非推奨

はずれとはずれ(その2)の顕微鏡写真の撮影風景の様なもの。カメラからは2本のコードが伸びている。
c0164709_14013634.jpg
風景の様なものと記したのは、実際には、カメラの背面モニターではなく、USB接続のPC上で画像の確認や撮影操作を行っているから。実際の撮影時には背面モニターはたたみ込まれている。最近のデジタルカメラは、無線を使ってタブレットやスマートフォンと接続出来るものが多く、それはそれで便利なのだろうけれども、PC接続の方が、PC画面でピントチェックをして、深度合成範囲を決めて、撮影しながら取り込んで、すぐに深度合成して結果を確認することができるので便利ではないかと思う。

少し前までは、USB経由PC接続で撮影できるのは、N社とC社のみだった。N社の現状は知らないけれども、C社はカメラを買うとUSB接続ソフトは無料で手に入る。O社は、E3の昔は、USB接続ソフトがあったけれど、操作と取込みのみで、ライブビューは出来なかった。ライブビューのようなことをするためには、PCにビデオキャプチャーをつけて、カメラの出力を拾ってくる必要性があり、実用性は低かった。
最近になって、O社は再びUSB接続ソフトを出して、これは無料で入手できるし、PC上でライブビュー可能となった。さらにカメラが完全電子シャッター対応なので、接写や顕微鏡撮影用としてはかなり具合がよい。取込んでPCに記録するファイル名も自分で決められるので、メモ代りに使える。
というわけで、O社のカメラを顕微鏡に乗っけていて、コードの1本はUSB接続だ。
もう一本は電源ケーブル。と書くとO社のカメラを使っているひとは疑問に思うだろう。C社や、それからP社なんかは、電池ボックスに差込むタイプのAC電源があり、それだけでAC電源駆動が可能になるのだけれど、O社の場合は、カメラの下に謎のグリップを1段か2段つけないとAC電源供給が出来ない仕様なのだ。
 それにも関わらず、グリップなしでコードが出ているということは、電池ボックスに装着するAC電源を使っていることになる。
 使ったのは、互換バッテリー。これを分解して、中の電池を取出して、代りにDC電源に接続している。互換バッテリーでなく、正規品でも良かったのだけれど、値段を考えると、正規品の分解は躊躇する。いずれ、今使っている正規品の寿命がきたら、作り替えるかもしれないけれど。
 互換バッテリー、分解してみたら、セルが直列で2つ入っていた。本体接続部分には回路が入っていて、電池と回路の接続は3カ所。一つは直列の負、もう一つは、直列接続の正、そして3つめは中間電位。で、最初は正負の2極のみDC電源を繋いで7.6V入力にした。これで、一応は動作したのだけれども、バッテリー残量がほぼ0の警告が点灯する。多少入力電圧を上げても状況は変らない。ということで、±3.6Vを接続して、中間電位にグランドを繋ぐことにした。
使っている電源は他の目的でネットオークションで入手したもの。元々+18V(最大)と-18Vが独立に(でも電圧の絶対値は同じっぽい)出る電源だったので、それを、そのまま使った。この改造の結果、残量0の警告が出ることなく、動作するようになった。

これで、顕微鏡や接写時に電池の残量を気にすることなく撮影できるので、随分と幸せになったのだけれども、やってみて、かなり非推奨。残量0警告は出なくなったと書いたけれども、実は、この電源を入れた状態で、カメラの電源を入れても動作が開始しない。でも、使う前に、充電池でカメラを動作状態にして、電源をOFFにしてから、この電源に入替えて、カメラをONにすると、ちゃんと立上がって、その後は問題なく動作する。長期に使っていなかったあとの立上げでは大きな電流値が必要で、それが満たされていないのかと推測している。それなら、適当なコンデンサを入れておけばクリア出来そうだけれども、根性無しなのでやっていない。

それから……、取出した充電池の処理は困っている。充電池の回収ボックスにしらっと放り込むことも考えたけれど、外装がないので、下手に上から別の電池が降ってきて傷つくと発火する危険性もあると思う。捨てられずにため込まれたままになっている。

