人気ブログランキング |

英型・佛型

英式コンパスとD式コンパスは見た目に全く異なっていて私にも容易に区別ができる。
英式と似たものに仏式があるのだけれど、あまり情報がなく、英式と何が違うのかよく分からない。たまたま、佛型のコンパスを売っていたので、思わず買い込んで英式と比べてみることにした。
英型・佛型_c0164709_14131881.jpg

奥が内田の英型、手前がARMの佛型だ。箱をあけると
英型・佛型_c0164709_14162946.jpg

手前が英型、後ろが佛型。鉛筆と烏口の違いはあるけれども、なんか、おんなじ様なものに見られる。針の抑え方が違うのは、ランクの違いで同じランクのを持ってくると
英型・佛型_c0164709_14175578.jpg

で、同じシリーズの烏口と鉛筆タイプといっても良いくらいだ。
というわけで、それぞれの実物を目の前にしても、英型と佛型の区別はつかずじまいだ。いったい何が違っているのだろう。
by ZAM20F2 | 2012-12-23 14:20 | 物系 | Comments(2)
Commented by ひでさん at 2019-02-28 23:20 x
昭和初期の、父のフランス式一式、母のイギリス式一式、40年前のステッドラーの一式を持っています。穂替コンパスの接続部が、
・イギリス式=すり割り式(丸い穴にすり割りに対して、丸棒に板付きを差し込み、保持は穴側のばねによる)
・ドイツ式=引きネジ式(すり割りの入った丸穴に対して、すり割りの入った丸棒を差し込み、引きネジで角度・抜けの固定を行う)
・フランス式=押しネジ式(5角形の穴に対して5角形の棒を差し込み、1面を押しネジで押して止める)
になっています。一番大きな違いはここかと思います。
なお、5角形の穴は、丸穴をあけた後、(鋼鉄の5角棒を差し込んだうえで)真鍮材をつぶして作ったように思われます。
 あと異なるのは、ドイツ式が、つまみがまっすぐになる装置がついていることと、イギリス式に対して、フランス式が、同じように見えるが、装飾や指をかけるためのへこみが「女性的」な形状であることでしょうか。
 メーカーにもよるのでしょうが、フランス式のほうが、すっきりとして美しいように感じました。












Commented by ZAM20F2 at 2019-03-02 06:15
> ひでさんさん
英式と仏式について、詳細にお教え頂き有り難うございます。替穂の継ぎ手に明確な違いがあると知って、長年の疑問が解消しました。日本国内では、仏式を作っていたメーカーが少なそうなこともあり、替穂の仏式は見たことがなかったのですが,探してみたい気分になっています。
有り難うございました。
<< 氷結模様 有効数字3桁:にわか地震談義 >>