<   2015年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

東京名物食べある記に見る昭和初期の雑誌記事の文体

食べある記の中にある豊田屋では、猿肉を出していたことを紹介したけれど、その豊田屋の紹介記事は次のように始まる。

もゝんじい 豊田屋
久し振りに両国橋を渡りました、寒い晩です、川風が身にしみじみと堪えます。橋詰の右角もゝんじいの豊田屋、古い店です、陳列窓に猿の頭の黒焼き孫太郎蟲と薄気味のよくないものが色々列べられています、入口を入ると新築早々と見えて木の香も新しいばかりです、広い幅の梯子段を一行六人トン々々(原文ではく方くり返し記号)と勇ましく上がりました定連のS、M、H、久夫に今宵の相手はもゝんじいとあって新手の加勢としてK、N、の二人が加わりました。

句読点は注意して原文のままに拾っている。この後の文章でも現在なら句点を使うであろうところに読点を使っていて、ですます調の文体と合わせて、なんとなく子供の作文を読んでいる気分にもなる。
もっとも、著者は複数らしく、本の総てがこのような文体ではない。例えば亀戸のくず餅は、


亀戸のくず餅
暖かい日射がお壕の水を膨らませています。「今日の食べ歩き?」原稿に筆を入れていたSが頭を上げました。「そうですね、今日はどこか-どうでしょう亀戸のくず餅は」Mが書き終えた原稿の端をキチンと揃えて、クリップで留めながら答えました。

とですます調だけれども、現代的な句読点の使い方がされている。そしてまた、目黒の栗めしは

目黒栗めし
珍しい秋晴れで表へ出るに外套もいらない程の暖かさだ。栗飯の目黒へ行こうという相談がまとまって-目黒の栗飯と云わない所が名物食べあるきの本性を忘れぬところである-一行四人S、M、H、小ガ武、勢揃いして目黒へ自動車を飛ばす。行人坂をくねくねと下って左へ切れて不動前の入口に車を止める。門前には昔ながらの角伊勢、大國屋が古い構えでどっしりとかまえている。

とですます調でない小気味よい文体だ。蒲田、穴守方面も小気味よいのだけれど、句読点の使い方h現代的ではない。


蒲田、穴守方面
蒲田で乗替た穴守行電車は田甫の中を走って行く、所々に乾されている海苔の青さに暖かい冬の陽ざしが一杯に当たっている。時折磯の香りが鼻をかすめる、穴守近く電車は小さな川を渡る、船宿に「つり船でます」の看板が見える、川一筋に見える羽田の海は、潮が一杯に膨んで、小波が舷(みよし)に光る釣船の影も長閑だ。電車はやがて穴守に着いた。

それにしても、ほんの少し前には羽田の手前に田甫があって、江戸前の海苔が乾されていたわけで、そういえば、これより少し下った時代だけれど、小田急が多摩川を渡るあたりで川で泳いで遊んでいたという話を聞いた事もあり、東京も中心部を少し離れれば、田舎だったんだなぁとしみじみと思う。

話がそれてしまったけれど、上の4つ、どれをとっても現在のグルメガイドやエッセイのスタイルとは違っている。句読点の使い方や、間延びしたですます調なんてあたりも違ってはいるのだけれど、今のものに比べて付加情報が少なく、全体にすっきりとまとまっている。たとえば、店の来歴などという記述がない。これは、上にあげた店だけでなく、たとえば神田藪そばでも

神田連雀町の藪、先ずそばやとしては代表的な定評のある店の一つだろう。更科のそば愛好家には、あるいは藪そばは不向きかも知れぬが、藪はまた藪でたいした藪党をもっているものである、店構えはちょっくら小粋なもの、縄暖簾をくぐると、相当客で賑やかだ。
と店構えも小粋なの一言で済ませている。食べ物の内容についても、

つゆもよしたねもよし。勿論そばはうまく、薬味のわさびがこれまた上等で流石に藪だと大体一行感心する。 -中略- 化粧室の綺麗なことは昔から有名だが、バラック建てとは言え、清潔でよい。

とあっさりした物。これが、今のグルメガイドだと「北海道の契約農家で育てた蕎麦を熱がこもらないように石臼で毎朝ひいているだけあって」なんて感じの付帯情報やら蘊蓄が山ほど着いてくるだろうと思う。

藪だけでなく、豊田屋さんでも、

見た所羆の肉は黒ずんで、その中に濃い血の色をほの見せる咲き切って地に落ちた寒椿の日陰に、そのまま一日二日と経った色である。 -中略- ぐぢぐぢ煮えて来たのを先ず羆の肉片を一片箸に挟んで、ペロリ舌に載せる。濃厚な脂と獣特有の山野の土の香りとでも云いたいような香りが、混沌として味覚に譬がたない愉悦を与える、噛みしめてコクがある、之迄食べた総ての肉の中で最上味に位すべき物であると思った、