あと、経験的に分ったことは過大入力で充電池の回路が壊れる。最初は7.6V入力で使っていたので、改造後に、寝ぼけて±7.6Vをつなげたことがあり、カメラは動作しなかった。しばらくして、過電圧に気がついて、カメラ本体を壊したかとおそるおそる充電池に戻したら、問題なく動作した。ただ、これは、単に運が良かったためかもしれず、運が悪いとカメラ本体が壊れるだろうと思う。

このやり方、推奨する訳にはいかないのだけれども、Webにさらしておいて、O社の人が、こんな需要もあるなら製品化と思ってくれればいいなと思っている。というのは、O社のカメラが某量販店においてあるときに、このタイプのAC電源で動いているのを見たことがあり、内部的には、これの全うなのが存在しているはずだと確信しているので。


[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-14 14:02 | 顕微系 | Comments(0)

はずれ その2

コツブゲンゴロウの他にハネカクシの類いにも回折格子構造があるやつがいると聞きつけたのだけれど、ハネカクシの種族すら分かっていない身の上なので、とりあえず、外国産ハネカクシを拾ってきた。
c0164709_21020256.jpg

顔のあたり、クローズアップすると
c0164709_21020697.jpg

なかなかに怖い感じ。でも、あんまり回折格子っぽくない。
60倍対物で覗いてみると
c0164709_21021037.jpg

構造色の色違いが見えるのはすてきだけれど、どう見ても、これも回折格子ではない。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-11 21:04 | 動物系 | Comments(2)

はずれ

コツブゲンゴロウが回折格子構造による構造発色をしているという話を聞きつけて、中野に探しにいったのだけれど、お店には不在で代わりにツブゲンゴロウを拾ってきた。
c0164709_18520862.jpg

それにしても小さい……。一応M4/3で等倍程度の撮影でこの状況。コツブはこれより小さいのだろうか。
c0164709_18522378.jpg

拡大して注意深く観察するも,色の具合は回折格子っぽくない……
60倍の対物レンズで眺めてみると
c0164709_18542700.jpg

コツブゲンゴロウと違って不規則な構造が並んでいる。
どう見ても、回折格子構造ではない。はずれだったようだ。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-09 18:55 | 動物系 | Comments(0)

炭酸カルシウムと二酸化ケイ素

MWSさんの微化石プレパラート
c0164709_09213567.jpg

ちり一つない状態でやってくるので、暗視野で見ても
c0164709_09220455.jpg

ご覧の通り。ついでに、偏光クロスニコルだと
c0164709_09222071.jpg

暗視野とは随分と異なった画像になる。
偏光で明るくなるのは炭酸カルシウム系のもの。暗視野で輪郭のみで暗くなるのは、光の波長より大きいレベルで構造が均一になっていて、形状も平面的で散乱が少ないものだと思う。有孔虫も内部輪郭以外は散乱が少ない印象がある。クロスニコル下で複屈折があるので、これらは基本的には結晶性だろうと思う。非晶でも原子の配列に方向性があれば、複屈折は生じるだろうけれども、普通に考えると、そんなことはありそうにない。一方、二酸化珪素の骨格は複屈折がない。二酸化珪素でも結晶だと複屈折があるから、これらは基本的に非晶性なのだろうと思う。

