人気ブログランキング |

やってきた

今年度に定期購読している雑誌がやってきた。
c0164709_11300207.jpg

月刊誌だけれども、偶数月の初めに、偶数月と奇数月の2ヶ月分を送ってくる。偶数月の初めに偶数月の号が手に入るから、文句はないのだけれども、その次の奇数月のも手に入るということは、偶数月の号は一月ほど前には発行され、本屋では入手可能になっていることを意味している。実際、今月号の評判はそこかしこに上がっている。でも、この雑誌、定期購読の読者が多いらしく、このタイミングで、今月号が本来の読者の手元に届いたのだろうと思う。

定期購読にしたのは、6月号の「珪藻美術館」を確実に入手するためもあったのだけれども、それ以外にも、なんとなく、面白げなタイトルが並んでいたこともある。
c0164709_11300205.jpg


4月は「家をかざる」。
c0164709_11294365.jpg

世界のいろんな家の写真集。土地によっては、家に文様をつける風習があるようで、そのような地方の家々の写真。世界不思議発見的なふしぎだ。

5月は「日本海のふしぎ」。
c0164709_11294276.jpg

こちらは、漫画的なイラストの本。日本海は周囲の海とは浅い海峡で繋がっているけれども、平均滴には1700mの深さを持っていて、ミニ海洋的な要素があるとか、業界の人には常識かもしれないけれども、言われてみて、気がついたり知ったりした話も多かった。

7月の「ブラックホールってなんだろう」は、なかなかの野心作だと思うのだけれど、熟れきっていないところもある。
c0164709_11294290.jpg

ま、想定読者である小学生に向かって、潮汐力やら角運動量保存が絡む事柄の話をしなければならないわけで、読んでみて代案があるのかと言われたら、頭を抱えるしかないのは確かだ。でも、「その正体を解き明かすのは、あなたかもしれません」という終わり方は、少しばかりではなく、ありきたり感がある。

ちいさな・ちいさな・ガラスの世界」という副題のついた6月号は「珪藻美術館」。
c0164709_11294297.jpg

同じ表題の本が数年前にも出版されて、絶版になっている。今回の珪藻美術館も同じ著者だけれども、写真のかぶりはない。

さて、今回の「珪藻美術館」数頁の綺麗な写真の後で「私は、ガラスを集め、ならべて、一つの作品をつくるという仕事をしています。」という文で始まる。そして、珪藻の説明を交えながら、「1.珪藻を採取しよう」「2.ガラスをきれいにし、種類ごとに分ける」「3.ならべる」と珪藻アートを作るプロセスの説明が続く。綺麗な写真が楽しめるだけでなく、ガラスの殻をかぶった植物が存在するという知識も得られる。

本は、珪藻屋さんの仕事を軸に構成されていて、そして、楽しめる多くの写真があるのだけれども、本来の読者の人にとって、少し遠い世界の話になってしまうのではないかと少しばかり感じている。

本に載っているような珪藻を目にする機会は多くの人にはほとんどないだろうと思う。そうなると、身の回りにあるものでも、遠い世界になってしまうのだけれども、七輪はともかくとして、珪藻土の壁材など、この本の読者層の家庭には珪藻を使った品物がありそうな気がする。そんな話が紛れ込んでいたら、想定読者もその関係者も、壁を見たり、風呂上がりの水を吸うマットを見る目が、もう少し変わるようになったのではないかという気がした。

掲載されている写真については、1ヶ月前に書評を出しているような人々の間では絶賛されているのだけれども、逆に、レベルが高すぎて、手元に顕微鏡があって、ちょっと覗いてみようとした人にとって、自分の目に映ったものが、本の写真に比べると混沌としすぎていて、どうして良いのか分からずに断念してしまう場合も出るように思う。不思議新聞の方にでもよいので、初めて顕微鏡を覗く人の助けになるような図鑑や本の紹介があったら、もう少し幸せになれる人もいるかも知れない。

そして、珪藻を並べるのに仙人のような生活を行っているという内容。これは、ほとんどすべての読者にとって、試してみようという気持ちを抱かせなくなるようなものであるように思える。もちろん、あのレベルでの作品を作るのには、本に書かれている以上の試行錯誤と、ものすごい努力が必要だと思うのだけれども、でも、もっとゴミだらけで、うまく並んでいないようなものでも、自分で作ったものなら、楽しんで見ていられる気がする。そのためには、とりあえずの敷居は高くなく見える方がよいだろうと思う。そうして、層が広がれば、その中から、よりレベルの高い珪藻アートを作り出す人も出てくるだろうし、また、本にのっている写真の凄さを実感をもって理解できる人々も増えていくのではないかと思う。

この本、ハードカバー版にならないかなぁと思っているのだけれど、そのときには、最後にでも、参考になる本が掲載されたら良いなと思っている。

なお、著者のWebには、没になった写真も含めて、本に関するいろんな話が載っている。まあ、このWebに来る人はとっくにご存じだと思うけれども、まだ見ていない人は、是非ご一読あれ。

by ZAM20F2 | 2019-06-02 11:35 | 科学系 | Comments(0)
<< この答、理科ではない 二灯発光 >>