タグ:SCI ( 601 ) タグの人気記事

昭和な問題

妙な問題に気がつくと取り上げる某学習塾の広告。今回のものは、かなり久し振りの謎の問題であった。
フナの解剖に関する会話を読んだ上で問題に答えよとなっているのだけれど、会話文と設問の関係が不明というか、会話文があることにより、全体が混沌としている印象がある。
c0164709_18433355.jpg

設問の1はフナの心臓の場所を問うているけれども、これは単に知識を問うているわけで、上の会話とはまったく関係ない。確かに、心臓だけは丈夫だったとは書いてあるけれども、それは、心臓の場所とはまったく関係のない話だ。
それにしても、フナの心臓の場所を知っていることに、どれだけの意味があるというのだろう。問題は独立したもので、単発の知識を問うているに過ぎない。考え方ではなく、単に個別の知識を問うだけの昭和な問題という印象だ。

設問1は知識を問うているだけ、問2に比べると、まだ真っ当なものである。問2は、最初の会話部分と会話を読んでという条件があるために、まったく意味不明な問題と化している。
c0164709_18444326.jpg


問題は、実験結果が教科書に書いてある正答と異なった場合のレポートの書き方を問うている。もし、この問題が会話文なしに単体でだされたのだとしたら、選択肢の中でベストの答はアになることは自明だ。けれども、この解答は極めて不充分なものだ。正しいと思われる結果と異なった結果となってしまった理由をきちんと考察できていなければ、科学的には、ほぼ無価値な物でしかないので、科学教育としては大きな問題が残る。それを良しとするなら、この学校の理科教育のレベルはかなり低いだろうと推測される。この学校で学んでも、ものごとを論理的に考えて進めていく科学的な思考形態は身につかないのではないかという気分になってしまう。

これだけでも、クズな問題なのだけれど、最初の会話文が、この問題に混乱を加える。問題文では、フナの解剖を大失敗して心臓以外はぐちゃぐちゃで分からなくなったという。どうすると、こんな失敗を出来るのか、現時点で「ひとみ」で何が起こったかか想像がつかないのと同じぐらい不思議な失敗だ。フナを気絶させるのに頭を木槌で殴るのを(それ以外の手はあるかもしれない。中学の時に先生がやって見せたコイの解剖で、最初に木槌で頭をひっぱたいていた記憶がある)間違えて、腹を殴りつけたとしか思えないけれど、それは、いくら何でも間抜けすぎる。
この前文があると何が問題かというと、隣の班ではきちんとした解剖が出来ているなら、ぐずぐずの内蔵の絵を描くより、隣の班のものを描かせてもらった方が、はるかに意味のある行為となるからだ。私が教諭でその場にいたら、確実に、そのような指導をする。もちろん、その場合には、自分達の解剖が失敗したために、あるグループの解剖したものを描いたと記すことは必要だけれども。この場合には、選択肢の中でベストの解答はウになる。

そもそも、この2番は科学倫理とか、より一般的な倫理の問題であって、それを中学理科の入試問題で出すこと事態、あまりセンスの良いこととは思えない。それがさらに、ぐだぐだな問題となってしまっているわけで、問題を出した学校のセンスの悪さもさることながら、それを選んだ学習塾のセンスの悪さも信じがたいほどのものだ。、

追記4月12日
ご近所さんより学習塾が、もとの問題を抜粋して使っているみたいなので、問題を出した学校のセンスは悪くない可能性があるとの指摘がありました。確かに、元の完全な問題文を見ないと、もとの問題は批評できませんね。というわけで、上の批評はあくまでも、学習塾に向けた物ということになります。

追記4月15日
ひとみの方は、本体の回転を抑制するのではなく加速するようになっていたというプログラムのミスが原因という発表があったようだ。これまでも、プログラムの問題から宇宙船が失われた例は存在する。それ故に、様々な確認手法が採られているのだけれども、人の行うことのミスの確立を0にすることは原理的に出来ないだろうと思う。
なお、解剖が失敗した理由は現時点でも不明だ……
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-10 18:49 | 文系 | Comments(0)

