科学者そしてサイエンスライター(II)

 伏見さんは、「光る原子、波打つ電子」の中で波束としての電子の解説を行った後で、
「以上、話はたいへん難しくなりましたが、皆さんも一奮発して、何度も読み返して下さい。何しろここでお話ししていることは最も難しい物理学の理論すなわち量子論に関係していることなのですから、そうすらすらとわかるべきものではないのです。
今までのところをまとめて言いますと、エネルギーがEで、運動量がpであるような粒電子に、それぞれに比例する振動数ν、波数kの分散性の波を対応させて考えますと、この波の塊として電子の粒としての性質がある程度まで理解することができるということです。」

と記している。注目すべきはこの前半部分で、伏見さんが読者の努力を要求していることである。最近のグラフィカルな科学雑誌も、そして、多くの科学教室の説明も、対象者には、あまり努力を要求してはいない。科学雑誌の場合は、下手に努力を要求すると読者が付いてこなくなるとう面はあるだろうけれども、努力なしに理解出来ることは、基本的にはその人が既に知っていた程度の事でしかない。それでは、基本的には賢くなれないだろうと思う。

読者に努力を要求する一方で、それに食いついて来る人のためには、惜しげもなく物理的な考え方を伝えようとしている。例えば、

「デカルトがその「方法序説」で一つの格率として「研究しようとする問題の各々を出来るだけ多くのそうしてよりよき解決のために要請され得るかぎりの小部分に分割すること」と説いているのを、今引用するのは索強附会かも知れませんが、全体として眺めていてはどうにも手のつかない多くの物理上の問題が、その微分要素に考察を向けることによってどんなに近づき易くなるかは苟(いやしく)も物理の初歩を学ばれる方には分かるはずです。」

なんて言うのは、問題の取扱の基本的な事の一つだけれども、あんまり明示的には教えられていないことである気がする。そしてまた、

「新しい見慣れない現象に出会った時、人々のとる態度は何でしょうか。それは先ず第一に既得の知識を使ってそれを説明しようとすることでしょう。それがどうしても旨く行かない時、人々は今度は自分の知識の体系を変更しなければならないことに気付くのです。これは全く正しい生き方と順序です。その第一段の手続きを怠るならば、私どもは不断に現象の驚異に曝され、決して自然の秩序に思い至ることがないでしょう。私共は野蛮人のように、事毎に独立不覊(ふき)の神を認めて多神教を信奉するようになるでしょう。
 私は今まで物理学就中理論物理学の最前線で、どんなに古い知識体系が崩れ去って、新しい革命的思想がとって代わったかを話してきました。このような瞠目的な前進の物語をするのは、話をする方も叉聴く方も面白いには違いありませんが、それには一つの危険の冒されていることを強調しなければなりません。このような目覚ましい事件というものは要するに珍しければこそ人々の注意を集めるのでありまして、物理学全体の前進はもっと地道な生き方を辿っているのであることを充分に知らなければなりません。
 先ず大部分の新しい研究領域では、古い慣れた考え方が(その外見が甚だしく見慣れないものであるにしましても)その儘運用するのであります。私共の長い戦線からの報告は、結局「異状なし」であることが多いのであります。」

は、ものすごく大事な内容だ。なにしろ、こんな忙しい世の中になってくると、人目を引くために、見つけたことを既得の知識を使って説明する努力を省いたような仕事も発表されるわけで、それに対する警告にもなっている。

一方で、より具体的に役に立つ話もある。

「物理学者は不必要な精密ということを嫌います。問題問題に依って何が大切な肝心なものとなるかをよく知らなければなりません。会計検査官に取っては最後の何銭の桁が問題かもしれませんが、何十億円の国病予算の審議に一議員がこの最後の何銭を問題にしたとならば、私共は彼の常識を疑うことでしょう。常識の健全なる発達であります科学は、今一度言いますが不必要な精密さを嫌うものです。かかる立場にあれば「高い山に登ると太陽に近づくのに何故寒くなるの?」という子どもの質問に対して、あまりびくびくしなくてもすむことになりましょう。大気の温度分布に就いて気象学者がどういう説明をするか私は詳しくしりませんが、少なくとも子どもの疑問が無意味なものであることだけは判ります。假令ヒマラヤの山頂を極めたとしたところで、私共は太陽にいくら近づいたというのです。九牛の一毛も近寄ってはいないのです。」

なんかは、もっと具体的に有効数字という概念を感覚的に分かりそうな例を使って説明している。確かに、学生実験などを通して有効数字の扱い方は教わるわけだけれども、そもそも、何桁の有効数字で物事を扱うかは、有効数字の扱いとは別の話で、そっちの感覚も大事だと気づかせてくれる。


