、それから暗所でぶれないでの撮影ができないといったことである。メモリーフルに関しては、32Gクラス以上のメモリーを入れておけば、1000枚以上の撮影は可能なので、1日のうちにメモリーフルに陥る可能性は低いと思う。また、メモリーカードはかさばらないから複数枚の所持も容易だ。暗所撮影性能に関しては、ISO1600程度が実用的でF値が2程度のレンズがあれば、カメラのぶれ止め機構も使って、かなりのところで撮影可能だと思う。バッテリー切れに関しては、現在のデジカメはほぼ充電式リチウムイオンバッテリーを使っているけれど、コンパクトデジカメの場合は、撮影可能枚数は500枚程度以下、200枚程度というものもある。また動画撮影を行うと数十分程度でバッテリー切れとなる。これは、数日はおろか、1日でもバッテリー切れとなる状況が出現する。3つの撮影できない状況を引きおこす要因の中でバッテリーが一番の問題だろうと思う。

バッテリーに関しては予備バッテリーを持つのが普通だけれども、バッテリーの残量管理は結構めんどくさいものだ。充電してあるつもりが、未充電だったりすると、バッテリーを交換して途方にくれることになる。できれば、専用のバッテリーだけでなく、汎用バッテリーも使える機種であることが望ましい。残念ながら、汎用の単3や単4電池がつかえるデジカメは現時点では、妙に大きい高倍率ズームタイプか、おもちゃ的なものしかない。カメラにとって一番重要な「撮影できない状況に陥らない」という点に関して、現在のコンデジの大半は欠陥商品なのである。

というわけで、宮本は相変わらず、ハーフサイズのオリンパスペンを持ち歩くか、それとも数世代前の乾電池も使えるデジカメを愛用しているのかなぁなどと少し前まで考えていた。で、ふとホームセンターの投げ売りコーナーで見かけたのが
c0164709_19002015.jpg

単三電池4本を使うUSB給電器。附属のニッケル水素充電池を使う仕様だけれど、いざとなれば普通の単三も使えるという。ということは、USB経由で充電するデジカメなら、これを使えば単三電池のデジカメと同じようにつかるということになる。いくつかのメーカーからは、USB経由の充電のカメラがあり、ユーザーの中には、別売でも良いから充電器が欲しいなんて口コミもあるのだけれど、むしろ、USB充電であることが、現在では非常に重要な選択要素になる気がしている。
とここまで書いて気がついたのだけれどUSB給電可能で、静止画と動画の撮影機能があって、なおかつGPSも対応して、そして……となると、実はカメラより、スマートフォンやタブレットという選択肢も出てくることになる。宮本常一が今、生きていたら古典的に手帳やメモを使い続けているのか、それとも希代のタブレット使いになっているのか、どちらなのだろう。







[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-16 19:16 | 文系 | Comments(1)