動く実験室

「動く実験室」も第二次世界大戦後に発刊された子ども向けの科学雑誌。
c0164709_16454731.jpg

c0164709_16455102.jpg

「にじ」の編集者である藤田も、にじと並ぶ子ども向けの科学雑誌として紹介している。
動く実験室の方が、先に発行が始まり、にじが廃刊になった後まで続いていた。
手元にあるのは第2巻第1号。にじの最初の号より半年ほど前に発行されたもの。目次を見ると、にじの創刊号に比べると、短めの記事が数多くある作りになっている。目次には著者名ないのだけれど、この号の最初の記事である「文字をかくひかり」という記事には「白石潔先生のお話」という文言がサブタイトルのようにある。他の記事も、○○先生のお話というサブタイトルもどきがついているものが多い。勝手な推測だけれど、今のニュートンのように、編集部の人が先生にインタビューした上で記事を書いている気がする。
へへえと思ったのは「手軽な実験で科学の法則がわかります」という「熱のつたわりかた」の記事。この記事のサブタイトルもどきは「近角総信 先生といっしょに実験いたしませう」となっている。えっと、近角総信さんと言えば、後のロゲルギスト(C)さんですよね。他の先生方は調べていないけれど、若手でちゃんと研究をやっている人が関わっているような印象だ。
それにしても
c0164709_16460947.jpg

には「動く実験室」も「にじ」も出てこない。まあ、にじはマイナーすぎるので出てこなくても驚かないけれど、動く実験室が出てこないのは、かなりの手落ちの気がする。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-04-03 17:07 | 科学系 | Comments(0)

有意差あり

小さな野の花が咲いている
c0164709_20594162.jpg

c0164709_21001119.jpg

それを5分ほどぼけっと眺めていたら、数値が止まって測定完了となった。
c0164709_21002761.jpg

4年半ほど前は倍の値だった。
学習院の田崎先生のWebによると5年ほどで2つのセシウムからの線量は4割弱になるらしいので(でも、それは、半減期2年の成分の減少が凡そ1/6になったのが効いている。残りの成分は半減期30年でこれからは減少がゆっくりとなる)、ベースを考えると良い線かもしれない。
もっとも、このあたりの総てが同じ値ではない。
c0164709_21010696.jpg

のあたりで5分待ってから見てみると
c0164709_21005720.jpg

なかなかの値。
c0164709_21010725.jpg

不審そうに眺めている人がいるのも納得できる数値だ。ということは、5年前には1μSv/hくらいあったことになるけれども、じつは、ご近所さんが別の装置であの年の8月に測定した実測値は2μSv/hを越えていた。あまりのことに、喜んで表面の土を持っていったので、値が落ちたけれど、でも、有意にほかより放射性物質が残っている。
こんな感じで、20mと離れていない場所の中で、思いがけない場所がゴロゴロと残っているのだろうと思う。

4月12日追記 ご近所さんから、シーベルトはsでなくSvだよというご指摘があり修正しました。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-03-31 21:09 | 科学系 | Comments(0)

文字数不変


今でこそ、版組の修正はディスプレイ上で容易に行えるから、文書を修正する時に文字数の変化を気にすることはない。しかし、写真植字や活版印刷の時代には文字数が変化してしまうと、それ以降の部分が全面やり直しとなってしまうために、修正時には行内で文字数を変えないような工夫をすることが求められていた。

そんなことを思い出したのは、「少国民理科の叢書」の監修者の言葉の戦前版と戦後版を比べてみたからだ。
c0164709_09020773.jpg


戦前版は
「少国民の皆様、私たちはこの度この「少国民理科の研究叢書」をそれぞれの専門の先生方」
と始まる。戦後版はこれに対して
「少国民の皆様、私たちはこの度この「少年少女理科の研究叢書」をそれぞれ専門の先生方」
と始まる。少国民と少年少女の違いで1文字増えた分を「それぞれの専門」の「の」を抜くことで合わせている。戦後版で書き出しが「少国民の皆様」のままなのは、シリーズタイトルが少国民から少年少女になったのに対応できていないのだけれど、ここも変えてしまうと、文字数の吸収が出来なくなってしまうためかと感じている。

もう一箇所変化したのは六行目で、戦前版では
「これがやがて君に忠義をつくし国に報ゆる」

「これがやがて文化国としての祖国に報ゆる」
と改訂されている。この行は、段落の最後で、「報ゆる一つの道であります。」と終わって、あと2文字は余裕があるので、+2文字、-方向は何文字でも文字数が変わっても問題ないはずだけれども、文字数はきっちりと同じに揃えられている。

c0164709_09022296.jpg


[PR]
by ZAM20F2 | 2016-03-27 09:03 | 文系 | Comments(0)

液体水晶ってなんですか?