伏見さんは、理論家なのだけれども、実験に対する感覚もきちんと持っている印象がある。たとえば、
「『自然は真空を悪む』という言葉があります。近頃科学教育ということが頻りに問題になっておりますが、そういう論の中に「自然は真空を悪む」などという言葉はけしからん、こういう擬人的な言葉こそ凡そ非科学的で、客観的真理を記述する科学精神とは相容れないものであるという方があります。私をして言わしめて下さるものでしたら、そういう批判こそ、一知半解も甚だしいと申しあげたいものです。近頃の物理学の実験を試みられた方なら、先ず十中の八までは真空を取り扱われた筈でありますが、およそ一度でも真空を作って見られた方なら、此の「自然は真空を悪む」という言葉をつくづく身を以て味あわれることでしょう。よく言い表したものであると感心しないわけにはいきますまい。」

なんて言うのは、真空度の上がらない装置と格闘したことがある人なら実感を持って受け入れられる所だろうと思う(もっとも、最近では出来合の装置の性能が上がってしまったために、真空が上がらなくて苦労するなんて状況にも余りお目にかからないようだけれど。)。さらに、実験あるいは実験家について

「けれども実験がどんなにむずかしいものであるかを知る人は少ない。学生は大抵の場合、頭の悪い奴は実験へ廻れと教えられています。それは単に技術を習得するというだけならば或いは当たっているかも知れません。併しいやしくも独創的な仕事をしようとする人ならば充分の頭の働きが必要です。その上にあらゆる人間の徳、強固な意志、粘り、注意力、厳格、正直、思想の自由性、体力がなければなりません。此のあらゆる徳を以てぶつかって行った時、初めて頑固な自然はその秘密を私共に開いてくれるのです。」

とも記している。今の世の中、趣味の工作が廃れてしまったためか、物を扱う経験量が全体的に低下している。そうなると、出来合の装置を使って、ボタンを押せば済むような測定は出来ても、何かを作り上げて新しいことを測定するのは困難になっていく。




[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-17 06:07 | 文系 | Comments(0)

万灯練供

音に誘われて見たら万灯練供
c0164709_20052415.jpg

お会式というと池上本門寺が有名だけれども、このあたりでも万灯練供がなされている。
ただ、記憶の限りで、四半世紀前にはこんなに盛んでなかった。
復活したのか(だとしたら半世紀前には廃れていたはずだ)、新たな伝統が起こっているのかは分からないのだけれど、この手の流行、どのように理解すればいいのかと思案中。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-16 20:07 | 街角系 | Comments(0)

科学者そしてサイエンスライター(I)

大分前の「専門家とサイエンスライター」「専門家とサイエンスライターまた」では、専門外の事についてはある分野では専門家である人も1人のサイエンスライターでしかなく、間違った内容を記してしまう場合もあることを取り上げた。逆に、世の中には科学者としてもサイエンスライターとしても一流で、書いた物を読むだけで、目から鱗が何枚も落ちてしまうような素敵な本を書く人もいる。物理分野のガモフや生物系のグールドなどはこのような人々だし、そして、ガモフの著書を戦前から戦中に訳した伏見康治さんも、優れた科学者兼サイエンスライターの一人であると思う。なにしろ、卵の実験なんて意表をついた本まであるのだ。


著作集からだいぶ経って出版された「伏見康治コレクション」は数学セミナー、科学朝日などに連載されたものをまとめたものらしく、それなりの予備知識を持つ読者を対象にしている感がある。しかし、戦前に書かれた「驢馬電子」や「光る原子、波打つ電子」は掲載雑誌から考えると、少し背伸びをしたいぐらいの旧制中学生ぐらいも視野にいれた解説だ。だいぶ前のエントリーで驢馬電子を取り上げたときは、もう少し年上向けと記したけれど、考えが変わったのは、驢馬電子の中には兄弟による問答形式の話があり、そこに出てくる弟が旧制中学程度の年齢だからだ。あえて、その年齢を選ぶと言うことは、そこを対象読者として考えているということになると思う。

 少し話はそれるけれども、「小国民理科の研究叢書」にも問答形式は結構使われていて、あるいはこの時代には、この手の科学読みもの(だけでなく一般的な子ども向け読み物もかもしれないけれども未確認)に一般的な記述形式だったのかもしれない。

 さて、その解説において、伏見さんは流石に大学の教科書に出てくるような数式は使わずに、原子物理や原子核物理の話をしていくのだけれど、そこでは、単に知識を伝えるのではなく、科学の考え方を伝えようとする意識が働いているのが色々なところににじみ出ている。例えば、驢馬電子の前書きには

