人気ブログランキング |

大塚仲町2019年1月

c0164709_14305797.jpg

富士見坂から仲町の交差点を見上げたあたり。富士見坂も昔は坂の上からきれいに富士山が見えた物だけれども、今ではビルの陰に隠れて裾が見えるだけになっている。
坂を上って右にあるいていくと窪町あたりには高等師範。なんか、そこに関わりのある人々が出てくる話が放映されるらしく、町並みを再現したと称するセットがテレビに出ていた。
c0164709_14310520.jpg

角にある住友銀行はかつては、春日通りを挟んで護国寺側。戦前には、すでに存在していた由緒ある支店だけれども平成の終わりを待たずに店じまいをするようだ。旧店舗の前には都電の線路切り替えの塔が建っていた。早稲田から広小路に行く路線と、大塚から錦糸町へいく路線の交差点。この2路線は直交するだけだけれども、池袋から数寄屋橋への路線はここで20番の線路から16番の線路へとカーブを曲がり窪町方面へと走って行った。その先の高等師範は文理大と合併して教育大になり、一部を残し筑波大として茨城に移り、残りは公園となっている。
c0164709_14311444.jpg

交差点の脇には消防署。
c0164709_14311135.jpg

火の見櫓のある建物が取り壊される時になったときには、坂町通信の人の呼びかけで人々が集まっていた。
仲町から富士見坂を下る途中で右に曲がってしばらく歩くと、左手に開運坂がある。そこを上った先は大昔に講道館があった場所。開運坂を上らずに歩いて行くとサンシャインに行き着くので、現在はサンシャイン通と呼ばれている用だけれども、地元の人の昔の通称は「監獄通り」だったように聞いたことがある。ちなみに、開運坂を少し過ぎたあたりには、かつては大日本愛国党の本部があり、街宣車が停まっていた。監獄の先には根津山があり、自殺の名所として賑わっていたそうだ。雑司ヶ谷あたりには牧場も点在し、少し下った音羽の谷のあたりでは谷を越えて雉が飛んでいるような場所だった。

by ZAM20F2 | 2019-01-06 14:48 | 街角系 | Comments(0)
<< 答一発(特別展XI) 復刊しないの?? >>