人気ブログランキング |

昔の街の日常風景

繁華街の中の百貨店の上の階に本屋が入っていて、ふらふらと郷土本コーナーを覗いていたら見つかった本。
c0164709_21455968.jpg

ビニ本で中身を確認出来ぬまま買い込むことにしたのだけれど、まあ、買って正解かなと思う。
撮影者はもう亡くなっているらしいのだけれど、繁華街の外周ぐらいに、お店は存在していて、息子さんが後を継いでいるらしい。
c0164709_21461885.jpg

それにしても、戦前からの地域の写真を随分と残しているようで、それも、街が裕福だったから出来たことなんだろうと思う。ちなみに、親子揃って、二科会写真部の重鎮であるようで、写真部初の全国大会は岐阜で開かれているようで、ここのお店がかなり係わっていたのではないかと想像している。
この本を買った百貨店の上の本屋は、普通には売れそうにないような、岩波書店の本の在庫を随分と抱えている。自由書房という本屋で、地方で、こんな本屋があるのはすごいなと思いながら、経営大丈夫だろうかと心配になってしまった。でも、理系の本はすごく乏しく、それも問題だなぁとしみじみ感じている。

by ZAM20F2 | 2018-10-05 07:44 | 街角系 | Comments(0)
<< カーボンアーク 街の日常風景(2) >>