訂正済み

化石館の近辺ではほ乳類が活動する時代の化石も出土しているそうで、特にサイの、ほぼ全身骨格も発見されているらしい。さらに、それらの時代の化石と一緒に人骨も発見されたところから、葛生原人として話題になったようだ。
c0164709_08110139.jpg

この近辺では、現在でも原人祭をやっているらしいのだけれど、その後の調査により
c0164709_08111042.jpg

とか
c0164709_08111677.jpg

であることが明らかになった。どうやら、発見された人骨はサイと戦った人々ではなく、ほんの数百年前に迷い込んだ人の物だったらしい。というわけで、その由来もきちんと記されている。
c0164709_08111945.jpg

この話、最初の発見が誤りだったという話だけれども、いわゆる捏造ではなく、事実誤認というやつだと思う。両者の違いは、捏造が意図的に行われた物であるか、妄想と現実の区別が付かない人間によって行われるのに対して、事実誤認は思い込みと不充分な事実確認により生じる。悪意のない普通の人でも油断していると陥る危険性がある話だ。

# by ZAM20F2 | 2019-01-22 08:24 | 科学系 | Comments(0)

このどんと

化石館にはペルム紀や中生代のアンモナイトなどの展示もあるのだけれど、実に、素通りしてしまっていて、あまり印象に残っていない。やっぱり目が行くのは石灰石の展示のように、その場所でしかみられないものだ。そういう意味では化石館の近辺で出土した化石は大きく2種類に区分できるように感じた。一つは億年単位で昔のものでコノドントとかフズリナのたぐい。これらは小さな物なので、展示は中々大変だ。
c0164709_16493288.jpg

そういえば、隣の県にはコノドント館なんてのもあり、立ち寄った事があるの(でも、コノドントの事は覚えていなくて、足尾線の展示があったのだけ印象に残っている)。そのときの記憶では、どんな生物か定説がなかったのだけれども、こちらでは魚類の一種であるという紹介がなされていた。研究が進んだのだろうと思う。そして、もう一つがフズリナ
c0164709_16493581.jpg

えっと、これは拡大構造模型。さすがに、ここまでは大きくないのだけれど、入り口のあたりで、展示館の人が、「目に見えるけれども一つの細胞なんですよ」と盛んに強調していた。確かに、細胞一つとしてはとてつもなく大きい。内部構造もこれだけ複雑だったりすると、なんか不思議な気もする。
展示館の出口付近にはお土産コーナーがある。一人一つ、フズリナのきれいそうな石を選んで持って帰れる。
c0164709_16532723.jpg

磨き方のガイドもあって、これはとても良い。

# by ZAM20F2 | 2019-01-20 17:04 | 科学系 | Comments(0)

鉱山鉱石

化石館、当然、中心的な展示は化石であるわけだけれども、個人的に「おお!」と思ったのは、全国石灰石鉱山の展示。
c0164709_08090486.jpg

いろんなところに石灰鉱山があったわけだけれども、地図だけでなく、それぞれの鉱山の鉱石も展示されている。
c0164709_08090525.jpg

同じ石灰石といっても、白いのも、色付いたのもあって、中々楽しめる。CaO換算で品位が示されている鉱石もあるのだけれど、大体50%以上。CaCO3として原子量を考えると、CaOは56%程度みたいなので、色が付いているやつも、ほぼ炭酸カルシウムの塊なんだなぁと思う。
c0164709_08090595.jpg

いろんな用途向けの品も示されていて、こちらも面白い。


# by ZAM20F2 | 2019-01-18 08:13 | 科学系 | Comments(0)

節分前

入館無料の建物に吸い込まれるとむかえてくれたのは鬼のお面をかぶったもの
c0164709_07460534.jpg

建物の人もその前で平然と説明をしているところをみると、誰かの悪戯ではなく、公式らしい。まあ節分前のせいかもしれない。
それにしても、顔に対してお面が小さすぎる……。悪くはないけれども。

# by ZAM20F2 | 2019-01-17 07:50 | 科学系 | Comments(0)

入館無料

ここのところ遠出も出来ずにいたので、思わず日帰りで少しばかり足を伸ばすことにした。
といっても、行き先は毎度のブドウ畑のあるところ。
c0164709_22010439.jpg

