タグ:プロジェクトT ( 184 ) タグの人気記事

れっどえんはんさない

デモ用のグリーンフィルターが欲しくて、コガネムシを探しに行くついでに駅の反対側のカメラ屋のジャンクコーナーに行ったら、レッドエンハンサーも転がっていたので思わず買い込んでしまった。
c0164709_21272383.jpg

左側はレッドエンハンサー。赤色を強調するフィルターなら、赤みを帯びていそうなのだけれど、どちらかというと緑系の色に感じる。右側は、PO1。淡い方の緑色フィルターだ。レッドエンハンサーをオレンジフィルターに重ねると赤みが増すように見える。
c0164709_21272764.jpg

一方の緑色フィルターは赤みが増す感じはしない。もっとも、オレンジフィルターによって効果が違っていて目視では
c0164709_21272927.jpg

小さいフィルターの方が赤みが増すように見えるのだけれど、写真では、あんまり赤みが増したようにはなっていない。カタログ上ではフィルムカメラ用でデジタルカメラ用にはなっていないは、このためだろと思う。
レッドエンハンサーを買い込んだのは、見た目と赤色強調の関係が不思議だったからだ。そこで、透過スペクトルを調べてみると
c0164709_21322780.jpg

レッドエンハンサーは580のオレンジの辺りに強い吸収がある。従って、オレンジフィルターと重ねると、透過する波長が長波長からになって、より赤くなるように見えるわけだ。
ところで、レッドエンハンサーのスペクトル、どこかで見たことがある記憶があった。というか、ケンコーの波長校正フィルターの気がして調べたら、波長校正用フィルターV-10がピッタリだった。なんか、V-10を画期的に安価で入手でき、使うあてはないけれど幸せな気分だ。
V-10は大昔からあるフィルターで、誰がこのフィルターを赤み強調として使う事を思いついたのか興味あるところだ。なんか、たまたまフィルターを通して物を見たら赤が鮮やかに見えてなんてセレンディピティ的な話を想像してしまうのだけれど、どうなのだろうか。
そして、目で見て赤みが増すのが写真で再現出来ないのは、目の錐体とカメラの3種の色分解の感光特性が違っているためなわけで、赤みがまさない写真を長めながら、RGBでなくLMSの色フィルターのカメラが市販されないかと改めて思っている。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-11-29 21:40 | 科学系 | Comments(0)

水滴内の光路(2)


昨日の写真はスリットを入れたものだけれど、スリットを入れていないと
c0164709_22011035.jpg
と、連続した分布が見えるようになる。昨日も記したように、ガラスの一部を鏡面化して光を反射しているようになっている。容器を回転して2回目の反射(の一部)も反射するようにすると

c0164709_22011255.jpg
と、虹の二つ目の角度も見えるようになる。前に、反射屈折だけで虹の色が生じるのかを議論したけれども、これをみても、あんまりエッジで色が見えていない気がするだろうと思う。一方
c0164709_22010820.jpg
と、一部だけに光を通すと、外側の所に色調が見えるようになる。フラスコを使った虹のデモ実験は、だいたい、そんな条件で行われているのだろうと思う。

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-08-23 22:06 | 科学系 | Comments(0)

水滴内の光路

虹の解説図には水滴内の光路を描いているものが多い。それをリアルにやろうとしたのが
c0164709_21575494.jpg

だ。これだと、水滴内相当光路が見えないので、毎度おなじみの栄光色素を入れると
c0164709_21575931.jpg

なる。この写真は秤量瓶をつかっている。ガラスの厚みは瓶の直径に比べてかなり小さいので、内部の水の屈折率で決まる光路をほぼ再現出来ているだろうと思う。

でも、この写真をみて、首をかしげて欲しい。というのは、水の屈折率は1.33、ガラスの屈折率は1.5程度なので、ガラス空気の反射率は4%程度しかないからだ。つまり光は戻ってくることなくほとんど通り抜けるので、上の写真のように、抜ける光が見えない状況になるはずがない。

実は、秤量瓶の一部を鏡面化してあり、その部分で入射光を受けている。鏡面化していない部分に光が当たるようにすると
c0164709_21580315.jpg

となる。これが本来の姿だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-08-22 22:04 | 科学系 | Comments(0)

集光

プロジェクトTは一段落してしまって、新しいネタがないのだけれど、使われずに埋もれているのがあるので、ポチポチと出していこうかと思っている。
c0164709_22063835.jpg

は凸レンズによる集光で、光はそのまま出したもの。スリットを通すと
c0164709_22065781.jpg

となるのだけれど、光を強くしようとしたら、なんか光が二筋になっている。それを防ぐと
c0164709_22065427.jpg

と暗くなる。最近の、ISO感度が高く出来るカメラならもっと何とかなりそうなのだけれど、取り敢えずこれが手一杯。
いずれ、取り直したい気分はある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2014-08-21 22:10 | 科学系 | Comments(0)