結晶と非結晶の違いが、これらの物質の特性によるのか(非晶の炭酸カルシウムなんてあんまり聞いた気がしないが、二酸化珪素は結晶にも非晶にもなる)、生物がこれらを固定するプロセスによるのかは知らないけれども、特に二酸化珪素の方は、高融点の物質であるだけに、室温程度の環境で(ゾルゲル法なんてのはあるけれど、それでも生物が生きていけない程度の高温での焼成が必要だと思う)形成するのは不思議なところだ。
ところで、炭酸カルシウム系のもの、貝形虫だと偏光顕微鏡のステージを回転しても均一に暗くなる状態を作り出せない。
c0164709_09482300.jpg

c0164709_09482692.jpg

c0164709_09475373.jpg

一方、マナマコの方は、ある角度で、骨片全体が消光する。
c0164709_09482814.jpg

c0164709_09484372.jpg

c0164709_09484827.jpg

クルマナマコはステージを回転しても見た目は変わらないのだけれど、コノスコープ観察をすると、光軸がガラス面に垂直(顕微鏡の光軸に平行)であることが分かる。
これらの観察結果からマナマコでは光軸が面内にある単結晶で、クルマナマコは光軸が垂直方向にある単結晶と言いたくなるのだけれども、これらの骨片の形は、普通の結晶成長の話から言うとあり得ないものだ。結晶の平衡形状は、それぞれの結晶面の表面エネルギーの違いにより定まっているとされていたと思う。そこからすると、結晶面を無視している、あんな曲線形状はありえない。それ以上に、穴を開けて表面積を増やすなんてことはあり得ない。もちろん、多結晶集合体だったら、全体がどんな形状になっていても、構成する微結晶が物理化学的に問題のない形状だったら文句はないのだけれども、光学的に均一な構造体があんな形状になられると、途方にくれてしまう。


[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-08 09:58 | 科学系 | Comments(0)

クモユニ

c0164709_10582994.jpg

えらく久しぶりに見た気がする。まだ、本来の用途で使われているのだろうか?
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-07 10:59 | Comments(0)

発見

辻町に妙なものを置いてることにある八百屋がある。年末においてるかなと立ち寄ったらありましたとも
c0164709_20222133.jpg

さすがに、本体はなかったけれど、これがあれば十分だ。内容量1.8Kgとなっているけれども、あけたら3/4玉だった。
なかなか幸せな気分。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-04 20:30 | 街角系 | Comments(0)

三協さん……

街中の看板
c0164709_18084831.jpg

博物館といっても、建物のショーウィンドーがすべて
c0164709_18091721.jpg

オリンパスが辰野あたりに工場をもっているのは知っているけれど、創業は信州の気がしないのだけれど……
ヤシカは確か八州精機がもとだから、信州ばりばり。
c0164709_18092878.jpg

マミヤさんと
c0164709_18093709.jpg

ミランダさんも信州に工場があったのかしら。あんまり信州で設立された気がしない。となりのロード35は岡谷の製糸メーカーと東京光学が出資してつくった岡谷光学機械という会社製らしい。
この博物館、スチルカメラに限定している為か、三協さんが入っていない。
三協はオルゴールで有名だけれど、1970年頃には8mmカメラも作っていたはず。諏訪のメーカーだから、生まれも育ちも信州といってよいかと思う。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-03 18:27 | 街角系 | Comments(0)

はまる

このあたりでは、野生動物の肉での街おこしを考えているらしい。
c0164709_21460684.jpg

なんていうのの他、町中にも
c0164709_21464160.jpg

こんな看板がある。どんなトラップかと導かれていくと
c0164709_21471087.jpg

店の前はこんな状況。
どうやら、獣の肉を勝手にやいて食べるようだ。きちんと火を通さないと寄生虫が危ないかもしれなそうな店だ。
店の名前は
c0164709_21472686.jpg

はまると読むらしい。どうやら罠の相手は四つ足ではなく二つ足のようだ。
野生動物として、猪鹿熊中心の模様。熊はもちろん月輪。昭和初期の食堂ガイドのももんじやでは、羆や猿も食べさせていたようで、その頃に比べると獣といっても食べる肉の種類は減っているのかもしれない。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-02 21:51 | 街角系 | Comments(0)

はじめました

冷やし中華は風物詩みたいなものだけれど
c0164709_19260315.jpg

には意表をつかれた。これも季節ものだったのかしら
[PR]
# by ZAM20F2 | 2017-01-01 19:27 | Comments(0)

