<   2015年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

みえてしまう

所謂霊能力に関しては零能力なので見えたことはないのだけれど、
c0164709_22201995.jpg

を見ると顔に見えてしまうのは何故なんだろうと思う。
まあ、いろんな説明はあるのだろうけれど、あんまり検証できる気はしない。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-30 22:22 | 植物系 | Comments(0)

やられた……

真夏日になった所が出たなんて報道につられて、思わず
c0164709_18441434.jpg

を買い込んでしまった。どこら辺で作っているのかと裏を見てみると
c0164709_18440965.jpg

この、やられてしまった感はなんなんだろう。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-29 18:46 | 物系 | Comments(0)

儲かっていない

c0164709_20185720.jpg

生物用のELWDはWDが5mm超あるのだけれど、NAが0.55しかない。一方の工業用の有限系では、PCとPMMA観察用の補正環付きの対物で、50倍でNA0.7というのがある。これがホットステージに使えたら、随分と幸せだろうなぁと思わず入手してしまった。で、カバーガラスではなく、スライドガラス越しに珪藻を見てみると
c0164709_20185423.jpg

と補正環をあわせれば、ちゃんと見えるようになる。
作動距離が分からなかったので、Web上をあさっていたら、米国にこの世代の対物のカタログがあった。カタログには価格も掲載されていて、新品価格は6000ドル強。入手したのは、それに比べるとはるかに低く、思わず儲けた気分になったのだけれど、カタログによると作動距離は2mm台。さすがに、それに対応するホットステージは存在していない。というわけで、実用性を考えると儲かっていないようだ……
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-26 20:53 | 顕微系 | Comments(0)

鋭角

正五角形の頂角は鈍角なはずだけれど、五稜郭はイトマキヒトデみたいな形をしているので、石垣の頂角が鋭角になっている。
c0164709_234222.jpg

石垣といっても、城と言うよりは館と言った方がよさそうなスケールなので、石垣の高さも高くはない。なにしろ、石垣の上のひとがこんなに間近に見られるのだ。
c0164709_234589.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-24 23:05 | 風景系 | Comments(0)

ローアングル

c0164709_20552229.jpg

少し這いつくばって撮影したものだけれど、なんか、下から見たくなって、思わず顕微鏡から外した奴に、30mmマクロをつけてみた。
c0164709_20551974.jpg

なかなかローアングル。ちょっと気に入って他の被写体を捜す
c0164709_20551585.jpg

そろそろ草に埋もれそう。
c0164709_20551090.jpg

は草をかき分け顔を出している。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-23 20:57 | 植物系 | Comments(0)

サギらしい

一日に峠を越えて別の峠で戻ってくるのはちょっとしんどかったので、峠の先で一泊していた。
朝、窓の外を見ると
c0164709_20592640.jpg

なんか、でっかいのがいる。
小枝の影で見にくかったのだけれど
c0164709_20592276.jpg

ちょっと飛び移って、
c0164709_20591859.jpg

なかなかよく見えるようになった。
c0164709_20591573.jpg

多分、アオサギじゃないかとおもうのだけれど、どうだろう。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-21 21:01 | 動物系 | Comments(0)

五稜郭の桜

平地では桜はとっくに散ってしまったけれど、ツバメを眺めてから向かった峠への道には、散りかけの桜。桜吹雪に突っ込んでいくのは、この季節ならではの楽しみだ。そして、峠の向こう側では桜はまだ見頃。

最初は、千曲川のわきにある古城跡に行くつもりだったのだけれど、週末では人でも多そうで何を見に行ったのか分からなくなりそうなので、千曲川のもっと上流にある五稜郭を目指すことにする。五稜郭に桜があるかは調べてないのだけれど、なにしろ内部は小学校なので、桜の木の1本や2本はあるだろうと思った次第。

五稜郭に行くのは2度目。前に行ったときは便所の隣の建物の軒下で雨宿りをしながらお弁当を食べた記憶しかないのだけれど、行ってみると大手門の前には案内所が出来ていて、立派な観光地を目指しているらしい。最近は、ブームになると一気に混雑するので油断のならないところだ。まあ、でも、まだまだ知られていないので駐車場の行列もまったく存在していない。

桜は……ありましたとも。
c0164709_21221770.jpg

星形の石垣の上には桜の木が植わっていて、歩きながらまわっていくと良い風情。
c0164709_21221337.jpg


お堀が残っているところもあって、長閑で風情がある。
c0164709_21222235.jpg


案内所には全体の模型もあり、小学校が星形に合わせて曲がって作られているのもなかなかよい。
c0164709_21220792.jpg



周りの形に合わせて、動物飼育小屋も五角形だ。
c0164709_21250299.jpg

建物の入り口付近には、素敵な木が植わっている。
c0164709_21215423.jpg

そして、校庭の一角のポプラも見事なものだ。
c0164709_21214568.jpg

ぺんぺん草も風情をもって咲いている。

c0164709_21261390.jpg

なにもかも、良い感じだ。

行きとは違う峠を越えは、海から一番遠い地点をかすめる道。所々に見られるピンクの花はミツバツツジの類だと思う。
c0164709_21212773.jpg

c0164709_21213271.jpg

とてもたどり着けそうもないような岩壁に鮮やかに咲いている。。


[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-20 21:28 | 風景系 | Comments(0)

ちょっと珍しい?

砂利の上の鳥
c0164709_18571066.jpg

c0164709_18564488.jpg

これが雀なんかだったら珍しくも無いのだけれど
c0164709_18564917.jpg

は、地面にいるのを見たことがあんまりなく、ちっと珍しい気がする。普通は
c0164709_18565713.jpg

のように何かの上に留まっている印象だ。
それにしても飛ぶのは変幻自在。とてもじゃないけれど、ファインダーの中に捕捉できなかった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-19 18:59 | 動物系 | Comments(0)

Nikon 40倍補正環付きELWD対物レンズ

補正環付きの40倍ELWD生物顕微鏡用対物レンズはニコンからも出ている。オリンパスのULWDと並べると
c0164709_17512566.jpg

と作動距離はオリンパスの方が長いようだがNAはニコンの方が0.55と少しばかり高い。写真に写っているものは位相差用だけれども、位相差用ではない普通のものも存在する。
ニコンの生物用には20倍のELWDもあるが、手元にあるものは補正環はなく、調べた限りでは補正環付きは存在しないように思う。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-18 17:54 | Comments(0)

ほころびずかすみなし

桜は散って代わりにツツジが咲きはじめた
c0164709_21090273.jpg

そして、
c0164709_21094887.jpg

はリンゴの一種。
c0164709_21095218.jpg

まだ綻びず、霞もたっていない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-04-17 21:16 | 植物系 | Comments(0)