「こんな懸け離れて小さい世界に私達の探求の手が延びていく時、粗大世界で私達の慣れた言葉、概念が重大な障碍に出会うことは予め覚悟していなければならないことでありましょう。こんな遠い世界の涯まで私達の日常の言葉がそのまま通用すると考えるのは、世界中どこでも英語が通用するとするイギリス人よりも思い上がった考えと言わなければなりません。事実はそれ程心配しなくても宜しいので、驚くべき程私達の粗雑な言葉は極微粒子の世界でも通るのであります。勿論適当な補正を加えて。
 もしこの偶然ともいうべき幸運がなかったなら、私はこんなお話を始める勇気を持ち合わせなかったことでしょう。ただそのような小さい世界の現象に浸り切ることによってのみ体得できる言葉を、いわゆる術語を使って皆様にわかる話をしようとしたとて、無理なことは明らかですから。物理学が科学の華と言われる程の大発展を遂げましたのも此の好都合が幸いしているために違いありません。
 けれども此の幸運になれてはいけません。私は多くの類推を並べたてることでしょうけれども、学問というものは類推だけで成り立っているわけではありません。類推が理解を援け、叉専門家が新しい領域に踏み込む時の足場の役を務めることも確かでありますが,併し試みに踏み出した足先が堅い地盤に触れたかどうかを審判するのは、ただ実験事実、現象そのものであるのです。つまり、現象に慣れ親しむことによってその言葉と文法とを体得する,現象に即して考えるという純粋な思惟が本質的な役目を果たしているのであろうことを御注意下さい。」

と、これから行うであろう類推を用いた説明には限界があることを読者に示している。(ついでに記すと、自分のやってることがグローバルというのは第二次大戦前からのアングロサクソンの感覚なのだなぁと思ってしまった。)

さらに、二原子分子の分光のところでも

「人々はよくギリシア、ローマの哲人達が近代の科学の獲得した思想に似たものを既に所有していたことを説きますが、私共はかような先走った空想に何の価値も認めることは出来ません。私共は一歩の飛躍は尊重しますが、千歩の飛躍はこれを肯ずることが出来ません。一歩の飛躍の後には左右を見渡して自分の足場を確かめることが出来ます。千歩の飛躍の後にはそれは不可能でしょう。」

と一足飛びの議論ではなく、着実に前に進むことの重要性を記している。このような意識があるために、原子核物理二十話という副題のある本の中でも、真空を作る話、霧箱、ガイガー計数器など実験のことに随分と頁を費やしていて、その後で、

「一体私のこれまでのお話では、少し世の中の慣習をはづして道具のお話を詳しくし過ぎた惧がないでもないのです。普通ならば、今度の話あたりから始めるべきものであったのでしょう。原子級の世界に於ける微粒子同士の様々な交渉、衝突や崩壊や放射能の現象に就いて私共物理学者が現在抱いている像をお知らせするのが本筋であったかも知れません。併し私はそのような話が齎(もたら)す危険を思ってみました。原子級物理の応用は宣伝的には色々なされてはおりますが、現在のところ電気とかラジオとかのように私共の日常生活と密接な結び付きを持っているわけではありません。この通り世界にいきなり皆様を連れて行くとしましたなら、それは実はおとぎ話の世界へご案内するのと大差ないこととなりましょう。世の科学通俗化を目指すお話の大部分はこの遠い世界のことを面白おかしく説いているようですが、それでは「科学」の通俗化にはならず、科学の成果の文学的記述で、驚異に満ちているという点でアラビアン・ナイトや西遊記と選ぶことがないこととなりましょう。」

などと、寄り道をしていることの真意を改めて説いている。それにしても、「現実とは解離した原子級物理の応用の話は驚異に満ちているという点でアラビアン・ナイトや西遊記と変わらない」という指摘は、クラークの「十分に発達した科学技術は魔法と見分けが付かない(1973年発表らしい)」という指摘に通じるところのある内容を30年程も前に記しているわけで、東西を問わずに似たようなものだなと思うし、クラークの発表から40年経過した今でも、西遊記と変わらない科学読み物が結構ありそうなことを考えると、時代を超えて注意しておかなければならない事柄であると感じられる。なにしろ、科学技術・学術政策研究所の「科学雑誌に関する調査」では、若年層の科学技術離れをなくす手段の一つとして、研究者・研究機関側からの情報提供を上げているが、伏見さんが注意点を書いた時代から、さらに先に進んでしまった先端の科学研究を伝えることは、伏見さんの時代以上に文学的記述となる危険性があるはずであるにも係わらず、伏見さんの指摘された危険性はほとんど意識されていないように思える。アラビアン・ナイトや西遊記は元々がお話であるという認識にあるものだから、それらが面白かったからといって、学校の理科が難しくてつまらないものにはならない。しかし、科学の成果の文学的記述を読んで、それが面白いと思えば、より面白くない学校の理科から離れていく理由にはなるわけで、これまでも、同じような事を書いているので、繰り返しになるけれども、荒唐無稽な物語とは違って、科学に害をなすものになりかねないのである。