ミスマッチ

山と渓谷と言えば岳人と並ぶ山屋さんの本。通称ヤマケイではある。
c0164709_22591670.jpg

岳人よりはちょっと洒落た感じのタイトルだから、コーヒーとレストランくらいだったら、あってるかなという感じはするのだけれど(岳人だったら、釜で炊いた飯と豚汁ぐらいが出てきそうだ。それともおむすびかな)、手打ち蕎麦と言われると……信州とはいえども、なんか違和感がある。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-31 23:01 | Comments(0)

そろばん風

c0164709_21574051.jpg

本堂の横にある計数器、眺めていたら守衛のおじさんがよってきて説明してくれた。
c0164709_21585545.jpg

そろばんみたいに、下の方を10数えたら、上を1コマ動かすのだそうで、一つのブロックで1人前、これだけで4人が並列に使える計数器とのこと。
おじさん、「若い人にはそろばんといっても分からない」と言っていた。いや、確かに若くはないけどさ……


[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-28 22:00 | Comments(0)

お参り中

敷地内禁止とにべもなく掲示を出しているところが多い中、
c0164709_08445762.jpg

は、なかなかに洒落ていてすてきだなと思った。
あるいは、関係者の中に大ファンがいるのかもしれないけれど。一方
c0164709_08451262.jpg

なのは、落下事件の現場として当然だろう。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-25 08:46 | Comments(0)

今宵

c0164709_21443584.jpg

c0164709_21443856.jpg

9時間前は
c0164709_21453725.jpg

c0164709_21454007.jpg

で、33時間前は
c0164709_21461536.jpg

だったりする……

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-24 21:46 | Comments(0)

山東菜

近所のスーパーで山東菜を売っていたので発作的に買ってしまった。売っていたのは、
c0164709_17405871.jpg

な菜っ葉のような状況で、食べ方としては
c0164709_17410231.jpg

なんかが書いてあった。
いや、でも、これ、前に八百屋で見た山東菜とは別物だ……
前に見た山東菜は巨大な白菜。もっぱら漬け物にする品。
普通の白菜に比べて、しっかりしていて、長期間の保存に耐えるらしい。戦前に世田谷あたりで子供時代を過ごした人の話によると、毎冬12月頃に山東菜の漬け物を家で作って一冬食べていたという。母親が埼玉の利根川に近い方に縁がある人だったから山東菜にはなじみがあったのだろうと思う。
漬け物用の巨大白菜バージョンは、見る機会がほとんどないのだけれど、でも菜っ葉として流通していれば種としては保存されるわけでめでたいことかもしれない。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-18 17:48 | 植物系 | Comments(0)

初氷

気がついたかぎりで、本日初氷
c0164709_20595737.jpg

は凍った後に落ちたもの
c0164709_21000180.jpg

は凍る前。そして
c0164709_21000785.jpg

はだいぶ前からいる物もの。
c0164709_21001186.jpg

霜柱もすっくとしている中、
c0164709_21001550.jpg

冬芽、育っている感じ。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-17 21:01 | Comments(0)

すっく

寒空の中、オブジェのようにすっくとしたオクラ
c0164709_21221889.jpg

来年に向けて種を取ろうかと、収穫していなかったのだけれど……
c0164709_21220987.jpg

はや1ヶ月以上、熟した感じもなく、すっくとしている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-11 21:23 | 植物系 | Comments(0)

鉛筆ではない

c0164709_22104945.jpg

デッサン用の鉛筆にも見えそうなもの。確かに黒鉛なのは間違いないけれども
c0164709_22110443.jpg

側面の印字をみると、なんか電流を流しそうな品。その正体は……
c0164709_22111405.jpg

カーボンアーク灯の電極。
放電すると減っていくので、電極間の距離を調整する必要もある。
映写用だけでなく、舞台のスポットライトにも使われていたらしく、照明のアルバイトで、アーク灯を使っていて、電極調整しながら使っていたよなんて話を聞いた事がある。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-07 22:15 | 物系 | Comments(0)

パートカラー(II)