と、著者が感じたことをストレートに持ってきている。間違えても羆とアイヌ猟師の格闘の物語りなどは出てこない。アルプと自然の終焉のエントリーのところで、アルプが廃刊になるのと入れ違いぐらいに、百名山を読んでそれらの山を登ることを目的にする層が出はじめたと記したけれども、グルメガイドにしても、だんだんと書き手も読み手も、付帯情報やら蘊蓄やらで相互武装する必要が生じてきたようだ。なんか、アルプの終焉のころを境に、グルメ本の内容が変わったのかを確かめたくなってしまった。


ところで、豊田屋さんの記事はですます調で始まったはずだけれども、いつの間にかである調に変わっている。とても同じ人が書いているとは思えない状況だ。そして、豊田屋の記事の終わりは、


石原の電車停留所前、木村屋という喫茶店、所柄とは思はれぬハイカラな建物、中の作りも凝っていて銀座へ出しても恥ずかしくない店構え、一行飛び込んで矢鱈と覚えて来た渇をソーダ水、紅茶に潤す、濃厚な肉を飽食した揚句のせいか、ソーダ水の味の美味いこと、一行ほっとしてヤレヤレという気分で思い出したら、此所は本所の石原、帰る先はSの世田谷、久夫の渋谷、MHの白山と「アッ遠いんだ」で一同慌てゝ店を飛び出して浅草行きの青バス目がけて一目散。

という唐突さ。これまた、出だしとも羆の肉の描写とも異なる印象の文体だ。こうなってくると、一つの記事さえ、1人の記者が書いたのかさえ疑問になってくる。とはいえ、これが、雑誌の掲載され、そして単行本化されているわけだから、当時としては問題のない文章であったはずだ。この唐突な終わり方、個人的には気に入っている。伊達や酔狂に少しの間抜けさがはいった食べある記一行の感じが良く出ている気がする。

話は再びそれてしまうけれど、豊田屋さんは、今の両国にある。石原の電停は、豊田屋さんから両国駅を越えた北側。蔵前橋を西から渡ったあたり。ご一行は豊田屋から木村屋まで、直線で1kmの道をあるいている(まあ、この時代の人は歩くのを苦にはしておらず、本の中の太田窪の鰻では(この記事は店名は出ていないけれど小島屋さんだ)、浦和駅から店までを歩いている。もっとも昭和30年代の食べ歩き本でも小島屋さんは浦和駅徒歩40分とさらっと紹介されているので、そのころまでは小一時間歩くのは普通のことだったようだ。)。その石原から、川の西側に戻るのに両国駅に行かずに浅草目指すのが不思議だったのだけれど、調べてみると当時の総武線は両国始発だったようで、お茶の水まで伸びたのが昭和7年、新宿を越えて中野までいけるようになったのが昭和8年のことのようだ。一方、銀座線の浅草-上野間は昭和2年には開通している。というわけで、この記事が書かれた時点では、ご一行は浅草に出て、それから上野に戻るしかルートがなかったようだ。




[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-29 21:19 | 文系 | Comments(0)

既視感(II)

保存食系は、塩漬けでも乾物でも食べられるようにするのに、少しばかり手間のかかるものがある。というわけで、昨日水から茹でて、水を二回ほど変えて、一晩おいて、今日になって、ごま油で炒めて、醤油と頂き物のだしつゆで味付けした
c0164709_16591714.jpg

「光の鉛筆」に続いて既視感があるのはやっぱりMWSさんのせいだと思う。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-28 17:02 | 物系 | Comments(0)

開園前

c0164709_21262509.jpg

たまたま通りがかっただけで、入ったわけではないのだけれど……
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-27 21:28 | フィルム | Comments(0)

伸びすぎ

今年はネジバナの当たり年なのか、ここ何年かで一番よく育っている。
c0164709_21154294.jpg

一つの株から、何本も茎が伸びているのもあれば、
c0164709_21154979.jpg

やたらと背の高い個体もいる。思わず、矩を持ってきて背比べをしてみた。
c0164709_21155810.jpg

大凡45cm。Wikipediaだと高さは10~40cmとなっていたけれど、ほとんど上限過ぎまで伸びている感じだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-25 21:18 | 植物系 | Comments(0)

東京名物食べある記に見る昭和初期の食堂事情

食べ歩き情報を見る趣味はあんまりないのだけれど、どうしたはずみかkindle本のお勧めに出てきて思わず買い込んでしまった。元の本は国会図書館のサイトで無償公開されているので、ネットにつながった状態でぼーっと読むのには良いのだけれども、電車に乗っている時にkindleでアクセス出来ないので、買い込んでしまった。
普通のキンドル本と違って文字情報ではなく画像ファイルなので、拡大できないし、文字がつぶれかけているようなところもあり読みやすい物ではない。
c0164709_22085033.jpg