 話はそれてしまったけれど、伏見さんに限らず、きちんとした科学者でありサイエンスライターでもある人の書く読み物には、知識というより考え方を伝える意識があるように感じられる。科学によって得られた知識というよりは科学という考え方を伝えようとしている印象がある。もう少し、伏見さんの言葉を拾ってみたい。
 
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-15 06:57 | 文系 | Comments(0)

驢馬3兄弟

前にも出したことがある伏見康治さんの「驢馬電子」。
c0164709_08543331.jpg

科学知識に連載されたものをまとめたものだ。科学知識はこんな感じの雑誌。
c0164709_08540499.jpg

c0164709_08540427.jpg

残念ながら、伏見さんの連成は載っていない号だ。


前にも出した驢馬電子は、戦前の発行だけれど、確認した限りで戦後に2回ほど別の出版社から出ている。
c0164709_08543370.jpg

1つは、中央公論の自然選書版。タイトルは「ろば電子」となっている。そして、もう一つはみすず書房の著作集に収められたもの。
c0164709_08543313.jpg

こちらもタイトルも「ろば電子」だ。

驢馬電子はだいぶ前に買込んだのだけれども、戦後に「自然」に書かれていた解説シリーズが読みたくなって、収録されているのが著作集だけだったので、著作集を丸ごと買い込んだ結果として2冊目がやってきて、持運んで読むのに手頃なのが欲しくなって3冊目がやってきてしまった。

本の表装はなんと言っても「ろば電子」の2冊より「驢馬電子」が気に入っている。
c0164709_08560043.jpg

c0164709_08560090.jpg


とても原子物理入門とは思えないユーモラスな光景だ。驢馬電子は、電場によって普通の電子とは逆方向に動くような電子のことなんだけれども、この本で驢馬電子の話が出てくるのは随分と後の方。殆どの頁は驢馬電子以外の話となっている。そういう意味では、「驢馬電子」というタイトルは、なかなかに意表をついたものであるのだけれど、それがタイトルとして使われているのは、その時代には驢馬が身近な存在だったためなのかと思っている。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-13 07:52 | 科学系 | Comments(2)

ホトトギス咲く

彼岸花も終わったなと思っていたら、ホトトギスが咲き始めた。
c0164709_08205776.jpg

カラスウリも色づき初めているし
c0164709_08205871.jpg

蓮も種を抱えている。
c0164709_08205723.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-12 08:22 | 植物系 | Comments(0)

ヘイロール


c0164709_13220085.jpg

ヘイロールを初めて見たのはどこだったか覚えてないんだけれど、なんとなく語感が気に入っていて、見つけると写真をとってしまう
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-11 07:21 | 街角系 | Comments(0)

一銭洋食

繊維産業が盛んだと、繁華街で接待をしたりされたりする人もいるけれども、それ以上に工場で働く人々も居たのだろうとおもう。なんで、そんなことを思ったかというと、一銭洋食という看板の店を見かけたからだ。
c0164709_13201768.jpg


この店のメニューは薄焼きと、お好み焼き、焼きそばの3品。薄焼きは、薄手のお好み焼きの生地に山ほどの長ネギの薬味切りを乗せて、たたみ込んでやいたもの。それをソースがぬられて500円。1銭ではないが、いわゆるワンコインだ。(ただし、持ち帰りは容器代がかかるので、50円程度増しになる)。

一銭洋食の由来は諸説あるようだけれども、これより西の方にある労研饅頭や、東の方にあるコロリンシュウマイ、イモフライと同じ印象がある。いずれも、繊維工業などが発達していた地域で、そこで働く人々の小腹を満たすために提供された安価な外食だ。

この一銭洋食、大変に気に入ってしまい、また訪れる機会があったら必ず立ち寄るだろうと思う。ただ、問題は老夫婦がやっていて、旦那さんは体を悪くされているとのことで、いつまで続くのか不安がある。
c0164709_13201759.jpg




[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-09 07:19 | 街角系 | Comments(0)

カーボンアーク

繁華街の中程、建物の中にレンズのようなものがあるのが目に入って思わず吸い込まれた。どうやら、映画館だった場所のようで、古い映写機が展示してある。
c0164709_13184506.jpg