撮影風景

レンズに光が通る写真は
c0164709_12443446.jpg

な感じで撮影している。
レンズの右側にあるのは、10cm角のガラス板に、カモイの黒い写真用テープをはって、カッターで5mm間隔で1mmの線を切り抜いてスリットとした物。右側kら平行光線を入れて、光の筋をだす。光は少し下の方向に角度をつけてレンズの下に敷いた紙に光が当たるようにしている。
光源部分は
c0164709_12443852.jpg

な感じ。OM135mmをオートエクテンションにつけて、カメラボディーの代わりに、OM-Cマウントアダプタをつけて、CマウントのちょっとしたホルダーにLEDをつけている。OM135とオートエクステンションは∞遠が出る構造なので、フィルム面にLEDをおければ平行光線がでる。
LEDは、だいぶ前に秋月で買った砲丸型のもの。ただし、頭を削って平らにしている。
c0164709_12445227.jpg

上が加工前。これで使うとどうやら、光源の実効面積が増えてしまうらしく、スリット通過後の光が拡がってしまう。最初は、15度集光のLEDだとレンズを有効に使えそうにないので、削ったのだけれど、それ以上によい効果があった印象。
少し前の写真で線が二重になったのは、側面辺りからの光がレンズに入ったのかなと感じている。ので、側面に黒いテープを巻くように変更した。

※この写真ではEOS50Xが使われているけれど、E3で撮影する方が多い。コンピュータ画面があると、結構撮影の邪魔になるので、カメラ単体で、バリアングルファインダーでライブビューの方がスムーズに作業がすすむ。この時はNikon-4/3アダプターが不明になっていてEOS50Xの出番となった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-06-16 12:53 | 科学系 | Comments(0)

集光と発散

レンズの前にスリット(といっても、ガラス板に黒いマスキングテープを貼って、カッターで1mm程度のスリットを切り出したものだ)を入れてみたもの。
凹レンズだと、
c0164709_2184687.jpg

と素直に拡がるだけで、普通の科学写真風になる。
一方凸レンズだと、
c0164709_2184427.jpg

と集光するけれども、レンズの端の方からの光は随分と前に集光している。球面収差というやつだ。
普通の科学写真だと、レンズの中心部分のみ使って、球面収差は出さないようにするのだけれど、ここでは、あえてというか、思わず球面収差が入った状態だ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-06-12 21:13 | 科学系 | Comments(0)

SHIMADZU Optical Disc Accessories Set

ここのところ出している凸レンズの集光などで使っているのは
c0164709_21431972.jpg

だ。もちろん、新品ではなく、ネットオークションを経由してやってきた。中身は
c0164709_21431779.jpg

中央の大きな円は、水を入れる水槽。左上の二つはミラー。右下の棒は、なんだかよく分からない。右上はナイフエッジ。あとは、硝子製品だ。ガラスは一面のみスリであとは透明になっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2013-06-11 21:46 | 科学系 | Comments(0)

地上での色つきシャボン玉 飛ばす

雨が上がったので、色つきシャボン玉遊びをする。一人で飛ばして、それからカメラを構えるので、なかなか思ったような写真が撮れない…
c0164709_188474.jpg

c0164709_1885010.jpg

c0164709_1885243.jpg

c0164709_1885340.jpg

c0164709_1885411.jpg

次は地上に落ちてしばらくたったもの。上部がいわゆる黒膜状態になっている。
c0164709_1885747.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2012-05-04 18:10 | 科学系 | Comments(2)

地上での色つきシャボン玉 また

2年前の夏に、「地上での色つきシャボン玉」に関するエントリーを記した。その時の結論は、食用色素102号(ニューコクシン)は水に20%程度溶けるけれど、10%程度の濃さでシャボン玉を作れば、かなりはっきりした色のシャボン玉が出来るだろうというものであったのだけれど、ざっくり探したところ、500g缶しか見当たらなかったので、そこで止まっていた。
その後、実は、河童橋で50gパッケージを見つけて入手していたのだけれど、実際に実験をすると、そこら中が赤くなりかねないので、そのままにしていた。ところが、何故か昨日に地上の色つきシャボン玉のエントリーが人気だった(といってもたかがしれているけど)ので、雨だから、その辺が赤くなっても水で洗い流されるだろうという腐った根性も手伝って、思わず、市販のしゃぼん液に10%程度混ぜてみることにした。
これが色素
c0164709_17242247.jpg

50gで1200円弱。空中をただよっているところの写真は撮れていないのだけれど、コンクリに落ちたところは
c0164709_17242911.jpg

で、草の上に落ちたところは
c0164709_17242696.jpg

だ。2年前に比べて、だいぶ濃くなっている。
もっとも、きちんと膨らますと、随分と色は薄くなって見えない程度になってしまう。
シャボン玉ってつくづく薄い膜だと改めて感じた。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-05-03 17:27 | 科学系 | Comments(0)

絞り付き

カメラのブレチェックに使った対物レンズには絞りがついている。絞り込めばNAが低下するので分解能が低下するわけである。
というわけで、絞り全開から、だいぶ絞りを絞った状態まで
c0164709_2125031.jpg

c0164709_2124770.jpg

c0164709_2124529.jpg

一番下では、縞構造が見えなくなっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2012-01-10 21:03 | 顕微系 | Comments(0)