<   2016年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

クレマチス咲いた

c0164709_07052290.jpg

気がついたらクレマチスが咲いていた。
c0164709_07052970.jpg

この時期、植物の移り変わりが早い。
c0164709_07053635.jpg

な写真を出すと、もう散っているなんていう突っ込みすら来てしまうかもしれない。
安心できるのは、野良チューリップ
c0164709_07055092.jpg

だいぶ前に散ったまま、不動の姿勢。
c0164709_07063551.jpg

こちらも安定している。ジャーマンアイリスの葉だとおもうのだけれど、ここ数年花がないので、正体があやふやになってきている。
地面では
c0164709_07061415.jpg

が伸び始めた。気がつくと捻れた塔が伸びてくると思う。
急いで出しておかないといけないのは
c0164709_07062680.jpg

日々大きくなっていく。大きくなると言えば
c0164709_07063009.jpg

も気をつけていないと足や手を出していなくなってしまう。


[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-27 07:17 | 植物系 | Comments(0)

藤と桐

この季節、山道を車で走っていて遠くに見える紫は藤か桐。近寄れば別物だけれど、遠目にはどちらか判断に迷うことがある。桐は紫が上に伸び、藤は紫が下に伸びている。
街中では、近場で見られるので、流石に間違える事はない。
c0164709_21440994.jpg

は藤、そして
c0164709_21461826.jpg

は珍しくも桐じゃありませんか。つい、
c0164709_21462675.jpg

c0164709_21442314.jpg

連写してしまいましたとも。
それにしても、桐、街中ではあんまり見かけない。あったのは
c0164709_21463368.jpg

な場所。
この国の人、桜以外に興味ないのか、桐の下、ほとんどの人が素通りしていく。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-25 21:48 | 植物系 | Comments(0)

一応完成

1軸性結晶の光軸を光学系の光軸から傾けると
c0164709_13312235.jpg

のような図が出てきてしまうプログラムは、問題点が見つかって、同じ条件で計算すると
c0164709_13313054.jpg

のような図が出てくるようになった。
最初の図で一番明るくなっている所をみると、入力した光よりも強い光が出ている状況なので、何かが完全に間違っているのは事実なんだけれど、なかなか問題点は見つけられずにいた。
2軸性結晶でも軸が傾いていなければ真っ当そうな図になっていたので、それからすると、ExzかEyz絡むような部分に問題があることになるのだけれど、少なくとも誘電率のテンソルに問題はなく、その後何処で間違っているか詰め切れずにいた。最終的には対称性から同じ値が出てくるべきところの中間過程をファイルに書きだして比較をして行列の添え字が間違っていたのを見つけたけれど、ExzかEyzに関連するところを丁寧に追っていたら、もう少し早く見つけられた気もする。
試みに、2軸性でさらに傾けてみても
c0164709_13313633.jpg

と、真っ当そうな図が出てくるので、一応は完成したもよう。

ところで、コノスコープのシミュレーションプログラムとしては、The conoscopic figure simulating program "ConoMap"にあるものが、作っているものよりはるかに出来がよい。今回作ったのは単色光版だけれど、リンク先は白色光でカラーの図も出てくるし、計算もはるかに速い。ただ、ソフトのソースがないので、どのような手法で計算をしているのか不明だし、さらに改造をすることも楽ではなさそう。

今回、コノスコープのプログラムを作り始めたのは、厚み方向で(層状に)屈折率の分布が変化するような構造のコノスコープをシミュレートするため。このためソースが公開されていないシミュレータは使えず、自分で元を書く必要があった。




[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-24 13:54 | 顕微系 | Comments(0)

羽化中

昆虫ではないのだけれど
c0164709_09443089.jpg

を見ると蛹から脱皮しているような印象を受ける。
c0164709_09444523.jpg

殻を脱いで全く違った物が出てくる。
c0164709_09450082.jpg

少し前は白っぽいのも同じ。
c0164709_09462565.jpg

は羽化後。花びらが羽ばたいている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-23 09:47 | 植物系 | Comments(0)

マイブーム

本はカバーをかけずに鞄に放り込んで持ち歩いていた。
そのため、もともとのカバーがぼろぼろになったり、ソフト表紙は折れ曲がったりもしたりした。
本を売ることはなかったので、それで構わなかったのだけれど、置き場所に困るようになって、只見の林と交換する気になったら、流石にぼろぼろの本ではという気分にもなっていた。
そんなときに、たまたま、本屋でブックカバー用グラシン紙を見つけて買い込んでしまった。古本屋なんかで本にカバーをかけるのに使っているちょっと透明感のある紙だ。
というわけで、買ってきた本にグラシン紙でカバーするのがマイブームになっている。
c0164709_21312670.jpg