Wikipediaの日本語版の液晶を眺めると、現在液晶と呼ばれているものが1960年代には液体水晶と呼ばれていたとの記述がある。
しかし、1968年のRCAの液晶ディスプレイの発表以前には、「液晶」なんて言葉は出回っていなかったけれど、国会図書館の簡易検索で「液晶」を入れると出て来る数少ない例である1963年の日本化粧品技術者連合会会報にのった論文や、1967年発行のデューイの化学の教科書、同年の「原子の世界の秩序と無秩序」というタイトルの東京図書から出ていた普及新書では「液晶」という言葉が使われていて、「液体水晶」なんて言葉は出て来ない。そして、1968年以降に雨後の竹の子のように出て来る文献も液晶という言葉をつかっていて、液体水晶の用例を見つけることが出来なかった。そもそも、国会図書館の簡易検索で「液体水晶」を引いてもヒットしないので、見つけ出せないのは、私の目がザルなためではなく、国会図書館に「液体水晶」をキーワードにする文献が存在しないためなのである。ちなみに、普通に「液体水晶」で検索をかけるとWikipedia由来の記事の外に、水晶の成分を水に溶かした謎の物体が出て来る。
Wikipediaの液体水晶には参考文献が引用されていない。引用がないからといってガセとは断言できないけれども、Wikipediaの液晶はかなり適当な記述なので、ガセの可能性がかなり高いなぁと個人的には考えていた。ところが、「イカと液晶」の関係についても触れられているという話を聞きつけて眺めてみた「液晶がわかる本:苗村省平 工業調査会」には、1986年にRCAの発表があったときには、「液体水晶」として報道されてと理解できる記述が見つかってしまった…………。
c0164709_18042461.jpg

えっと、著者の苗村さんと言えば、長らくメルク社におつとめの液晶業界の重鎮。そのご本尊が仰るなら、歴史が口を開いたようなものだから、御本に出典が記されていなくても、信頼度は一気に向上する……。
そこで、そのあたりで検索可能だった新聞検索を使ってみたのだけれど、朝日新聞では「液体水晶」はヒットせず、液晶の発ヒットは1972年の電総研の亀井さんの記事。こうなると、全報道機関ではなく、一部報道機関が、ろくすっぽ調べずにcrystalを水晶と理解して、「液体水晶」という言葉を作ってしまった可能性が高いのだけれど、やっちまったのは一体誰なんだろうか。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-03-20 18:05 | 液晶系 | Comments(0)

実感する化学(改訂版)

実感する化学の改訂版が出た。
c0164709_21253760.jpg

元々は英語の本で英語の題名は「Chemistry in Context」。Applying Chemistry to Societyという副題を持つこの本は、米国の学生向けの化学の教科書であるけれども、そこらあたりに転がっている化学の教科書のように、物資つん成り立ちなんて話からではなく、もっと人類の地球のこれからに関わる話から始まっている。
日本語版は2005年に第5版の訳がでて、2015年に第8版の訳が出版された。題名にあるContextだけれど、英和辞書だと「前後関係、文訳、背景、状況」などという訳語が上がっているけれども、OALDだと上記の訳語に対応する言葉に、「that helps you to understand it」などという文言がついており、日本語の中立的な印象より、もっと積極的な意味を持つ言葉の印象がある。
本でもcontextについて触れられていて、「本書が化学と社会を縦糸と横糸にして織り上げられていることを象徴する。本書は、社会が抱える課題を背景にしてくみ上げられている。また、これらの課題に取り組む意志を持つ教師と学生がいるからこそ本書が成立する。現代社会が直面する課題のほとんど総てに化学が編み込まれて介在している。」と記されている。第5版では表紙デザインは原著とことなっていたけれども、第8版では原著と同じ(だと思う)蜘蛛の巣となっている。Contextは織物由来の言葉だそうで、蜘蛛の巣でもって、そのことや社会との連携を示唆しているとのこと。

第5版と第8版との最大の違いは、グリーンケミストリーを明示的に押すようになっていること。
c0164709_21252914.jpg

第8版では最初にグリーンケミストリーの1,廃棄物は、出してから処理したり掃除したりするのではなく、生成させない。2,生成物を作るために使う原材料の量を最小に抑える。3,使用する物質及び生成する物質には毒性が無いものを選ぶ。4,使用するエネルギーを少なく抑える。5,技術および経済的に可能な限り、再生可能な材料を使う。6,使用する材料には、有用寿命を終えたら無害な物質に分解されるものを選ぶ。という規則が示され、さらに第0章が全体に対する前提として加えられている。
c0164709_21253493.jpg