その帰り、ふらふらとしていたら、何かありそうなところ。
c0164709_22010456.jpg

こんなのも見かけたけれど、乗らずにもう少し奥に行くと、看板がある。
c0164709_22010499.jpg

でも、どちらかというと、立て看の方より、ドアに書かれた文字の方に興味を引かれたので、そちらに行ってみることにした。ちなみに、ドアの館の方も入館無料だ。


# by ZAM20F2 | 2019-01-15 22:04 | 街角系 | Comments(0)

八ちゃん(特別展)

c0164709_09113609.jpg

ガラス製の謎の装置だけれども、これは水銀整流器。今では、整流器といえばシリコンが主流だけれども、シリコン半導体が開発される前には、セレン整流器や水銀整流器が使われていた。
水銀整流器は機関車にも使われていたはずで、こんなガラス製の物で大丈夫なのかという気もするのだけれど、調べてみると鉄製のものもあったらしいので、そちらが使われていたのかなとも思う。

伏見康治さんの本に、セレン整流器などは整流の原理が解明されていないけれど、シリコンは原理が解明されているので、急速に発達しているなんてことが書いてあった気がする。技術には、素性の良い物と悪い物があって、素性のよい技術は特許でがちがちに押さえないとすぐに模倣されるのに対して、素性の悪い技術は特許でノウハウを出してしまうとまねされるので、門外不出にする方がよいというのをどこかで読んだ記憶があるけれども、その一例なのかなという気もする。
c0164709_09115181.jpg

一通り見終わって、通常展にはよらず、鯨に挨拶して坂を下ると、叫んでいる人々がいた。

c0164709_09115237.jpg

c0164709_09115288.jpg





特別展、確かに初めて見る物なんかもあって面白かったのだけれども、技術系統や、時代背景の展示が不充分で、どのように極東の島国に影響を与えたのかが今ひとつわかりにくい気がする。たとえば、その時代の生活の写真なんかがあると、その違いに驚く人も多いのではないかと思う。そういう意味で、少しばかり残念な展覧会だった。
# by ZAM20F2 | 2019-01-14 09:13 | 科学系 | Comments(0)

これが男の生きる道(特別展XII)

「帰りに買った福神漬けで一人わびしく」
で始まるのはクレージーキャッツの「これが男の生きる道」という歌だ。発表年は調べられていないけれど、昭和30年代の歌だと思う。その2番の歌詞に「もらう月給は1万なんぼ」というフレーズがある。
その時代に18900円で販売されたのが、ソニーのトランジスタラジオ
c0164709_08113243.jpg

初任給比で今の感覚でいうと30から40万といったところだろうか。まあ、考えられないくらい高価な品だった訳だ。
昭和30年代といえば、ご成婚と東京オリンピック(先代)でテレビが日本の津々浦々に普及した時代。室町時代から変わっていなかったとも言われる非都市部の生活が、一気に変化したころだ。その立役者の一つが八木アンテナ
c0164709_08113632.jpg

発明当初は国内では評価されず、欧米の軍事に使われたところから逆輸入されたという話を聞いたことがある。
テレビの普及に関して評論家の大宅壮一が一億総白痴化ということを言い出して、それを聞いた八木先生が「私はそんなことのためにアンテナを発明したのではない」と嘆いたというのをどこかで読んだ記憶がある。

電車の中で目に入ってくるスマートフォンの画面はゲームであることが多いのだけれども、人間の知見を広げられる可能性のある機器が、知見を狭めるために使われるのは、その昔からの一貫した傾向であるのかもしれない。
# by ZAM20F2 | 2019-01-10 08:34 | 科学系 | Comments(0)

答一発(特別展XI)

年を越してしまったけれど、特別展の続き
c0164709_08071534.jpg

6桁の電卓が12800円というのは、今の感覚からはバカ高いけれど、当時からすると、ものすごい低価格だった。一応、Webで値段は確認したけれども、調べる前の記憶の値段と合っていたわけで、それだけインパクトが強かったというか、こんな事を覚えているから、もっと覚えるべきことを覚えていないというべきか……
c0164709_08071258.jpg

こちらは、それよりかなり前の計算機。見慣れないキーの形だけれど、いわゆるテンキー入力が発明される前は、桁毎に入力しなければならなかった。テンキーは私のいい加減な記憶だとキヤノンさんの発明らしいのだけれども、その発明の意味がきちんと理解されずに、特許できちんと押さえられなかったらしい。これが、きちんとおさえられていたら、電卓はキヤノンというのが今の世の常識になっていたかもしれない。