この本、出版は昭和の初め。関東大震災後に東京では食堂や飲食店が一気に増えたらしく、普通の家族がそれらの食堂に出かけるためのガイドとして、時事新報家庭面に「食堂めぐり」として、引き続き「名物食べある記」として連載したものをまとめたものだ。

名物食べある記の方は、グルメ本で紹介されるような名店にも行っているのだと思うけれど、食堂めぐりの対象となっているのは、デパートの食堂とか大衆食堂など、今の感覚で言うなら、ファミレスから、牛丼、中華系チェーン店なんかもまな板に上げられているという感じのものだ。まな板の上げ方は凄まじく、あるデパート食堂の評価は
S「香の物寿司はこの食堂の名物だが、Mさんどうです?」M「名物に甘(うま)い物なしの譬えに漏れません」……中略……H「ビフテキは御飯又はパン付きで五十銭、定価から云ったらこの程度かも知れないが、家庭料理の域を出ない、」……中略……H「いまの林檎はもう駄目でしょう。今時果物に林檎を出すなんてとんちきだね、それにバナナをあしらうなんて、果物と季節を知らなすぎる」
などと鬼のような評価がならんでいく。もちろん、中には評価の高い店もあるのだけれども、有名店でも、その店の売りの品を頼んだのに板前が立て込んでいるといって断られたのを正面から批判する一方で、料理にはきちんと「御膳は流石にうまい」とか「てんぷらも結構」などと評価しているあたり、ブレがない。

鮨屋も出ている。京橋幸鮨は夜40銭でにぎりは、あなご1,マグロ2,たまご1、あかがい1,香ずし2。いっぽう両国橋より東の與兵衛ずしでは、並50銭で、のりまき二つ、まぐろ、こはだ、いか、アナゴという内容。数からすると、寿司一つ一つが今より大ぶりなのではないかという気もする。デパート食堂のビフテキと同程度の価格、まあ、安くはないが、いまほど高くない気もする。

興味深いのは、與兵衛ずし。「久夫はまぐろを突いて「之はトロと云うんでしょうかね」と頬張って「中々美味いが高い」とほめるのやらけなすのやら」という記述がある。トロは戦前には、安い食べ物だったと聞いたことがあるのだけれど、この記述が、普通のマグロに比べて高いことを意味するのか、それとも、安かったはずなのに、それほどでなくなっていることを記しているのかが知りたいところだ。ただ、いずれにせよ、昭和の初めにはトロが寿司として食べられるようになっていたという記録にはなっている。

今でも食べられているものもあれいば、姿を消した物もある。雑司ヶ谷芋田楽と雀焼き、目黒栗飯筍飯なんぞは素朴な感じのするものだけれど、昭和の初めには、雑司ヶ谷辺りで里芋栽培や雀取りが、そして目黒では栗や筍の栽培が普通に行われていたのだろうか。目黒は、流石に秋刀魚は出てこない。
驚いたのは、ももんじい豊田屋。ここで、一行は羆、猿、猪を食べている。ツキノワグマなら現在でも食べさせるところがある気はするのだけれど、羆は聞いた気がしない。そして、猿はなおさらだ。羆は、北海道にしか生息していないので、北海道からそれなりの時間での輸送が可能になるまでは東京で食されていたとは思えない。ということは、文明開化以降の出来事であるはずだ。豊田屋で犬や猫は出てきていないので、羆にしても猿にしても、ある地方では食べられていたものを提供していたのだろうと思うのだけれど、羆は北海道で食べられていたのは分かるとしても、猿は何処で食べられていたのだろう。そしてまた、それを東京で食べさせるのが商売になっていたのも、なかなかの驚きだ。


追記:豊田屋さんは「もゝんじや」として現存している。グルメガイドによると、猪、鹿、熊肉などが出されている模様。熊が月輪か羆かは不明。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-23 22:09 | 文系 | Comments(0)

謎のループ

昨日と同じ液晶中の析出物で、昨日の隣の場所は実に
c0164709_22242882.jpg

とループしている。角度を変えると
c0164709_22242423.jpg

なんだけれど、眺めていいるとループの部分は直線の下を通っているように見える。
不思議さはいろいろある。
一点目はループを描くこと。基本的に、アキラルなものにアキラルなものが混ざっているはずなので、本来ならまっすぐに針状にでも育って欲しいところだ。あえて、こんな感じで曲がる理由がない。背景が暗いからには液晶の配向も均一(で画面に対して垂直)で、液晶によって成長が規制されたはずもない。
それに、キラルな分子だったとしても、分子レベルでキラルなものは、大昔の立花太郎先生の仕事をみても、電顕レベルのねじれ構造になってしまいがちで、こんなにおおらかなカーブは描かないだろうと思う。
二点目の謎は、結び目がループの出発点と同じ場所になっていることで、これが偶然なのか、それとも何らかの必然があるのかは、まったく見当もついていない。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-22 22:29 | 液晶系 | Comments(0)