原本は1冊なのを日本語版では2分冊になっていて、0章は上巻にも下巻にもついているのを見て水増し感を受けたのだけれど、原書でペーパーブックで1年間貸し出しが30ドル(1年間貸し出しなんてシステムがあるんだ! でも米アマゾンのレビューを見ると、★1つで、その理由が「貸し出し後の返送先や方法に関する案内がまったくない」というのもあり、謎な感じだ)、購入が160ドルもするのに対して、日本語版は上下あわせて8000円程度なので、なんか、得した気分にはなる。
取り上げられている内容は、地球温暖化、オゾンホール、化石燃料、水、酸性雨、原子力発電、電池、高分子、医薬品、食料、遺伝子組み換え技術など多岐だけれども直接生活に関わる領域がカバーされている。内容は、読者に考えさせるスタイルを取っている。課題としては、Webから統計データなどを捜してきて考えるものがあり受動的に知識をえるのではなく、外界から入る情報をもとに思考を練り上げることが求められている。
本自体は、科学的に中立な立場に立とうとしているように見受けられる。例えば原子力にしても遺伝子組み換えにしても、どういう物かをきちんと説明した上で、それがもたらす可能性と問題点を記述している。
この本には、熱力学の第1法則や第2法則が出て来るわけではない。また、シュレディンガー方程式や波動関数も出てこない。様々な合成スキームや個々の無機物質の物性なんかも出てこない。そういう意味ではぎちぎちの化学者にとっては学問的レベルの高くはない本であるのかもしれないけれど、そういう人にとっても、知らなかったであろう事柄が、人の生活との関わりを交えて、いろいろと展開される。提示されている問題を考えて身につけるためには、個々の物事を覚え込むのとは異なる次元のきちんとした知力が必要だ。そしてまた、この本を理解することにより、熱力学やら量子化学やらの個々の習得内容が世界にどのようなつながりを持つのかが、より実感できるようになるだろうと思う。
化学の狭い分野の専門家になる人以外にとって、たとえ、理科系でも、この本は、熱力やら量子やら有機やら無機といった個別の知識に関わる教育を受けるより、化学についてより深く認識できる優れた教科書だろうと思う。

実感する化学の日本語版が最初に出されたのは2005年だけれど、その2年後に「日本化学会 科学教育協議会「グループ・化学の本21」編の化学「入門編」を眺めてみると、根本にある思想が大きく異なっていることを感じずにはいられない。
c0164709_21252497.jpg

化学入門編は「身近な現象・物質から学ぶ化学のしくみ」という副題がついている。副題に、社会との関わりを示唆する言葉がないことからも想像つくように、こちらは、あくまでも化学の本。章立てを見ると「物質は粒子からできている」「身の回りの物質を考える」「物質を特徴づけるものは何か」…「身近な現象から気体と溶液の性質を学ぶ」「化学反応によって新たな物質が生まれる」「身の回りの酸と塩基を考える」…という具合だ。確かに、化学反応の章の最後には、「さらに近年は物質の燃焼に伴う二酸化炭素排出量も問題になってきている。これも化学反応式を理解し上で議論すれば、よりよい結論に近付くことができるであろう。」などとは一応は書いてある。でも、実感する化学の「全地球的気候変動に関わる化学」という章立てに比べると、当事者意識の希薄な、そして、学生にものごとを考えさせる姿勢も見当たらないものだ。『化学「入門編」』が専門の化学者による化学の本でしかないのに対して実感する科学は、広い視野をもった科学者による化学の本なのである。

余談になるが、本の中にアラル海の変化を取り上げた衛星写真があった。灌漑により流入水が減ったアラル海が干上がっていく変化が見られる。実はアラル海の縁を20世紀の終わり頃に通ったことがある。道路脇に小さな店があって暮らしている人々がいて、そこの子どもに画用紙と鉛筆をあげて仲良くなったら、親御さんが生きてる結構大きな魚をくれそうになり、さすがに貰っても途方にくれるだけなので、替わりに瓜をもらった。あのときにはまだ湖があって、魚を捕っていたわけだけれども、今ではとても魚を捕れる状況にあるとは思えない。どうやって暮らしているのかと思ってしまった。
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-03-01 21:29 | 文系 | Comments(0)

僕らの理科実験(Ⅵ)

本の最後の章は「硝子の細工の仕方」である。
c0164709_10524200.jpg

話は、目立てやすりを硝子細工ように加工するところから始まる。
c0164709_10532690.jpg

確かに、硝子管の切断は化学系硝子細工の最初の一歩だ。

そして先端を加熱して膨らますあたりは、初歩の感じもするけれども、
c0164709_10544872.jpg

すぐに側面を膨らませる話になる。
c0164709_10553353.jpg

それにしても、相変わらずエジプト人のイラストだ。
c0164709_10562583.jpg

それから、瓶に穴を開けたり、
c0164709_10572178.jpg

口径の違う管をつないだり、
c0164709_10590271.jpg

最後には漏斗を作る話になってしまう。流石に、ジムロートが出て来る気はしないけれど、油断しているとリービッヒぐらいは出てきても驚かない勢いだ。

[PR]
by ZAM20F2 | 2016-02-28 10:57 | 科学系 | Comments(0)

