CマウントにカラーコンパスMFをくくりつける

カラーコンパスMFはCマウントポートがあれば、とりあえずでよいなら簡単に顕微鏡に取り付けられる。
ステップ1 顕微鏡のCマウントに適当なCマウントの部品をねじ込む
c0164709_08313008.jpg

ステップ2 mtテープの内径がCマウント部品の外径とほぼ同じなのを良いことに、上にかぶせる
c0164709_08313088.jpg

ステップ3 カラーコンパスの出っ張りがmtテープの内側に入るのを良いことに、上にのっける。
c0164709_08313060.jpg

ステップ4 落ちないようにテープでとめる
c0164709_08313031.jpg


フランジバックは、幅が15mmのものを使えば、実質問題ないレベルになるだろうと思う。
[PR]
by ZAM20F2 | 2018-08-26 08:38 | 科学系 | Comments(0)
<< 壁 カラーコンパスMFでを顕微鏡に... >>