パートカラーには残す色を指定する機能もあったりする。指定する場所によっては、
c0164709_21033996.jpg

やら
c0164709_21033286.jpg

やら
c0164709_21033682.jpg

のように、そこそこ広い波長範囲の色が残る。これは、それぞれの単色の画素のみが感度を持っている領域に対応すると思う。逆に、2つの色の画素が感度を持っているあたりを指定すると、選ぶ場所によるけれども
c0164709_21053791.jpg

やら
c0164709_21053345.jpg

のように、ほぼ一つの波長に限定されることも、
c0164709_21054559.jpg


c0164709_21054192.jpg

のように2つぐらいに広がる事もある。
おそらく、3つの色の画素がある比率となっている場所を設定すると、その組み合わせ以外は、モノクロになるのだろうとおもうのだけれど、ということは、グレーの場所を指定すると、一面グレーになるのだろうか?
単色フィルターでは試せないけど、カラーチャートなら可能なので、いずれ試してみようと思っている。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-06 21:08 | 科学系 | Comments(0)

モノクロフィルター効果

白黒フィルムを使っていたころは、黄色やオレンジのフィルターを使って、空の明度を落としてコントラストをつけて遊んだりしていた。
最近のデジタルカメラのモノクロモードには、こうしたフィルター効果を設定できるものがある。単純には青系の画素のシグナルを弱めるという操作だろうと思うのだけれど、それがどれだけ整色フィルタの効果を模倣できるのか、少しばかり興味があって、ここのところのフィルターで試してみた。
まず、フィルターなし
c0164709_17354676.jpg

黄色フィルター
c0164709_17360163.jpg

黄色フィルター効果
c0164709_17361457.jpg

オレンジフィルター
c0164709_17362623.jpg

オレンジフィルター効果。なんか黄色とあんまり変わっている気がしない。たぶん、緑の途中でカットするなんて芸ができないためじゃないかと思う。
c0164709_17363728.jpg

赤フィルター
c0164709_17364318.jpg

赤フィルター効果。赤フィルターと違って、緑が随分と残っているけれども、完全に赤だけにすると、実効的な分解能が落ちるためかもしれない。
c0164709_17365061.jpg

緑フィルター(PO0)
c0164709_17365589.jpg

緑フィルター効果
c0164709_17365953.jpg


シャープカットフィルターの方は、さすがに、フィルターのように、ある波長でシャープにカットには鳴っていない。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-04 17:44 | 科学系 | Comments(0)

フィルターによる変化

今回は、モノクロ用フィルターによる変化
まずはフィルターなし。
c0164709_21361993.jpg

画像からすると光源はLEDですね。黄色フィルターをかけると
c0164709_21362474.jpg

オレンジで
c0164709_21363040.jpg


c0164709_21363547.jpg

そしてPO0
c0164709_21364299.jpg

とPO1
c0164709_21364665.jpg

当たり前の話だけれど、バンドパスフィルターのバンド幅は結構狭いので、色フィルターを書けても色味は変わらず、単に明るさが落ちるだけだ。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-02 21:41 | 科学系 | Comments(0)

大銀杏

c0164709_21493366.jpg

撮影は二の酉の日。でも場所は酉の市のそばの
c0164709_21494892.jpg

のある境内


[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-12-01 21:51 | 植物系 | Comments(0)

パートカラー

最近のデジタルカメラには、アートフィルターという謎の物がついている。自分で使ったことはないのだけれど、何をやっているのか知りたくて、フィルター列を撮影してみた。
c0164709_21193641.jpg

えっと、この画像からすると、緑と赤の重なる部分だけ色を見せているようですね。逆に、このパートカラーを使うと、感度の重なりを比較的簡単に知ることができるのかもしれない。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-30 21:21 | 科学系 | Comments(0)