僕らの理科実験(V)

第5章は火の話。タイトルは加熱に使うランプの話で、章の表紙も照明用のランプが出てくる。
c0164709_21581468.jpg


中をみても、ランプの芯の話なんかが出てくる。

それにしても、平芯と丸芯の話をこんなところで見るとは思わなかった。芯自体は両方とも平べったい布のテープなのだけれど、平芯では、そのまま芯として使っているに対して丸芯は口金が円形で平たい芯を丸く輪にして使っている。燃焼部分の実効長が丸芯の方が長いので明るくなるし、どの方向からでも明るくなる。一方で、ランプの口金の構造が複雑になるので、ちょっと高級品で値段が高い。
c0164709_21585981.jpg

この図、平芯の方はホヤが膨らんだ形状なのに丸芯の方はストレート形状になっている。ホヤが膨らんでいるのは、ランプをつけた時に、ホヤが暖まる前に炎がホヤのガラスの方に伸びると、熱でホヤが割れることがあり、それを減らすためなのかなと思うのだけれど、丸芯の方がストレートなホヤなのは、炎が暴れないのか(平芯で先が平でないと暴れやすい)、それとも高級品なので耐熱性のよいガラスを使っているためなのかどちらだろう。


今ではアンティークとしてのランプがほとんどすべてだろうと思うけれど、30年ぐらい前には茅野のガラス屋で飾り気のない
実用品のランプを売っていた。ホヤも部品として売っていたので、頼まれて何度か買いに行ったことがある。その店は山小屋のおじさんから教えてもらったのだけれど、同時に頼まれたガス冷蔵庫は、結局見つけることができなかった。

ほんの中には、照明ランプを使った加熱や、ろうそくを使った加熱もでてくる。
c0164709_22000450.jpg

c0164709_22010818.jpg

このあたりは、実用的なところなのだろうと思う。

もちろん、アルコールランプやガスバーナーなどの本格実験器具も出てくる。
c0164709_22015107.jpg

ブンゼン灯は分解図とともに、空気の入れ方による焔の違いも出ている。
c0164709_22015599.jpg

でも、酸素少なめのすすが多い焔は硝子管をなます時ぐらいしか使う気はしないので、もう少し小さめの扱いでもいい気もする。

アルコールランプでは、風防の工夫や吹管ランプも紹介されている。
c0164709_22021885.jpg
風防は今でも実用的かなと思う一方、吹管の方は、ブンゼン灯があれば必要ない気もする。あるいは、ガスが一般的でない時代の工夫の一つだったんだろうか。
c0164709_22022311.jpg


普通に売ってた品か分からないけど、インキ瓶を使って作る話もあるので、そこらに転がっていたものでは無さそうだ。
c0164709_22023228.jpg


火の元が出てきたところで、次はいよいよガラス細工でとなる。


[PR]
by ZAM20F2 | 2016-02-22 22:03 | 科学系 | Comments(0)

継続中

先週の日曜日に冬眠をやぶって出てきた人々は、その後の寒さにもめげずに合戦を地味に継続していた。もっとも、19日は少し暖かくなったので、夜は
c0164709_10173135.jpg

の大合戦。
翌朝、一休みの人
c0164709_10174620.jpg

やら、離れない人々
c0164709_10184008.jpg

も見受けられた。21日現在、まだまだ継続中。例年は3日ぐらいで大体合戦終了という気がするので、今回は、ちょっと長すぎる気もするのだけれど……
[PR]
by ZAM20F2 | 2016-02-21 10:19 | 動物系 | Comments(0)

僕らの理科実験(ⅳ)

秤を作った後に続くのは比重測定に関する章
c0164709_06585605.jpg

「軍艦のトン数」が出て来るあたりに第2次大戦前の本であることが如実に表れている。
卵を塩水で浮かすなんて小ネタもある。
c0164709_06590045.jpg

のだけれども、前章で出てきた秤を用いての測定もきちんと紹介されている。
c0164709_06590338.jpg

そして、液体の比重を測定するという、話もあり、これは少しばかり目から鱗だ.
c0164709_06590698.jpg

今だと比重瓶を使ってしまいそうだからね。


[PR]
by ZAM20F2 | 2016-02-14 07:01 | 科学系 | Comments(0)