キセノンランプも置いてあったけれど、展示物の光源はカーボンアーク。
c0164709_13141460.jpg


大昔のエントリーでカーボンアーク用の炭素棒を出したことがあったかとおもうけれど、映写機の実物を見るのは初めてだ。
c0164709_13165393.jpg

c0164709_13172448.jpg




映写機、映画館用のものの他、出張映写35mm映写機用なんてものもあった。
c0164709_13173119.jpg

c0164709_13173729.jpg

出張先は、工場の講堂か体育館だったろうと勝手に想像している。何しろ35mm映写機だ。映写されたのは教育映画なんかではなく娯楽映画のはずで、そんなものをわざわざ学校に持って行くとは思えない。学校側だってそんな予算はないだろうと思う。
この品も、この地方が繁栄していた痕跡なのだろうと思う。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-07 07:12 | 街角系 | Comments(0)

昔の街の日常風景

繁華街の中の百貨店の上の階に本屋が入っていて、ふらふらと郷土本コーナーを覗いていたら見つかった本。
c0164709_21455968.jpg

ビニ本で中身を確認出来ぬまま買い込むことにしたのだけれど、まあ、買って正解かなと思う。
撮影者はもう亡くなっているらしいのだけれど、繁華街の外周ぐらいに、お店は存在していて、息子さんが後を継いでいるらしい。
c0164709_21461885.jpg

それにしても、戦前からの地域の写真を随分と残しているようで、それも、街が裕福だったから出来たことなんだろうと思う。ちなみに、親子揃って、二科会写真部の重鎮であるようで、写真部初の全国大会は岐阜で開かれているようで、ここのお店がかなり係わっていたのではないかと想像している。
この本を買った百貨店の上の本屋は、普通には売れそうにないような、岩波書店の本の在庫を随分と抱えている。自由書房という本屋で、地方で、こんな本屋があるのはすごいなと思いながら、経営大丈夫だろうかと心配になってしまった。でも、理系の本はすごく乏しく、それも問題だなぁとしみじみ感じている。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-05 07:44 | 街角系 | Comments(0)

街の日常風景(2)

昨日のエントリーのオブジェは謎に満ちていたけれど、もちろん、普通のオブジェもある。
c0164709_21390316.jpg

これは、アーケード街の端のちょっとした広場にある像。ちょっと薄汚れているのが残念だけれども、街を明るくしようという努力の跡が見られる。


ただ、その少し向こうには……
c0164709_21390622.jpg


えっと……、もう少し寄ってみると

c0164709_21404641.jpg


下を車も女性も普通に通っているところを見ると、日常風景なのだけれども、駅前の信ちゃん以上のインパクトがある。
c0164709_21412103.jpg


もう少し行った先には、ビジネスホテルに同居した成人映画館なんていうものもあったのだけれども、カメラを用意していたら、中の小父さんが出てきて、外でタバコを吹かしているので、カメラをしまって退散したので写真はない……。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-03 07:38 | 街角系 | Comments(0)

街の日常風景

駅から繁華街に行く途中で目に入ってきた。
c0164709_21330667.jpg

なんと言いますか、あんまり信金屋さんとは合わないキャラクターの印象がある。この信金、キャッシュコーナーだけでなく、ムーミン支店まである。

ちなみに道の反対側を歩いて行くと行き会うのは
c0164709_21330394.jpg

こちらも、中々謎に満ちている。


[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-10-01 07:32 | 街角系 | Comments(0)

再開発中

その繁華街も、繊維産業の衰退とともに衰退して、シャッターの目立つアーケードとなっている。一部では再開発も行われていて、この街の散歩記事を読むと、しゃれた店が並んでいるように見える。
c0164709_07561664.jpg

これは、その中の一店、和菓子屋さんらしいのだけれど、残念ながら、閉店後。夜になると人通りは少なく、
c0164709_07555585.jpg

c0164709_07555561.jpg

とがらっと見通せる感じ。努力の端々は見られるのだけれど、
c0164709_07585204.jpg

c0164709_07583810.jpg


繁栄を取り戻すのには、もう少し時間がかかりそうだ。
c0164709_07574833.jpg


[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-30 07:57 | 街角系 | Comments(0)

