タグ:道具 ( 282 ) タグの人気記事

流行中……

ここ数日、内田洋行の烏口がサイトの中でもっともアクセスの多い(といっても1桁に限りなく近い2桁だ)ページになっているのだけれど、何故なんだろう。
c0164709_21412785.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-07-13 21:42 | 物系 | Comments(0)

窓鋸の銘

大昔の山林伐採鋸に関するエントリーに上げた鋸の銘についてのコメントを頂いた。商標として「片道」とあったのを、私は返品なしと理解したのだけれど、土佐鋸は地名から来た「片}+「個別の名称」だそうで、その一つではないかとのお話であった。

鋸を買った店には土佐の打ち刃物もあったので、土佐から仕入れていることは間違いないので、鋸の銘も、ご指摘の通りに土佐一派のどこかなのだろうと思う。前のエントリーでは銘の部分を掲載していなかったので、改めて銘を掲載することにした。
c0164709_1252913.jpg

こちらが、窓鋸の銘。
ついでに、同じ店からの普通の伐採鋸。窓は開いていないタイプで、窓鋸より小振りの品。
c0164709_1253447.jpg

こちらは、玉鋼になっているけれど、さらに古いものなのか、安来の品と同年代なのかは不明。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-06-05 12:08 | 物系 | Comments(1)

洋風小出刃

Camp mini というアウトドアな名前だけれど、三徳ナイフのようなギミックがあるわけでもない普通の包丁。
c0164709_21344917.jpg

登山用品店ではなく、普通の刃物屋で「洋風小出刃」なんて名称で打っていても違和感がない気がする。洋風小出刃と記したのは背の厚みが同じ刃渡りのペティなんかより厚手だから。それなりの粗い仕事もこなせるという作りだ。刃は両刃だけれども、これは一方のみを主に研いだ結果として、片刃っぽい両刃となっている。この品はGerberとSakaiのダブルブランド時代のもの、その後はG.Sakaiブランドで同じものが売られていたようだ。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-02-04 21:36 | 物系 | Comments(5)

Chicago Cutlery 78S

c0164709_21531291.jpg


今日の1本も木柄のナイフ。Chicago Cutleryの Walnut Traditional 7-1/2-Inch Slicing/Fillet Knifeだ。
c0164709_21533724.jpg

こんな形のナイフを初めて見かけたのは、極東の島国とは海を挟んだ海岸あたり。漁師とおぼしきおじさんが、さらさらと鱈の類を3枚に下ろしていた。
極東の島国だと出刃包丁を持ち出して頭を下ろしてという作業手順になるのだけれど、現地のおじさんは細身の刃をエラのあたりから骨まで入れて、そこでくりっとしっぽの方に向きを変えて身おろしをやっていた。両側やったあとには骨のついた頭が残る。
ざっくりした作業だけれど、確かにムニエルにするんでも、フリッターにするんでも、こんなおろし方で十分なんだなと、少しばかり目から鱗。で、とにかく似た形の包丁を手に入れようと街の店をうろうろして見つけたのがこの品。

刃は細くてしなる。この包丁を使うと、サンマの三枚おろしも楽に出来る。身が骨にどの程度残るかなんて細かいことを気にせずに、骨まで到達したあとで横に向けて骨に平行に引けば半身の出来上がり。出刃で下ろすのに比べると、おおらかな気分で作業が進行する。
刺身にするには今ひとつの切り身になりそうだけれど、ざっくり魚料理向けには便利な一本。


[PR]
by ZAM20F2 | 2016-02-02 21:56 | 物系 | Comments(0)

カーリーバーチ柄ナイフ 芬蘭

舶来もののナイフになったついでに
c0164709_13105478.jpg

柄と鞘の木目の美しいナイフ。使っているのはカーリーバーチという名前の、樺の木系のつんだ木目材だと思う。
鞘まで入れて10cm程度のコンパクトなナイフ。鞘を抜くと
c0164709_13105045.jpg



[PR]
by ZAM20F2 | 2016-01-31 13:26 | 物系 | Comments(0)

オピネル

肥後の守からのつながりで
c0164709_22061248.jpg


[PR]
by ZAM20F2 | 2016-01-28 22:06 | 物系 | Comments(0)

肥後の守

c0164709_21175666.jpg

小刀を出してしまったので、ついふらふらと。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-01-27 21:19 | 物系 | Comments(0)

小刀 利器材

近所の金物屋さんで、ふらふらと小刀の在庫を聞いたら出てきた品。
c0164709_21342727.jpg

値段を聞いたら、何でも古い在庫とのことで、仕入れ当時に設定された金額でよいとのことで、言われた値段は600円。なのだけれど、刃物は半額セールをやっているとのことで、300円+消費税になってしまった。
個人的には、申し訳なさ過ぎて、せめて600円で買いたかった気がする。
裏面で鋼の継ぎ目が見えないので、利器材かなとおもうのだけれど、それにしても安すぎる。

※流れからは僕らの科学文庫のはずなんだけれど、ちょっと準備が出来ていない…

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-01-25 21:38 | 物系 | Comments(0)

20Wタングステンハロゲンフィラメント

c0164709_21062205.jpg

光らせて撮影してもよかったかもしれない。2.2倍弱
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-01-09 21:09 | 物系 | Comments(0)

ビクトリノックス はさみ

c0164709_20310985.jpg



[PR]
by ZAM20F2 | 2015-12-26 20:32 | 物系 | Comments(0)