タグ:道具 ( 311 ) タグの人気記事

非推奨

はずれとはずれ(その2)の顕微鏡写真の撮影風景の様なもの。カメラからは2本のコードが伸びている。
c0164709_14013634.jpg
風景の様なものと記したのは、実際には、カメラの背面モニターではなく、USB接続のPC上で画像の確認や撮影操作を行っているから。実際の撮影時には背面モニターはたたみ込まれている。最近のデジタルカメラは、無線を使ってタブレットやスマートフォンと接続出来るものが多く、それはそれで便利なのだろうけれども、PC接続の方が、PC画面でピントチェックをして、深度合成範囲を決めて、撮影しながら取り込んで、すぐに深度合成して結果を確認することができるので便利ではないかと思う。

少し前までは、USB経由PC接続で撮影できるのは、N社とC社のみだった。N社の現状は知らないけれども、C社はカメラを買うとUSB接続ソフトは無料で手に入る。O社は、E3の昔は、USB接続ソフトがあったけれど、操作と取込みのみで、ライブビューは出来なかった。ライブビューのようなことをするためには、PCにビデオキャプチャーをつけて、カメラの出力を拾ってくる必要性があり、実用性は低かった。
最近になって、O社は再びUSB接続ソフトを出して、これは無料で入手できるし、PC上でライブビュー可能となった。さらにカメラが完全電子シャッター対応なので、接写や顕微鏡撮影用としてはかなり具合がよい。取込んでPCに記録するファイル名も自分で決められるので、メモ代りに使える。
というわけで、O社のカメラを顕微鏡に乗っけていて、コードの1本はUSB接続だ。
もう一本は電源ケーブル。と書くとO社のカメラを使っているひとは疑問に思うだろう。C社や、それからP社なんかは、電池ボックスに差込むタイプのAC電源があり、それだけでAC電源駆動が可能になるのだけれど、O社の場合は、カメラの下に謎のグリップを1段か2段つけないとAC電源供給が出来ない仕様なのだ。
 それにも関わらず、グリップなしでコードが出ているということは、電池ボックスに装着するAC電源を使っていることになる。
 使ったのは、互換バッテリー。これを分解して、中の電池を取出して、代りにDC電源に接続している。互換バッテリーでなく、正規品でも良かったのだけれど、値段を考えると、正規品の分解は躊躇する。いずれ、今使っている正規品の寿命がきたら、作り替えるかもしれないけれど。
 互換バッテリー、分解してみたら、セルが直列で2つ入っていた。本体接続部分には回路が入っていて、電池と回路の接続は3カ所。一つは直列の負、もう一つは、直列接続の正、そして3つめは中間電位。で、最初は正負の2極のみDC電源を繋いで7.6V入力にした。これで、一応は動作したのだけれども、バッテリー残量がほぼ0の警告が点灯する。多少入力電圧を上げても状況は変らない。ということで、±3.6Vを接続して、中間電位にグランドを繋ぐことにした。
使っている電源は他の目的でネットオークションで入手したもの。元々+18V(最大)と-18Vが独立に(でも電圧の絶対値は同じっぽい)出る電源だったので、それを、そのまま使った。この改造の結果、残量0の警告が出ることなく、動作するようになった。

これで、顕微鏡や接写時に電池の残量を気にすることなく撮影できるので、随分と幸せになったのだけれども、やってみて、かなり非推奨。残量0警告は出なくなったと書いたけれども、実は、この電源を入れた状態で、カメラの電源を入れても動作が開始しない。でも、使う前に、充電池でカメラを動作状態にして、電源をOFFにしてから、この電源に入替えて、カメラをONにすると、ちゃんと立上がって、その後は問題なく動作する。長期に使っていなかったあとの立上げでは大きな電流値が必要で、それが満たされていないのかと推測している。それなら、適当なコンデンサを入れておけばクリア出来そうだけれども、根性無しなのでやっていない。

それから……、取出した充電池の処理は困っている。充電池の回収ボックスにしらっと放り込むことも考えたけれど、外装がないので、下手に上から別の電池が降ってきて傷つくと発火する危険性もあると思う。捨てられずにため込まれたままになっている。

あと、経験的に分ったことは過大入力で充電池の回路が壊れる。最初は7.6V入力で使っていたので、改造後に、寝ぼけて±7.6Vをつなげたことがあり、カメラは動作しなかった。しばらくして、過電圧に気がついて、カメラ本体を壊したかとおそるおそる充電池に戻したら、問題なく動作した。ただ、これは、単に運が良かったためかもしれず、運が悪いとカメラ本体が壊れるだろうと思う。

このやり方、推奨する訳にはいかないのだけれども、Webにさらしておいて、O社の人が、こんな需要もあるなら製品化と思ってくれればいいなと思っている。というのは、O社のカメラが某量販店においてあるときに、このタイプのAC電源で動いているのを見たことがあり、内部的には、これの全うなのが存在しているはずだと確信しているので。


[PR]
by ZAM20F2 | 2017-01-14 14:02 | 顕微系 | Comments(0)

鉛筆ではない

c0164709_22104945.jpg

デッサン用の鉛筆にも見えそうなもの。確かに黒鉛なのは間違いないけれども
c0164709_22110443.jpg

側面の印字をみると、なんか電流を流しそうな品。その正体は……
c0164709_22111405.jpg

カーボンアーク灯の電極。
放電すると減っていくので、電極間の距離を調整する必要もある。
映写用だけでなく、舞台のスポットライトにも使われていたらしく、照明のアルバイトで、アーク灯を使っていて、電極調整しながら使っていたよなんて話を聞いた事がある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-12-07 22:15 | 物系 | Comments(0)