繁栄のなごり

駅前の問屋街が繁栄していたころは、この街の繁華街は周囲で一番といって良いほど栄えていて、歌謡曲にも唄われているという。前のエントリーの文房具店から一区画離れたところの金物屋は本職用の料理用品がずらっとならぶ店で、金物屋の看板だけれども、カッパ橋あたりの店という感じだった。こんな店が成立しているということは、飲食業も随分と盛んであることを示唆している。考えてみれば、問屋街が賑わっていたからには、品物を買いに来た客を接待する店も繁栄していたはずだ。なにしろ、時代は森繁の社長シリーズの頃、三木のり平の宴会芸が映画館を賑わせていた時代だ。当然、あの映画に出てくるような店が軒を連ねるということになる。まっとうな料亭もあるのだろうけれども、繁華街の一郭にあったのは、

c0164709_22345774.jpg


社長シリーズの出張先で出てきても良さそうな店もある。
こちらは……、
c0164709_22345706.jpg

とても入りにくい店。常連さんにでもつれられてでなければ突入不可という感じだ。

ただ、全体にお店の数も減っている印象。

c0164709_22345743.jpg

センターというのには、違和感のある路地だけれども、威勢だけは悪くない。

そして、これは、文房具屋と道路を挟んだあたり。
c0164709_22350310.jpg

何が発展していたのかは分からないのだけれど、先の方の暗さをみると、今では、発展はあまり望めそうにないけれども、当時はいろんな発展があったのだろうと思う。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-29 07:33 | 街角系 | Comments(0)

大福帳

問屋街があるからには、そこで使われる品物を扱っている店も存在するはずだ。問屋街から川の方へ少し歩くと、デパートもある繁華街があり、大通りに面したところには、由緒ありそうな文房具屋があった。
c0164709_07522884.jpg

大福帳の大きな看板がある。
c0164709_07522852.jpg

この店、用事が終わった時間には閉まっているし、帰る日は定休日で中は覗けなかった。看板からすると、算盤と帳面が主の店だろうけれども、このあたりには、繊維産業がらみの技術者も居ただろうから、計算尺や製図用具なんかの不良在庫も少しは期待できる気がする。覗けなかったのは中々残念だ。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-28 07:55 | 街角系 | Comments(0)

繁栄の基盤

この町、駅前に繊維服飾系の問屋街がある。
c0164709_07210842.jpg

c0164709_07210846.jpg

今では、少しばかり寂れた感じのする一郭となっているけれども、高度成長華やかなりしころまでは、すごく賑わっていたのだろうなぁと思う。問屋街があるということは、いろんな人が品物を買いに訪れたわけだし、そして、この街の周辺には問屋街で販売されている品物を作っていた工場があったはず。
問屋街を通ったのは帰りに駅に向かう途中だったのだけれど、問屋街を通りながら、この街で見かけたいろんなものに糸が繋がった気がした。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-27 07:21 | 街角系 | Comments(0)

怒っていると思う

駅の前に噴水と、その奥に金ぴかの人がいた。
c0164709_07212493.jpg



金ぴかの人、信ちゃんらしいんだけれど、信ちゃんに金ぴかはあんまり似合わない気もする。
c0164709_07245464.jpg



本人も、草場の陰で、秀ちゃんと一緒にするなと怒り狂っていそうな気がする。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-26 07:25 | 街角系 | Comments(0)

行楽シーズン

ピクニックしているとおぼしき人々がいた
c0164709_07580893.jpg

季節がら、お月見かなとも思ったのだけれど、みんな同じ方向を見ているわけではない。
c0164709_07580895.jpg

でも、ゆったりくつろいでいる様子。
c0164709_07580838.jpg

どうやら、行き先はキノコの里のようだ。
c0164709_07580820.jpg


[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-25 08:01 | 物系 | Comments(0)

空白不可

c0164709_18365650.jpg

タイトル思いつかないので、スペースを入れたのに「タイトルを入力して下さい。」と怒られてしまった……
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-23 18:39 | 物系 | Comments(0)

小角鋭敏色板による低リタデーション試料のコントラスト増強

雲母板を通常の鋭敏色板と超鋭敏色板で比較する画像を載せたエントリーの最後に、普通の鋭敏色板を使って、よりコントラストを高くできる方法が見つかったと記した。それが書いてあったのは、
Journal of Microscopg, Vol. 180. Pt 2. November 1995, pp.127-130, Polarized light microscopy of weakly birefringent biological specimens, R. H. NEWTON. J. P. HAFFEGEE & M. W. HO
という論文で、通常の鋭敏色板を偏光子(検光子)の軸に対して45度ではなく、10度以下程度の角度で入れるとコントラストが良くなるよという内容だった。

通常の偏光顕微鏡では鋭敏色板の軸角度を変えることはできないので、試そうと思ったら、偏光子と検光子の直交状態を保ったまま、いつもの角度から回していく必要がある。というわけで、早速試してみた。試料はネマチック液晶をガラスの上に薄く広げたもの。