カバーだったら、本屋でも頼めばかけてはくれるけれど、不透明のカバーでは中が見えない。その点これだと中も見えて具合がよい。
マイブームになって林と交換する予定がない本にもカバーをかけて遊んでいる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-21 21:37 | 物系 | Comments(0)

少し進歩

コノスコープの計算画像、昨日までは、2軸性の結晶の計算をすると、何故か
c0164709_21271373.jpg

なパターンが出てしまったりしていた。
まあ、デザインとしては面白いんだけれど、使い物にならないわけで、頭を悩ませていた。
悩ませた結果として、
c0164709_21272835.jpg

となり、これで大丈夫かなと思っていたのだけれど……
1軸性にパラメータを戻して、光軸をコノスコープの光軸に対して傾けたら、ダメダメな図となってしまった。
傾ける部分に間違いがあるのか、もっと根本的に間違っているのか思案中
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-19 21:30 | 顕微系 | Comments(0)

検討中

実写ではなく計算して描いたもの。中心付近に明暗が見えているのは(実際の観測条件では非干渉になっていて見えない)薄膜多重干渉による透過率の変調が出てしまっているためと思われる。
c0164709_22363243.jpg

一見よさそうなんだけれど、光軸を傾けたり、2軸性にパラメータを変えると、あるべきではない図が出てきてしまう。
何を間違えたのか検討中。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-17 22:38 | 顕微系 | Comments(0)

にわか地震談義:熊本大分どうしたの?

最初の日の地震で9名の方がなくなって、それ以上亡くなる方がでないと良いなぁと思っていたら、より大きい地震が起こって、それ以上の被害となりそうな状況になっている。亡くなった方のご冥福をお祈りし、そして、一人でも多くの方が救われるようにと願っている。
この島の上に住んでいる以上は、いずれは我が身に降りかかる可能性のある事柄で、他人事ではなく感じている。

最初に日奈久断層が動いて、M6クラスの地震が起きて、布田川断層が動いてM7クラスが起きた。気象庁は最初のM6クラスは今回の前震という言い方をしているけれど、勝手な印象としては、別の断層なので、前震、本震という関係よりは、誘発されたという言い方の方があっているような気もする。ついでに、CMT解を眺めると、なんか、M7の地震のみ断層のずれかたが違っているような気がしてしまっているのだけれど、どうなっているのだろう。

強震モニターを見ていると、熊本あたりは絶え間なしに揺れている。さらに大分でも地震が起きている。断層帯としては、熊本とは別の名前になっているけれども、中央構造線で繋がっている構造のわけで、九州の中央構造線が動いているなんていう印象だ。

通常、断層のある領域で地震が起きると、震源域の両側でその地震で動かなかったあたりが次ぎに動くという話になっている。ということは、熊本と大分で動いたら残りは、真ん中あたりとなってしまうのだけれど、それは阿蘇山のわけなのだけれど、そもそも真ん中を挟んで両側で地震が起きているとすると、実は真ん中あたりが今回の地震を引き起こしているんじゃないかという気分にもなってしまう。
阿蘇付近の地殻の膨張が生じていないか不安になってしまうところだ。これは、衛星を使った測定で可能なはずだし、きっと、そのデータを解析している人もいると思う。山腹の膨張が起こっていて、それが地震の原因だとすると、もっと被害が大きくなる危険性があるように思えてしまう。
一方、震源域が大分と熊本で止まるのかというのも気になるところだ。日奈久断層の左下の方が動けば川内原発はより大きな揺れに見舞われるし、大分の東が動けば伊方原発が激しく揺れることになる。これも気になるところだ。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-16 09:09 | 科学系 | Comments(0)

研究中?

c0164709_20554343.jpg

研究は大抵失敗するもので、上手く行く思いつきは本当に数が少ない。
で、こんな看板を見ると、失敗作がぞろぞろと出てくるんじゃないかという気になってしまう。
世間的には、研究の成果を食べさせてもらえそうなイメージになるのだろうか……
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-14 20:58 | 街角系 | Comments(0)

樹木医??

散歩していたら行き当たった病院。
c0164709_21004040.jpg

なんか、ベコニアの鉢を抱えた小母さんや、松枯れ病で困っている小父さんがやってきそうなのだけれど、診療科目を見ると植物対応ではなく動物対応。
どういうネーミング理由なのだろう……
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-13 21:02 | 街角系 | Comments(0)