人気ブログランキング |

思案中

発作的にEOS Kiss X50を購入しようかと思いつつある。ふと、X50のフォーカルプレーンシャッターが先幕がないのを思い出したのである。なので、ライブビューから撮影すると、機械的動作なく露出が始まる。This is Tanakaによると、CMOSのリフレッシュを機械的先幕のスピードで行うらしい。
Kiss X50は1/200でフラッシュライトに同調するので、シャッターの移動速度が1/200以下のはずである。ということは、例えば1/30の露光をすると、最後の1/200が機械的動作のあるタイミングなので、露光の9/10はぶれない画像となっているはずである。これは顕微鏡撮影用カメラとしては、現状ではベストといってもよい機種である。
実は、キヤノンの上位機種でもライブビューからの撮影では、機械動作なく露出が始まるっぽいのだけれど、なにしろKiss X50は安い。顕微鏡に取り付け専用と思えば、コストパフォーマンスは抜群だ。で、発作的に買う気になった次第。
なのだけれど、実に、品切れ中。いや、ないことはなかったのだけれど、オプションのACアダプターがなかったり、赤色ボディーだったりして、購入に至っていない。一つ上位のX5なら、そこら中に転がっているのだけれど…。初期価格はX5の方が随分と高かったのだけれど、現在は価格差が1.5万程度。X5でもよいかという気にもなってしまいつつある。
X50とX5を比べると、もちろんX5が上位なのだけれど、でも、先幕のないカメラの、一号機なんて、ちょっと歴史的なカメラであるわけで、X50が出回るようになるまではまとうかなと思案中。
ただ、FーEOSマウントアダプタは入手しておいてよいので、ヨドバシで買おうと思ったのだけれど、その辺に出ているのはNikonのステッカーをつけた応援の人。その人に「ニコンマウントをEOSにつけるアダプター買いたいんですけれど」と言うわけにはいかず買いそびれてしまった…
by ZAM20F2 | 2011-12-19 21:48 | Comments(0)
<< この角も 初氷 >>