人気ブログランキング |

電気模型と工作

c0164709_08242027.jpg

誠文堂新光社から出ていた山北藤一郎さんの本。対象は小学校高学年から中学生くらいではないかと思う。
まず電磁石が出てくる。
c0164709_08243658.jpg

これは、確かに小学生でも作れそう。
続いて出てくるのは電鈴
c0164709_08243638.jpg

そして電流計
c0164709_08243635.jpg

これは、意表をつかれたけれど、電流計の原理を理解するのにはよい工作だと思う。

モーターと続いていく。ただし、このモーター、磁石は使わずに電磁石で動かすようになっている。
c0164709_08243721.jpg

このあたりまでは、普通なんだけれど
c0164709_08243759.jpg

変圧器となると、作るのは良いけれど、何に使うんだという気分になってくる。
ちょっと面白いのは磁石を使ったモーターがこの後に出てくること。
c0164709_08243793.jpg

今の感覚からすると電磁石を使ったモーターはなく、こちらだけなんだけれど、それは、磁石が発達したためなのかなとしみじみする。
その後、発電機が出てくるまではありかなとおもう。
c0164709_08243791.jpg

でも、火力発電機となると
c0164709_08243696.jpg

ボイラーも必要なわけで、水力発電はその点は安心だけれど、
c0164709_08243629.jpg

それでも、工作はらくではないと思う。家中を水浸しにしなければ良いのだけれど。
そして最後は電源装置。
c0164709_08243623.jpg

ここまでたどり着いた子はどのくらいいたのだろうか?


by ZAM20F2 | 2018-12-05 08:36 | 科学系 | Comments(0)
<< 読者のその後 水面上のSmA-N転移 >>