# by ZAM20F2 | 2019-01-08 08:14 | 科学系 | Comments(0)

大塚仲町2019年1月

c0164709_14305797.jpg

富士見坂から仲町の交差点を見上げたあたり。富士見坂も昔は坂の上からきれいに富士山が見えた物だけれども、今ではビルの陰に隠れて裾が見えるだけになっている。
坂を上って右にあるいていくと窪町あたりには高等師範。なんか、そこに関わりのある人々が出てくる話が放映されるらしく、町並みを再現したと称するセットがテレビに出ていた。
c0164709_14310520.jpg

角にある住友銀行はかつては、春日通りを挟んで護国寺側。戦前には、すでに存在していた由緒ある支店だけれども平成の終わりを待たずに店じまいをするようだ。旧店舗の前には都電の線路切り替えの塔が建っていた。早稲田から広小路に行く路線と、大塚から錦糸町へいく路線の交差点。この2路線は直交するだけだけれども、池袋から数寄屋橋への路線はここで20番の線路から16番の線路へとカーブを曲がり窪町方面へと走って行った。その先の高等師範は文理大と合併して教育大になり、一部を残し筑波大として茨城に移り、残りは公園となっている。
c0164709_14311444.jpg

交差点の脇には消防署。
c0164709_14311135.jpg

火の見櫓のある建物が取り壊される時になったときには、坂町通信の人の呼びかけで人々が集まっていた。
仲町から富士見坂を下る途中で右に曲がってしばらく歩くと、左手に開運坂がある。そこを上った先は大昔に講道館があった場所。開運坂を上らずに歩いて行くとサンシャインに行き着くので、現在はサンシャイン通と呼ばれている用だけれども、地元の人の昔の通称は「監獄通り」だったように聞いたことがある。ちなみに、開運坂を少し過ぎたあたりには、かつては大日本愛国党の本部があり、街宣車が停まっていた。監獄の先には根津山があり、自殺の名所として賑わっていたそうだ。雑司ヶ谷あたりには牧場も点在し、少し下った音羽の谷のあたりでは谷を越えて雉が飛んでいるような場所だった。

# by ZAM20F2 | 2019-01-06 14:48 | 街角系 | Comments(0)

復刊しないの??

図書1月号の最初の記事の著者は杉村新さん。
c0164709_09165775.jpg

昨年に東京地学協会からメダルを贈られたとの事なのだけれど、本文によると杉村さんは研究業績で受賞されたことはなく、メダルも「著書により「新し地学」を世にしらしめたこと」に対してだろうと記されている。私の適当な知識では、伊豆半島が南方から流れてきて本州にぶち上がったという話を始めて言い出したのは杉村さんなんだけれども、アイデアは出したけれども、論文としてというより予言者的な言い方だったのかなぁなどと思っている。
それはさておき、このタイミングで図書に杉村さんが書くということは、ついに「大地の動きを探る」が復刊するのかと喜んで、1月と2月の刊行予定を眺めたのだけれども、載っていない……。えっと……どうなっているんだろう。
大地の動きを探るは、科学の研究のやり方を高校生さんぐらいが理解するのにも良い本だと思う。長らく絶版のままなのだけれども他の幾つかの本みたいに、現代文庫に入れる価値は十二分にあると思う。
# by ZAM20F2 | 2019-01-01 09:29 | 科学系 | Comments(0)

使っている(特別展Ⅹ)

c0164709_08402940.jpg

数年前に話題になったイオンエンジン。
思わず反応してしまったのは配管接続に使われているスウェージロック。
理工系で配管あるところには、大抵は使われているような品で、こんなところで使われているのを見ると、信頼性高いんだろうなぁと改めて思った。
# by ZAM20F2 | 2018-12-30 08:51 | 科学系 | Comments(0)

スパゲッティコード(特別展Ⅸ)

スパゲッティコードといえば、普通はソフトウェアの話だけれども、これは、物理的なスパゲッティコード。
c0164709_06571833.jpg

実物は
c0164709_08150439.jpg


よく動作したものだと思う。
# by ZAM20F2 | 2018-12-28 06:59 | 科学系 | Comments(0)

違う気がする(特別展Ⅸ)