逆さま

c0164709_21130121.jpg

とある博物館の一コマ。スライドを拡大して見るために、ルーペがおいてあるのだけれど、上下逆になっていた。正しい方向にすると、目をくっつけないと見えない。でも、逆さになっていると、目を離していても一部は見える。
というわけで、ルーペ、逆さまに使われている模様。

ルーペの使い方、目をルーペに近づけるというのは、業界人には常識でも、普通の人は虫眼鏡みたいに、目から話して使ってしまうので、もう少し違う物を置いといた方が良さそうな気がする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-23 21:16 | 科学系 | Comments(0)

カクイ印ナイフカッターS型(II)

ナイフカッターの撮影をしたのはだいぶ前。で撮影した画像を眺めていたら、昨日のとは別の写真も出てきた。こちらは、黄色い方を使っている。
c0164709_21045360.jpg

は本体。
c0164709_21050842.jpg

後ろのスライダーを出して刃を出した状態。裏側から見ると
c0164709_21052825.jpg

となっている。これだと、後ろのスライダーの厚みの分だけカッターの刃が入っている場所の厚みがあって、その分刃が不安定担ってしまいそうだけれども、
c0164709_21071642.jpg

前の刃の側は狭まっていて、振れ幅が大きくならないようになっている。L型はこんな感じにはなっておらず、S型の用途と刃の曲がりやすさを考えて異なる構造にしているようだ。
なかなか芸が細かい。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-08 21:09 | 物系 | Comments(0)

カクイ印ナイフカッターS型

「カッターナイフ 使用禁止」というのは、ここにたどり着く人の検索キーワードの一つ。
世間の様子を眺めていると、カッターナイフの怪我は、刃を出し過ぎないという基本をきちんと教えれば、随分と減りそうな印象gああるのだけれど、教える側にも、そんな認識がなくなっているっぽく、まあ、怪我は減らないだろうなぁという気もしている。さて、久々のカッターナイフ

c0164709_07045189.jpg

裏を見ても
c0164709_07063252.jpg

普通のカッターナイフっぽいけれど、
c0164709_07052389.jpg

これはカクイ印ナイフカッターS型。だいぶ前に出したL型同様、背面に支えがあって、刃が曲がらないように使えるタイプ。普通のカッターのように使うこともできる。
c0164709_07082109.jpg

おっと、これは、刃を出し過ぎだけれども……
色は2色。黄色もある。
c0164709_07042948.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-11-07 07:12 | 物系 | Comments(0)

実用品

c0164709_20281457.jpg

家にあった万年筆。万年筆がまだ実用品だった時代の品々。
c0164709_20275865.jpg

近年は昔風のデザインの品が流行みたいだけれど、実用品としては、こんな感じのほうが好きだ。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-10-23 20:31 | 物系 | Comments(0)

十発一中

c0164709_21310438.jpg

なんか全体に暗くてわかりにくいけれど、真ん中あたりを等倍で切り出すと
c0164709_21311746.jpg

となる。
たいしたことのない写真だけれど、手持ちで4秒の撮影。
流石に百発百中とはいかず、十発一中程度なんだけれど、それでも文明の進歩を感じる。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-08-23 21:34 | 風景系 | Comments(0)

恵比寿 石堂 1987年5月

c0164709_13214607.jpg

c0164709_13215166.jpg

c0164709_13215645.jpg

c0164709_13220029.jpg

c0164709_13220402.jpg

c0164709_13220970.jpg

c0164709_13221425.jpg

鉋で有名な石堂さんの仕事場。恵比寿付近だった記憶がある。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-08-21 13:23 | フィルム | Comments(0)

LED光源

c0164709_19103998.jpg

真ん中にいるのは写真家の新藤さんのところで紹介されていた高演色YujiLed高演色YujiLed。公称でRa>95の品。光らせると、
c0164709_19111203.jpg

という感じ。これは、昼白色(5600K)。買ったときは10ヶ9000円だったけど、今は6608円まで落ちている。スペクトルデータを見ると、3200Kの品が一番凸凹が少ない印象だけれど、明るさは昼白色の方が高い。
9Wで適当な放熱板をつけたのだけれど、適当だったみたいで、思ったより放熱板が熱くなっている。もう少し、まっとうなのに変えた方がよい気になっている。
とりあえずのテストは
c0164709_19110988.jpg

な感じだ。この機種の場合、ランプハウスには電球しかないので、ランプハウスを外して、電球がいたであろうあたりにLEDを持ってくればよい。前の写真にもしめしたけれど、偏光顕微鏡で、40倍対物をつかって、ISO200で1/640がきれている(でも直接結像なので、投影レンズを使うとその分暗くなるけど)ので、まあ、悪くない気がする。
電源は、その辺に転がっていた直流安定化電源を使っている。ただ、この電源、ACアダプターを取り付けるのがめんどくさいデジタルカメラをごまかしてAC電源で動かすのに使っていたもので、現時点で、カメラのACアダプターとLEDが両立しなくなってしまった。まあ、18Vの安定化電源は、数千円で中古が入手できるので、もう一台という方向になっている。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-08-20 19:22 | 顕微系 | Comments(0)

流行中……

ここ数日、内田洋行の烏口がサイトの中でもっともアクセスの多い(といっても1桁に限りなく近い2桁だ)ページになっているのだけれど、何故なんだろう。
c0164709_21412785.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-07-13 21:42 | 物系 | Comments(0)