まずは、通常のクロスニコル下。
c0164709_06584124.jpg

全体的にくらい。カメラの露光時間をかなり延ばすと
c0164709_06593231.jpg

文様は、よりはっきり見えるようになる。
そして、普通の鋭敏色。
c0164709_07002870.jpg

こちらは、露光が短めの方がコントラストがはっきりするのだけれども、あんまり見やすい状況にはない。
続いて超鋭敏色。
c0164709_07011057.jpg

ここまでの比較だとたしかに超鋭敏色がコントラストが一番付いているように見える。
続いて、小角で鋭敏色板を入れる手法。角度は何種類か試している。
c0164709_07025545.jpg

c0164709_07025510.jpg

c0164709_07025572.jpg

いずれも、コントラストは段違いに良い。鋭敏色板の軸が偏光子の軸に近いと色調は変らないけれども、透過光量は減って暗くなる。実際、通常の鋭敏色や超鋭敏色に比べると画像は暗くて、カメラの露光時間は延びているのだけれど、コントラストは明確にあがっていて感度はよい。

ついでに、低リタデーションプレートによるコントラスト増強も試みてみた。オリンパスサイトにはブレースケラーがリタデーション測定だけでなく、コントラスト増強にも使えると書いてある。これを試みるには、リタデーションが数十nm程度の位相差板が必要になる。流れとしては、薄く剥いだ雲母板なのだけれど、今回はスコッチクリアテープ1枚を使っている。リタデーションは50nm程度。
c0164709_07033645.jpg




[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-21 07:04 | 顕微系 | Comments(0)

かなり均一

超鋭敏色法がらみで出した雲母片、頑張って剥がしたのだけれども、均一に剥ぐことは出来ずに、どうしても色調のムラが出ていた。
井上信也さんの自伝を読んでいたら、雲母を5ミクロンに剥いで、ブレースケラー用の位相差板を作ったなんて話があるのだけれど、どうやるとそんなまねができるのか不思議だった。
均一に薄く出来る気がしなくて、雲母板は放置していたのだけれど、少し前に紹介した偏光素子の本を眺めていたら、雲母は水中で剥ぐと空気中よりやりやすいということが記してあったので、早速に洗面器に水をいれて剥いでみた。
確かに、水中の方がスムーズに剥がれる。とりあえず、1枚しかためしていないけれど、空気中のものより均一性はよい。
c0164709_07322696.jpg

1枚だと、色がでないけれども、2枚重ねると、合わせて265nmよりちょっと大きめという感じになる。
c0164709_07322698.jpg


必要に迫られて、ひたすら雲母を剥いでいたら、いつかは液中で作業することを思いついたかもしれないけれど、本のお陰で、他の層状物質にも使えるかもしれない芸を知ることができた。
昔の本には、実験のちょっとした技術が書いてあることが結構あるのだけれど、最近の本にはそういう話はほとんどなく、いろいろな芸が埋もれているのだろうなと思う。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-19 07:46 | 科学系 | Comments(0)

出っ張っていない

ひさしぶりの店は、特に当てなく出かけたわけだけれども、いろんなものを眺めて、何も買わずに戻るのは不可能というものだ。というわけで、一緒に帰ってきたのが
c0164709_17172712.jpg

光の具合から、ところどころ出っ張っているように見えるのだけれども、実際には球面状のへこみがある品。
横から見ると、状況がはっきりする。
c0164709_17172701.jpg

鱗状の雲母で雲母の凸曲面で光が反射するので、出っ張っているように見えるけれども、実際にはきれいな凹面となっている。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-17 17:20 | 物系 | Comments(0)

引っ越していた

ひさしぶりに訪れた街でひさしぶりの店に行こうと思ったのだけれど、前に行ったのは大昔で、場所を覚えていないので、検索して場所を確かめた。
駅をおりると、どう考えても前に降りた駅と違う。不安に思いながら、前の駅とは異なる路線だから見覚えがないのかなぁと思いつつ、地図に従って店の方に歩いて行った。
でも、何か、前に行ったところと違う。逆の方から来ていたとしても、全然印象が違う。何か間違えているかなぁと思っていたら、店にたどり着いた。
c0164709_14261021.jpg

こっちは、工房の様子。本体は
c0164709_14260988.jpg

お店で聞いたら、引っ越していたとのこと。道理で見覚えのない場所であったわけだ。
c0164709_14260992.jpg

は駅からの途中のお店。昼時でないのでよらなかったけれど、吸い込まれたくなるような風情がある。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-16 14:34 | 街角系 | Comments(0)