諏訪セイコーが出していた腕時計型液晶テレビ。
c0164709_08103548.jpg

もっとも、これだけでは画像は見えず、チューナー部分が別途必要。
c0164709_08104072.jpg

全体像は
c0164709_08105494.jpg

とヘッドフォンも付いている。
確か発売当時は10万ぐらいした品。確かに、インパクトはあったかも知れないけれども、これが日本を変えた千の技術かと言われると、違う気がする。
何しろ、現在の液晶テレビは、この品の子孫ではないからだ。この製品は、ゲスト-ホスト型の表示方式を使っていたはず。これは、液晶に色素を混ぜたものを使うのだけれども、今の液晶テレビは色素は混ぜておらず複屈折性の制御を通して表示をしている。また、この品は確かに、トランジスタを使ったアクティブマトリックス駆動だけれども、単結晶のシリコンを使っていたと思う。それに対して、今のテレビは単結晶でない、薄膜トランジスタを使っている。
液晶テレビは(それ以外の方式も含めた平板型テレビは)確かに、家庭のテレビ環境を変えているとは思うのだけれども、そこに繋がっているのは、
バックライト+3原色フィルターによるカラー化
薄膜トランジスタ(TFT)によるアクティブマトリックス駆動
の2つだと思う。前者は当時東北大の内田先生の仕事。後者に関しては、液晶テレビの最初の品として、家電メーカーの品が紹介されることが多いけれど、マッキントッシュのポータブルマシンに使われた、ホシデンのモノクロTFTが最初だというのが、業界通の話だ。出してくるなら、このあたりの品であるべきだと思う。

# by ZAM20F2 | 2018-12-26 08:19 | 科学系 | Comments(0)

謎の銅鐸(特別展(Ⅷ)

c0164709_07385920.jpg

極東の島国の技術開発は20世紀の中盤までは、軍事が大きな要因だったと記したけれど、展示では、それがあらわにでてくるのが、飛行機用のエンジン。これは、さすがに戦闘機のものを出すしかなかったようだ。
その奥に、謎の銅鐸のような、巨大なものがみえるけれども、これは、高速度カメラだそうだ。
c0164709_07390659.jpg

現在の高速度カメラと比べてみると、フィルムのような物理的な媒体に記録しないで済むようになったのが、いかに凄いことかを改めて感じる。
# by ZAM20F2 | 2018-12-25 07:46 | 科学系 | Comments(0)

_

c0164709_08550989.jpg

そして、上には天使
c0164709_08551385.jpg

# by ZAM20F2 | 2018-12-24 08:57 | 文系 | Comments(0)

射出成形(特別展Ⅶ)

c0164709_14264065.jpg

計算尺の向こうに写っているのは目盛りの型。説明では計算尺全体がセルロイド製のようにも読めてしまうけれども、ヘンミさんのは内部は竹で表面がセルロイドだったと思う。セルロイドはおもちゃ等によく使われていたけれども、よく燃えて危険なので使われなくなった。
c0164709_14263986.jpg

こちらは、ピンポン球の整形道具。こんなのでピンポン球が作られているとは知らなかったよ。それにしても、ピンポン球がセルロイド製でなくなったとは知らなかった。これじゃあ、ロケット燃料が手に入らないじゃないか……。
ピンポン球を細かく切って、金属製の鉛筆キャップに詰め込んでキャップの口をペンチで適当につぶして、焚火に投げ込めば、キャップが焚火から飛び出してくるというのは、戦後の子どもの悪戯の一つではなかったかと思う。そういえば、「楽しい科学」のロケットの回でも、最後に大学の先生が出てきて、ロケット実験で怪我をする子どもが多発しているので、危ないからやらないようにと語りかける場面がある。セルロイドに限らず、花火の火薬を集めて火をつけるとか、ガラス瓶にドライアイスを入れて栓をして爆発させてしまうなど、やっちまった話は直接にではないにしても、どこかで聞いたことがある話でもあったように思う。

合成樹脂に話をもどすと、Uボート改めロ号潜水艦で運ばれたという射出成形機があった。
c0164709_14264048.jpg

頭の中で、潜水艦て人が出入りする程度のハッチしかない気になっていたので、こんなものをどうやって運んだのかと思ったけれど、考えてみれば、魚雷なんかも人の出入りするハッチから運び込めるわけもなく、絶対に大きなハッチがあるはずだ。そこの防水、大変だろうなぁなどと関係ないところで関心したりもしている。
この成形機、油断すると同じようなものが現役でどこかで動いている気もする。ドイツからわざわざ運んでくる位だから、政府間のやりとり的なものかとも思うのだけれども、銘板を見ると、代理店さんのものもある。
c0164709_14263955.jpg