析出物周辺の液晶配向

c0164709_20040531.jpg

少し前の、しきその析出した液晶セル。左上から右下に伸びる線が中間だけ一寸明るくなっている。ステージを回転すると
c0164709_20040767.jpg

最初の写真では、変化が見られなかったところで明るさがぐっと変わっている。中心を走る結晶は、まっすぐ伸びているので均一なはず。だから、結晶の回りで液晶の配向が違っていると思うのだけれど、詳細不明。こんなものでも、しげしげと眺めるとよく分からないことが見つかる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-21 20:07 | 液晶系 | Comments(0)

ピンホールを使った球面収差チェック

c0164709_21115329.jpg

星空のような?写真、アルミミラーの透過だ。
おおむかし、ニコンの顕微鏡ショールームに遊びに行った時に(品物を試したり確認したりするために行ったのではなく、疑問に思っていたことを聞きにでかけた。快く対応して頂いて、Nikon Technical bulletinの在庫があるのも頂いてしまった。)、ピンホールを観察してピントを上下にずらせた時にぼけが非対象になるかで球面収差の有無が分かると教えてもらった。球面収差があれば非対象になるのだ。ピンホールとしては、アルミの蒸着ミラーにあるのが手頃だとも教えてもらった。
ふと、確かめたくなって、転がっていたアルミミラーを見たのが上の写真。補正環のある対物で、取り敢えず球面収差出まくりの状態で観察すると
c0164709_21122818.jpg

c0164709_21122558.jpg

c0164709_21122390.jpg

と確かに上下でボケ方が大きく変化する。
当然、補正環を合わせて上下でボケが同じになる写真を次ぎに掲載すべきなんだけれど、おもったような絵になっていなかった。いずれ、そのうちにと思っている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-20 21:22 | 顕微系 | Comments(0)

雁皮機械漉き薄手

昨日の越前雁皮は手漉きだけれど、本日のものは機械漉きの紙。見た目はほんわかした薬包紙といった感じ。昨日と同じように、鋭敏色板がはいっている。
c0164709_21020017.jpg

これが真ん中辺り、45度回転で
c0164709_21020582.jpg

と青色系になり、逆回転で
c0164709_21021115.jpg

と黄色系になる。これも、なかなかよく配向が確認できる。

配向のメカニズムは、流動配向だろうと思う。細長い物を揺すっていると並ぶという話はあるのだけれど、それなら漉きかたによらず、わしわし動かしていれば並びそうなものだ。並ばせるために一方向に動かす必要があるとなると、簀側と上側での流れの速さの差から揺すった方向に並んでいくというメカニズムが考えられる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-18 21:07 | 物系 | Comments(0)

越前純雁皮2匁生

c0164709_19432084.jpg


薄手の雁皮紙。鋭敏色板を入れている。紙の方向を45度傾けると全体的に色が青色側に、
c0164709_19432600.jpg

そして、逆方向に45度傾けると黄色側に色が振れる。
c0164709_19433071.jpg

他の部分で試しても同じ傾向だ。こうなるためには、1本の繊維が光学異方性を持っていて、なおかつ、繊維の方向が平均として揃っている必要がある。

少し前のテレビ番組で、鎌倉のお寺で使っている写経用雁皮紙が、紙を漉く時に簀桁(すけた)を前後左右でなく、一方向にのみ動かすことにより、繊維の方向が揃っている(その方が薄くなるらしい)というのを見て、商売柄、細長い物が揃う話には反応してしまうので、それを確かめてみたくなったのだ。
捜した範囲で、テレビで紹介されていた紙は入手出来なかったのだけれども、薄手雁皮紙でたどり着いた紙。全体的にはならんでいるけれども、それと垂直な繊維も見られる。考えて見れば、完全に同じ向きになっていると、すごく裂けやすい紙になる。平均として並んでいても、かなりの乱雑さがあるのは、紙として当然のことだろう。

お店で、ならんでいるか確かめたくなって、手持ちの偏光板を取り出してチェックしようとした。残念ながら確認できなかったのだけれど、お店の人は何をやっているのか不思議だったらしく、レジでセロテープを挟んで色をつける実演をすることになった。

[PR]
by ZAM20F2 | 2015-06-17 19:45 | 物系 | Comments(0)