<   2016年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

パートカラー

最近のデジタルカメラには、アートフィルターという謎の物がついている。自分で使ったことはないのだけれど、何をやっているのか知りたくて、フィルター列を撮影してみた。
c0164709_21193641.jpg

えっと、この画像からすると、緑と赤の重なる部分だけ色を見せているようですね。逆に、このパートカラーを使うと、感度の重なりを比較的簡単に知ることができるのかもしれない。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-30 21:21 | 科学系 | Comments(0)

LED光源

連日代わり映えのしない図柄だけれど、本日は、LED照明。
c0164709_21293594.jpg

c0164709_21292336.jpg

c0164709_21285257.jpg

いずれも昼光色なんだけれど、430nmが弱いのやら、660nmが弱いのやら、いろいろだなぁという感じ。演色性は結構高いのも混ざっているのだけれど、微妙に電球とは異なっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-29 21:32 | 科学系 | Comments(0)

ホワイトバランスによる色味変化

c0164709_21133021.jpg

これは、昨日の写真の再掲。写真用のレフランプで、デジタルカメラのホワイトバランスは電球。これを太陽光とすると
c0164709_21133920.jpg

と青が相対的に暗く、赤の色転びが少なくなる。ついでに,蛍光灯にしてみたのが
c0164709_21134530.jpg

昨日のご近所さんの疑問に答えると、電球色WBだと、610nmあたりで、Rが最大になった後、波長が長くなるとRが落ちて、Bが出てきて紫がかってくる。なかなか謎の設定になっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-28 21:18 | 科学系 | Comments(0)

明るさによる色調変化

光源は150Wの写真用レフ球(白)。カメラのWBは電球
後ろから照明して、白色のアクリル板の上に、バンドパスフィルターを並べている。範囲は430nm~660nmまで10nm刻み。
上から露出が-3、-2…2,3
c0164709_19505820.jpg

c0164709_19510228.jpg

c0164709_19511012.jpg

c0164709_19511541.jpg

c0164709_19512059.jpg

c0164709_19512395.jpg

c0164709_19512838.jpg

人間の目は明るさがかなり変化しても、同じ色に見える事になっているのだけれど、このカメラ、だいぶ変化してしまっている。また、前にも書いたけれど、600nm台の赤が紫になるのは、かなりいただけない。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-27 19:56 | 科学系 | Comments(1)

逆さま

c0164709_21130121.jpg

とある博物館の一コマ。スライドを拡大して見るために、ルーペがおいてあるのだけれど、上下逆になっていた。正しい方向にすると、目をくっつけないと見えない。でも、逆さになっていると、目を離していても一部は見える。
というわけで、ルーペ、逆さまに使われている模様。

ルーペの使い方、目をルーペに近づけるというのは、業界人には常識でも、普通の人は虫眼鏡みたいに、目から話して使ってしまうので、もう少し違う物を置いといた方が良さそうな気がする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-23 21:16 | 科学系 | Comments(0)

黄色ではない

c0164709_22323697.jpg

c0164709_22322326.jpg

今日の画像は、背景が黄色っぽいけど、これは、オレンジフィルター。さらに赤フィルターだと
c0164709_22332810.jpg

c0164709_22350566.jpg

と背景は黄色っぽいままだけれど、だんだんと黒いままのフィルターが増えていく。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-22 22:35 | 科学系 | Comments(0)

黄色くない

c0164709_21555425.jpg

c0164709_21553613.jpg

昨日と似た画像だけれども、右下3つくらいが黒くなっている。
何をやったかというと、フィルムカメラ時代の黄色の整色フィルターを通して撮影している。
その割りに、背景が黄色くなっていないわけだけれども……
たぶん、背景部分については露出が過度で飽和しているためだと思う。背景の黄色が分かるようにすると、たぶん、色味が暗くなりすぎる。どうした物かと思案中。
それにしても、昨日の画像も今日の画像も580nmあたりが黄色より黄土色に近い感じになっている。露出をさらに増やすと黄色になるけれども……、スペクトル色の黄色の再現は結構難しい。昔のフィルムではどうだったのか、少し気になっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-21 22:00 | 科学系 | Comments(0)

色味の違い

c0164709_17470648.jpg

c0164709_17465156.jpg

写っているのは、前にも出した10nm間隔のバンドパスフィルター。440nmスタート。
後ろから、普通の60W電球で照明。カメラのホワイトバランスは電球固定。
同じレンズなので、レンズにより色味の違いはない。
下のものが、600nm台で紫がかっているのは、青の画素がこの波長で感度を持ってしまっている為と思われる。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-20 17:50 | 科学系 | Comments(0)

1970年高崎機関区

c0164709_20371631.jpg

いわゆる扇形車庫。前後のある蒸気機関車の寝座だ。
c0164709_20370109.jpg

写真には写っていないけれど、扇の中央には転車台がある。
c0164709_20373195.jpg

は車庫の中に鎮座していた蒸気機関車。この時代、蒸気機関車の他に
c0164709_20374708.jpg

も居た。
テンダー車は八高線だとおもうけれど、C11は構内入れ替えようかしら。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-17 20:41 | フィルム | Comments(0)

1970年都電16系統大塚窪町

c0164709_20574645.jpg

後ろは都バスの車庫。車庫は今でもあるけれども、再開発が進んで、一面ビルになっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-15 20:59 | フィルム | Comments(0)