どういう仕切りだったのか、引っかかっている。
# by ZAM20F2 | 2018-12-22 14:39 | 科学系 | Comments(0)

繊維の変遷(特別展Ⅵ)

しばらく前に、冗談のように富岡製糸場が世界遺産になったわけだけれども、その工場が出来たのは1872(明治5)のこと。絹糸や綿糸は長らく極東の島国の稼ぎ頭であった。
c0164709_07402187.jpg

大昔の繭見本があった。写真取り損ねたけれども、これ以前のもあった気がする。見ると、現在のに比べると小振りな気がする。大正期にもなると形状は少し変わってくる。
c0164709_07402154.jpg

ついでに展示されている光る繭。
c0164709_07403558.jpg

いや、どうみても日本を変えた千の技術には入らない品でしょうが。繭見本とバーターで提供先が押し込んだのかと疑っちゃいますよ。なんというか、展示会の品位を下げる展示だ。
絹と並んで重要な輸出品が綿
c0164709_07415313.jpg

こちらはガラ紡と呼ばれる紡績機。大昔に、日本の綿は短繊維でエジプト綿のような長繊維系の綿の紡糸機では糸切れがおおく、ガラ紡は短繊維向けに開発されたものと聞いたことがあったけれど、現物を意識してみるのは初めてだ。
そういえば、綿糸など「高品質日本の起源」によれば、現場の女工さんの工夫が品質向上の要だなんて主張がされているけれども、少し前に上げた山本さんの本によると、
・最新式の機械の使用と、そのメンテナンスを行える体制の存在(最新式の機械については、「高品質」の中ででも取り上げられているけれども、インドでも同じ機械が入っていたけれどもだめだったという理由で却下されている。これは……現場を知らない学者の妄言と言って良い気がしてきた。)
・生産管理等を行う、大学卒技術者の存在
・女工さんを2交代で11時間ぐらいの勤務時間で奴隷のように働かせる低賃金労働
の3点が大きな要素だったようだ。うーん、誰か「高品質日本の…」ではなく「ブラック企業が繁栄する日本の起源」なんて本を書いてくれないかなぁ。

繊維産業を大きく変えたのは合成繊維の発達。
c0164709_07422226.jpg

これは、ナイロンの紡糸機の口がね部分。東洋レーヨンからでた品。東レさんがレーヨン会社だったと知る人も少なくなっているのではないかという気もする。レーヨンは、今では、ちょっとしゃれた素材としても使われるけれども、もともとは人工絹糸という代替物だったわけで、どうしても粗悪品というイメージが残ってしまう。
NYLON、命名には諸説あるようだけれども、Wikipediaにはのっていない話で聞いたことがあるのは、日本の絹糸は農業試験所で品種改良した繭である農林(NOLIN)x号系のものが多く、それを駆逐するものとして、逆読みにしてIをYに変えたという話を聞いたことがある。もちろん、真偽のほどには自信はない。

# by ZAM20F2 | 2018-12-21 07:58 | 科学系 | Comments(0)

電信電気(特別博Ⅳ)

先の本によると、電信は極東の島国に割と早く広がったらしい。
c0164709_21460412.jpg

c0164709_21460704.jpg

その理由には軍事的なものがあり、西南戦争の時にも政府軍は電信を使って薩摩の動きを本部で把握していたらしい。
そういう意味では明治の初めから、軍事関係の事柄は、この国の技術発達に大きな影響を与えている。今回の特別展では、戦闘機に使われたエンジンも置いてはあるけれども、軍事技術の影響は明示的には出ていない。
あの本を読みつつある身の上としては、少し物足りない気もする。
c0164709_21461147.jpg

こちらはガス灯。極東の島国では割と早く電灯となった。
c0164709_21461129.jpg

それは、ガス灯が広くは普及していなかった事も一つの理由だったらしい。
電球は今と違って頭がとがった形をしている。大正の初めの頃に生まれた人によると、この手の電球の頭を水につけて、先の出っ張りを割ると噴水のように水が吹き込んで面白かったそうだ。
怒られなかったかどうかは聞きそびれた。
c0164709_21464029.jpg

こちらは水力タービン。展示に運び込める程度のコンパクトなサイズだ。こんなのを見ていると山北さんの本で、水力発電所などという工作が出てくるのも頷ける気がしてくる。 

# by ZAM20F2 | 2018-12-19 06:58 | 科学系 | Comments(0)

到来物(特別展(Ⅲ))

