ゾンメルスキー(続:毛の生えたスキー板)

長らく「毛の生えたスキー板」と呼んでいた品だけれど、世間的にはゾンメルスキーと呼ぶらしい。初代が少し疲れてきたのと、2セット必要になったので秀岳荘を訪れる機会に買い込んだのが二代目
ロゴが漢字からアルファベット表記に変わり、ちょっと近代的になっている
c0164709_09445488.jpg
けれども、締具は
c0164709_09450404.jpg
と先代と同じだ。
そして…………
茶箱の中を確認すべく物置を整理していたら出てきてしまったのが三代目
c0164709_09451080.jpg
えーと……………しばらく記憶を辿ってみると、初代がかなり疲れてきたので、その後で秀岳荘に行く機会があった時に買い込んだものだった。完全に忘れていましたね。この前、灯油ストーブを買った時は時間がなくてスキーをしげしげ眺める時間がなかったのだけれど、もし、時間があったら、3代目のつもりで4代目を買い込んでしまっていたかもしれない。
さて、3代目だけれども、締具が
c0164709_09451408.jpg
と初代、2代とは異なっている。これは専用の長靴が必要なのだけれども、皮で締め付けるタイプに比べると着脱が楽(だと思う)。長靴を付けると
c0164709_09451850.jpg

[PR]
by ZAM20F2 | 2014-03-29 09:52 | Comments(0)
<< 三分咲き 毛の生えたスキー板 >>