まっとうだった

c0164709_20295559.jpg

売れている本には近づかないことが多いのだけれど、待ち合わせまでに時間があって立ち寄った本屋でぱらぱらしていたら、思ったよりまっとうで買い込んでしまった。
えっと、内容については、方々で書評がが出ていると思うので、多分、他では取り上げられない重要なメッセージをひとつ。
「読解力は成人後にも上昇する(例が少なくとも一つはあった)」
ということ。これは、重要な知見じゃないかと思う。
それにしても、改めて人の能力の多様性について思案している。世の中には、ペーパーテストが出来て、AIが入れそうにない大学に入って、中央官庁のお役人になる人々もいるわけだけれども、その人々が政治家に転身したあとの言動を見ていると、「アホじゃないの」と感じられる例がある。もちろん、「アホじゃないの」な政治家は中央官庁以外に、弁護士あがりなんかもあるわけで、それらの人々は、AIではまねできない読解力は持っているはずなんだけれども、でも、言動がが「アホ」になるのは、読解力とはまた、別の、もっと重要な能力も存在しているようだ。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-14 20:36 | 文系 | Comments(0)

超鋭敏色法

だいぶ昔に、通常の鋭敏色板(530nm)の半分の位相差の位相差板を平行ニコル間に入れると、普通の鋭敏色と同じ色調になり、微小位相変化に対する感度は普通の鋭敏色より高いという話を書いた。その時には、比較写真を出さなかった気がするので、だいぶ時間が経ってしまったけれど、実例を出そうと思う。

試料として用意したのは雲母板を適当に剥いだもの。端っこのところがそれなりに薄いので、そこに注目して欲しい。軸方位を合わせると、当然のように消光状態となる
c0164709_07150178.jpg


まず、鋭敏色板なしでクロスニコル間の画像。長く見えてるエッジのところに、ちょっとした出っ張りがあるのだけれども、コントラストはあんまりはっきりしていない。
c0164709_07244364.jpg



これに普通の鋭敏色板を入れてみる。すると、確かに長く見えているエッジのところのM型の出っ張りが目に入ってくる。あと、鋭敏色板を入れないと消光状態になる配置で、内部に何か変な方向の切れっ端が存在するのが見えてくる。
c0164709_07230173.jpg

c0164709_07230253.jpg



試料を逆方向に回転すると、色調は青色系から暖色系へと変化する。
c0164709_07230260.jpg

続いて、平行ニコルに266nm位相差板を入れたもの。色調変化は普通の鋭敏色板と同じだけれど、確かに色調変化が大きくなって見やすくなっている。ちょっと便利かもしれない。

c0164709_07292356.jpg

c0164709_07292317.jpg

c0164709_07292381.jpg



※その後、普通の鋭敏色版でコントラストを上げられる方法が見つかってしまっています……

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-12 07:12 | 科学系 | Comments(0)

出ていた

c0164709_07325916.jpg

気がついたら、彼岸花が咲く手前になっていた。
[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-10 07:33 | 植物系 | Comments(0)

和紙

だいぶ前に撮影したものの残り。鋭敏色版を入れている。
c0164709_09220780.jpg

c0164709_09211723.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-09 09:22 | 物系 | Comments(0)

思案中

c0164709_20010181.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-07 20:01 | 動物系 | Comments(0)

ピンセットケース(II)

ピンセットケースに疲れが見えているのに使い続けているのは代替品が見つからなかったため。
もともと、理化学機器屋さんの店頭で、最後の一個を見かけたのが四半世紀前。それ以降、機会ある毎に探しているのだけれど、ピンセットケースで検索しても、プラスチックや木の箱が出てくるばかりで、ソフトビニールのは見つからなかった。のが、先日、どうした弾みか見つかってしまい、思わず注文してみた。
c0164709_07150244.jpg

Precision Toolsという文言は入っていないけれど、基本的に同じ作り。横幅が広そうに見えるけれども、ピンセットを詰め込むと横幅は狭くなる。
c0164709_07150155.jpg

ただ、昔のは紐で縛る作りだったのが、ゴムバンドで括る作りになっている。
c0164709_07150260.jpg

一見すると改良なんだけれども、この手のゴムバンドは10年ぐらいで弾性をなくして使い物にならなくなるだろうと思う。それに、紐で縛る野は一手間だけれども、実際には、紐をぐるぐる巻いとけば用は足りる。ゴムバンドをいちいち広げて上をくぐらせるよりは、遙かに手間がかからない。
紐を取り付けられるようにすることを検討中。

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-04 07:21 | 物系 | Comments(0)

ピンセットケース

c0164709_13103989.jpg

適当に紐をまいた黒いビニール。開くと
c0164709_13103995.jpg

道具類が顔を出す。ピンセットケースとして購入したものだけれど、鋏やスパチュラなど、ピンセットじゃないものも一緒に一緒に混ざっている。
このケース、開けば、どこに何があるか一目瞭然だし、転がり落ちることもなく、気に入って使っている。
ただ、端の方、長年の使用で、少しくたびれ始めている。
c0164709_13104895.jpg

[PR]
# by ZAM20F2 | 2018-09-02 13:15 | 物系 | Comments(0)