シリーズの最初のエントリーで出した山本さんの本によると、明治維新は科学技術の取り入れに非常に都合のよいタイミングで生じたと言う。いわゆる古典物理学が完成の域にたっして整理され、蒸気機関等の技術も一段落した時代。このため、紆余曲折したものではなく整理された物を効率良く取り込めたという。それを象徴するのかなと思える品がメートル原器。
c0164709_07353720.jpg

もちろんこれはレプリカで本物は筑波に厳重に保管されている。30本作られた原器の22番目の物が極東の島国にやってきている。そのときには、しっかりした鉄の容器に収められていたそうだ。
c0164709_07353724.jpg

Wikipediaによるとメートル条約が批准されたのが、1875年。メートル自体は18世紀には定まっていたけれども、それがじわじわとヨーロッパ諸国に広がって、この年に署名が行われた。日本は1885年に条約に加わり1890年に原器がやってきた。明治維新は、メートルが定められ、それがスタンダードとなった頃に行われたわけで確かに早すぎても何を受け入れるか混乱したかもしれないし、遅すぎれば、30本ははけてしまっていたかもしれない。
(おそらく)同時にやってきたキログラム原器はNo.6
c0164709_07353759.jpg

キログラム原器はメートル原器より後に作られたため、異なる番号のものが来たのではないかと思う。キログラム原器も、厳重な容器に保護されて運ばれてきた。
c0164709_07353711.jpg

日本では当時は長さの基準は尺だけれども、工業技術の大きな違いにため息をつくしかなかった時代としては、近代化のためにメートル法を導入するのは当然の決定だっただろうと思う。そして、メートル法の導入により尺を改めて定義することになり、尺原器が作られた。
c0164709_07353733.jpg

こちらくすんだ色だけれど、何で作っているのだろうか。メートル原器とキログラム原器の法は、白金-イリジウム合金で作られていて、プラチナが3000円/g程度なので、キログラム原器は地金にしちゃっても300万程度の価値があることになる。現在は役目を終えつつあるとはいえ、金庫に保管されているのも納得出来るところだ。

メートルの定義はしばらく前に変更になり、メートル原器はもはや歴史的および貴金属的価値しかないものとなった。キログラム原器も、キログラムの定義が変わるためにもうすぐ歴史的な品となる。この特別展の大夫後ろの方に、シリコンの真球があって、重さの定義に係わるような話があったので、思わず、新しいキログラムの定義はSi原子が何個といった感じで定義されているのかなぁと思ったのだけれども、調べてみると、プランク定数をある値に定めることにより定義されるようだ。

このあたり、この展示で、なんとなく不満なところ。日本を変えた千の技術博というなら、単発に物を出すより、系統的な流れが分かるような方向になっていた方がありがたい。
# by ZAM20F2 | 2018-12-18 07:55 | 科学系 | Comments(0)

特別展(Ⅱ)

特別展の最初のあたりは、紙物が多い。前のエントリーの元素一覧もそうだけれど、もっと身近な物もある。
c0164709_08010413.jpg

まだまだちょんまげがのっているあたりに時代を感じる。
c0164709_08010360.jpg

これだと体重より重い物は持ち上げられないわけだけれども、
c0164709_08010498.jpg

より弱い力で引き上げられるものもある。
c0164709_08010410.jpg

動物絵図もあるのだけれど、これは、(写真はないけれども)英語版の元の図版があって、それを元に作製されているような印象だ。
ここまでの図版は教わる側を対象としたものだけれども、教える側を対象としていそうなものもある。
c0164709_08010455.jpg

こちらは、器具の使い方のようだ。

# by ZAM20F2 | 2018-12-17 08:05 | 科学系 | Comments(0)

特別展(I)

c0164709_19020382.jpg

読みかけの本につられて、ふらふらと上野のお山に出かけた。
c0164709_19020841.jpg

出かけた先は博物館の特別展。
c0164709_19031952.jpg

入り口付近の門番さんの先には、開国以来のいろんなものが並んでいる。
c0164709_19032353.jpg

の実物を眺めると、随分といろんな元素が書き込まれている。
c0164709_19032691.jpg

それにしても不思議なのは、これらが19世紀に作られたものであること。原子論の歴史といった本を見ると、20世紀になって、アインシュタインのブラウン運動の理論が実証されて、万人が原子の存在を認めるようになったなんて記述があるんだけれど、そこまで原子を信じていなかった人は、このような元素の分別をどのように説明していたんだろうかと不思議になってしまう。


