人気ブログランキング |

百害あって一利なし

c0164709_06355868.jpg

施主さんには悪いんだけれども、この看板見た瞬間に、この会社ダメだなと思ってしまった。
よくもまあ、これだけ無意味な事柄を看板にして、人目につくところにぶら下げておける物だ。

こんな事を書くと、「施主様に感謝を込めて、そして現場に敬意を払う姿勢の何が悪い」などと言われてしまいそうなんだけれど、理系的感覚から言えば、きちっとした仕事をしてくれるのが一番よいので、そのために、余計なことは、なるべく減らすべきなのである。こんな事に手間をかけて気を使っている暇があったら、その分の注意力や気力を作業に向けるのが正しい姿勢で、その足を引っ張るような、こんな看板で要求される動作はうち捨てた方がよい。

などと書くと、さらに「きちんとした仕事をするためには、対象に敬意をもって、また感謝の念をもって行う必要があるのを知らないのか。宮大工だって、現場に入るときには一礼している(多分)」などと行った精神論を振回されそうなんだけれど、そういう心持は強制されてやる物ではないわけで、心持がないのに強制されてやっている場合には、上に記したように、能率の低下は引き起しても良いことは何にもない。

それに、この会社の作業者が全員、きちんとした心持を持っているなら、上のような看板は無用。それなのに、看板があると言うことは、看板の内容が、この会社の作業員が持ち合せていないものであるか、さもなければ、会社として、施主に気を使っていることをアピールしたいためかのどちらかとなる。前者だと、そんな作業員を使っている会社を疑う話だし、後者だとすると、会社の根本姿勢を疑う話だ。いずれにせよ、ろくな会社ではないという結論となってしまう。

もうさ、こういう過剰な礼儀的慣行は止めた方が良い。世の中をがんじがらめにして、効率を下げる一方だ。こんなの掲げて満足するのは、大変に無能な経営者だけだ。
by ZAM20F2 | 2019-07-19 06:40 | 文系 | Comments(1)
Commented by Ataron at 2019-07-19 13:59
こんにちは、

その通りかと思います。 昔、職場の年長者に、何か仕事の詳細について聞いていた時に、突然怒りだしたんですね。 こちらは真面目に聞いていたつもりが、私がポケットに手を入れたというのです。 人にものを聞く態度ではないと。 前に居て緊張するほどお偉い方とは思っていないが、文化というか考え方の違いを感じました。 頭を使う時は、体は少しリラックスしている方が良いと私はやって来たが、そういう環境でこの人は育ってないのだと思いました。 もちろん、私は、自分の生き方を大事にして人にもそうあれと思うが、強制はしませんけどね。
<< 写っていればよい 成長中 >>