LED光源

連日代わり映えのしない図柄だけれど、本日は、LED照明。
c0164709_21293594.jpg

c0164709_21292336.jpg

c0164709_21285257.jpg

いずれも昼光色なんだけれど、430nmが弱いのやら、660nmが弱いのやら、いろいろだなぁという感じ。演色性は結構高いのも混ざっているのだけれど、微妙に電球とは異なっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-29 21:32 | 科学系 | Comments(0)

ホワイトバランスによる色味変化

c0164709_21133021.jpg

これは、昨日の写真の再掲。写真用のレフランプで、デジタルカメラのホワイトバランスは電球。これを太陽光とすると
c0164709_21133920.jpg

と青が相対的に暗く、赤の色転びが少なくなる。ついでに,蛍光灯にしてみたのが
c0164709_21134530.jpg

昨日のご近所さんの疑問に答えると、電球色WBだと、610nmあたりで、Rが最大になった後、波長が長くなるとRが落ちて、Bが出てきて紫がかってくる。なかなか謎の設定になっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-28 21:18 | 科学系 | Comments(0)

明るさによる色調変化

光源は150Wの写真用レフ球(白)。カメラのWBは電球
後ろから照明して、白色のアクリル板の上に、バンドパスフィルターを並べている。範囲は430nm~660nmまで10nm刻み。
上から露出が-3、-2…2,3
c0164709_19505820.jpg

c0164709_19510228.jpg

c0164709_19511012.jpg

c0164709_19511541.jpg

c0164709_19512059.jpg

c0164709_19512395.jpg

c0164709_19512838.jpg

人間の目は明るさがかなり変化しても、同じ色に見える事になっているのだけれど、このカメラ、だいぶ変化してしまっている。また、前にも書いたけれど、600nm台の赤が紫になるのは、かなりいただけない。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-27 19:56 | 科学系 | Comments(1)

逆さま

c0164709_21130121.jpg

とある博物館の一コマ。スライドを拡大して見るために、ルーペがおいてあるのだけれど、上下逆になっていた。正しい方向にすると、目をくっつけないと見えない。でも、逆さになっていると、目を離していても一部は見える。
というわけで、ルーペ、逆さまに使われている模様。

ルーペの使い方、目をルーペに近づけるというのは、業界人には常識でも、普通の人は虫眼鏡みたいに、目から話して使ってしまうので、もう少し違う物を置いといた方が良さそうな気がする。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-23 21:16 | 科学系 | Comments(0)

黄色ではない

c0164709_22323697.jpg

c0164709_22322326.jpg

今日の画像は、背景が黄色っぽいけど、これは、オレンジフィルター。さらに赤フィルターだと
c0164709_22332810.jpg

c0164709_22350566.jpg

と背景は黄色っぽいままだけれど、だんだんと黒いままのフィルターが増えていく。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-22 22:35 | 科学系 | Comments(0)

黄色くない

c0164709_21555425.jpg

c0164709_21553613.jpg

昨日と似た画像だけれども、右下3つくらいが黒くなっている。
何をやったかというと、フィルムカメラ時代の黄色の整色フィルターを通して撮影している。
その割りに、背景が黄色くなっていないわけだけれども……
たぶん、背景部分については露出が過度で飽和しているためだと思う。背景の黄色が分かるようにすると、たぶん、色味が暗くなりすぎる。どうした物かと思案中。
それにしても、昨日の画像も今日の画像も580nmあたりが黄色より黄土色に近い感じになっている。露出をさらに増やすと黄色になるけれども……、スペクトル色の黄色の再現は結構難しい。昔のフィルムではどうだったのか、少し気になっている。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-21 22:00 | 科学系 | Comments(0)

色味の違い

c0164709_17470648.jpg

c0164709_17465156.jpg

写っているのは、前にも出した10nm間隔のバンドパスフィルター。440nmスタート。
後ろから、普通の60W電球で照明。カメラのホワイトバランスは電球固定。
同じレンズなので、レンズにより色味の違いはない。
下のものが、600nm台で紫がかっているのは、青の画素がこの波長で感度を持ってしまっている為と思われる。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2016-11-20 17:50 | 科学系 | Comments(0)