# by ZAM20F2 | 2018-12-16 19:06 | 科学系 | Comments(0)

高幡不動

21世紀ではあると思う。最初の1枚を除いて季節は11月頃っぽい。
c0164709_07382245.jpg

c0164709_07375887.jpg

c0164709_07375818.jpg

c0164709_07375803.jpg

# by ZAM20F2 | 2018-12-15 07:40 | フィルム | Comments(0)

1本多い……

冷凍庫の中からは、撮影済みのフィルムも発掘された。
c0164709_07251113.jpg

デジタルカメラを買ってからも、フィルムの撮影はしていたのだけれど、頻度が落ちたために撮影済みのフィルムは冷凍庫に放り込んで、まとめて現像していた。記憶では3本くらいたまっているつもりだったのだけれど、思ったより数が多く、ぼーっと数えて9本。手持ちのタンクは1回で3本処理出来るので、3度回せば良いかと現像・定着液を用意して現像を始めた。
で、2回終わった時点で、何故か残りが4本ある……。しょうがないから、1本用タンクも引きずり出して、時間差で最後は4本処理をした。
前のエントリーのミニコピーの他、期限がだいぶ切れたISO100のフィルムはあるのだけれど、さすがに、それらを使う気にはなれず、一方で、フィルムカメラも改めて良いなぁなどと感じていて、XP2でも買い込むかなぁと思案中。

# by ZAM20F2 | 2018-12-14 07:42 | フィルム | Comments(0)

発掘品

c0164709_07382396.jpg

冷凍庫の大掃除をしていたら出てきたミニコピーフィルム。もちろん、使用期限切れの品物。
c0164709_07382364.jpg

c0164709_07382331.jpg

このフィルムを作っていた会社、
「富士フイルムおよび関連会社では、富士フイルムグループ社会貢献方針にのっとり、本業を通じた社会・地域貢献をはじめ、写真文化を守る活動、将来世代への環境教育支援や、民間企業としては初めて自然保護をテーマとした公益信託「富士フイルムグリーンファンド」設立など、幅広い社会貢献活動を展開しています。」
らしいのだけれど、ミニコピーを初めとした銀塩フィルムの扱いを見ると「写真文化を守る活動」は社会貢献の看板から外した方がよいかと思う。
モノクロフィルム自体は、写真文化を守る気のある他のメーカーから(値段は高くなったとはいえ)供給されているので入手はできるのだけれど、知っている限りで、これに代わるフィルムは存在しなくなった。超軟調現像での画像も悪くないけれども、科学遊びをしたい普通の人が光の回折実験用の二重スリットを手軽に作ったり、簡易なフォトレジストマスクに使えるフィルム。デジタル化で出来るようになったことも多いけれど、出来なくなったことも確かに存在している。
# by ZAM20F2 | 2018-12-10 07:47 | フィルム | Comments(0)

読者のその後

前のエントリーの本は、奥付きによると昭和28年の発行だ。7月初旬には発行されているので、夏休みには間に合うタイミングだったようだ。
c0164709_08145011.jpg


この本、蔵書印があった。
c0164709_08145085.jpg

持ち主はM.FUKUDAさんだったようだ。本には、他の手がかりも少しばかりあって、おいくつぐらいの方かも想像ついたので、この本の持ち主だった方のことを想像で描いてみたいと思う。

Fさんは昭和17年頃の生まれ。出身地は分からないけれども、東京の小学校に通っていて、この本を手に入れたのは小学校4年生の時。夏休み前に手に入れたので、随分と夏休みに眺めて、本の表紙が外れかけてしまったようだ。前のエントリーで本の左側に白い部分があるけれども、これは補修のために貼られた紙で、その上から4年生の時のクラスと名前が裏表紙に書いてあるので、間違いないだろうと思う。

昭和28年といえば、高度成長以前。都市部のサラリーマン家庭では、子供の科学を定期購読して、誠文堂新光社の新刊を知ることも出来たろうけれども、農村部では、まだまだ現金収入は乏しく、子供にこのような本を買い与えることは少なかっただろうと思う。それに、エナメル導線なんかも、そこらでは売っているものではなく、科学教材社の通販はあったと思うけれど、今みたいに、画面で見て、ポチれば済むような気楽なものではなかった。Fさんがこの本を手に入れて、工作もできたであろうことは、都市部に住んでいたからこそだと思う。


その後、6年生の時のクラスが書いてあって、さらに中学生の時のクラスが書いてある。この本は愛読書で、だんだんと複雑なものまで作るようになったのだろうと推測できる。

小学4年の時にはラッションペンのようなもので名前がかいてあるけれども、中学生になると万年筆の文字だ。昔は中学生になると万年筆というのがよくある話だったなぁとしみじみと思う。今は、万年筆なんていうのは趣味の筆記具で、妙な懐古趣味のボディーが流行っているけれども、昔は万年筆は実用品で、年々スタイリッシュな格好へと変化していくものだった。

その後、Fさんは大学の工学部に入学して、そして学部を卒業して誰でも名前を知っている弱電系家電メーカーに就職した。
今でこそ、理工系は大学院の修士まで行く人が多いのだけれど、Fさんの大学卒業はオリンピック前のこと。修士なんかに行ってしまうと、企業が雇ってくれなかったような時代だと思う。

山北さんも芝浦製作所の技術者だったわけで、その山北さんの本が愛読書だった子どもにとっては、きわめてまっとうな進路だと思う。

その後は技術者として、極東の島国の工業の発展に貢献されたのだろうと思う。Fさんのような多くの技術者がいたから、ハードウェア関係の工業の発展が可能だったのだろうと思う。

昭和28年から60年以上たった今、小学生向けに、電磁石やモーター作りを唆す本は知っている限りでは新刊で存在しない。一方で、小学校程度の子供でも、プログラムを独習できるような情報環境は存在しているとは思う。子供を取り巻く環境の変化は、これからの技術者にどんな影響を与えるのだろうか。






# by ZAM20F2 | 2018-12-07 08:15 | 文系 | Comments(0)

電気模型と工作

c0164709_08242027.jpg

誠文堂新光社から出ていた山北藤一郎さんの本。対象は小学校高学年から中学生くらいではないかと思う。
まず電磁石が出てくる。
c0164709_08243658.jpg

これは、確かに小学生でも作れそう。
続いて出てくるのは電鈴
c0164709_08243638.jpg

そして電流計
c0164709_08243635.jpg

これは、意表をつかれたけれど、電流計の原理を理解するのにはよい工作だと思う。

モーターと続いていく。ただし、このモーター、磁石は使わずに電磁石で動かすようになっている。
c0164709_08243721.jpg

このあたりまでは、普通なんだけれど
c0164709_08243759.jpg

変圧器となると、作るのは良いけれど、何に使うんだという気分になってくる。
ちょっと面白いのは磁石を使ったモーターがこの後に出てくること。
c0164709_08243793.jpg

今の感覚からすると電磁石を使ったモーターはなく、こちらだけなんだけれど、それは、磁石が発達したためなのかなとしみじみする。
その後、発電機が出てくるまではありかなとおもう。
c0164709_08243791.jpg

でも、火力発電機となると
c0164709_08243696.jpg

ボイラーも必要なわけで、水力発電はその点は安心だけれど、
c0164709_08243629.jpg

それでも、工作はらくではないと思う。家中を水浸しにしなければ良いのだけれど。
そして最後は電源装置。
c0164709_08243623.jpg

ここまでたどり着いた子はどのくらいいたのだろうか?


# by ZAM20F2 | 2018-12-05 08:36 | 科学系 | Comments(0)

水面上のSmA-N転移

前のエントリーのSmA相の状態から温度を上げてN相へ転移させた。
普通、N相になるとSmA相の層構造由来の構造が解けて、均一な組織に移るように思うのだけれど、
c0164709_08230538.jpg

c0164709_08230549.jpg

c0164709_08230668.jpg

と配向が絡まったまま残っている。まったく予想外でこんなことがあるから組織観察はやめられない。
# by ZAM20F2 | 2018-12-03 08:26 | 液晶系 | Comments(0)

SmA水面上液滴 (Ⅳ)

少し温度と倍率を上げたもの。
c0164709_07450683.jpg

c0164709_07450518.jpg

# by ZAM20F2 | 2018-11-30 07:48 | 液晶系 | Comments(0)

SmA水面上液滴 (Ⅲ)

c0164709_07460809.jpg

ようやく色温度設定をなおした。デフォルトの設定では見た目とあわず、色温度を調整して合わせている。
# by ZAM20F2 | 2018-11-28 07:48 | 液晶系 | Comments(0)