カテゴリ:フィルム( 44 )

高幡不動

21世紀ではあると思う。最初の1枚を除いて季節は11月頃っぽい。
c0164709_07382245.jpg

c0164709_07375887.jpg

c0164709_07375818.jpg

c0164709_07375803.jpg

by ZAM20F2 | 2018-12-15 07:40 | フィルム | Comments(0)

1本多い……

冷凍庫の中からは、撮影済みのフィルムも発掘された。
c0164709_07251113.jpg

デジタルカメラを買ってからも、フィルムの撮影はしていたのだけれど、頻度が落ちたために撮影済みのフィルムは冷凍庫に放り込んで、まとめて現像していた。記憶では3本くらいたまっているつもりだったのだけれど、思ったより数が多く、ぼーっと数えて9本。手持ちのタンクは1回で3本処理出来るので、3度回せば良いかと現像・定着液を用意して現像を始めた。
で、2回終わった時点で、何故か残りが4本ある……。しょうがないから、1本用タンクも引きずり出して、時間差で最後は4本処理をした。
前のエントリーのミニコピーの他、期限がだいぶ切れたISO100のフィルムはあるのだけれど、さすがに、それらを使う気にはなれず、一方で、フィルムカメラも改めて良いなぁなどと感じていて、XP2でも買い込むかなぁと思案中。

by ZAM20F2 | 2018-12-14 07:42 | フィルム | Comments(0)

発掘品

c0164709_07382396.jpg

冷凍庫の大掃除をしていたら出てきたミニコピーフィルム。もちろん、使用期限切れの品物。
c0164709_07382364.jpg

c0164709_07382331.jpg

このフィルムを作っていた会社、
「富士フイルムおよび関連会社では、富士フイルムグループ社会貢献方針にのっとり、本業を通じた社会・地域貢献をはじめ、写真文化を守る活動、将来世代への環境教育支援や、民間企業としては初めて自然保護をテーマとした公益信託「富士フイルムグリーンファンド」設立など、幅広い社会貢献活動を展開しています。」
らしいのだけれど、ミニコピーを初めとした銀塩フィルムの扱いを見ると「写真文化を守る活動」は社会貢献の看板から外した方がよいかと思う。
モノクロフィルム自体は、写真文化を守る気のある他のメーカーから(値段は高くなったとはいえ)供給されているので入手はできるのだけれど、知っている限りで、これに代わるフィルムは存在しなくなった。超軟調現像での画像も悪くないけれども、科学遊びをしたい普通の人が光の回折実験用の二重スリットを手軽に作ったり、簡易なフォトレジストマスクに使えるフィルム。デジタル化で出来るようになったことも多いけれど、出来なくなったことも確かに存在している。
by ZAM20F2 | 2018-12-10 07:47 | フィルム | Comments(0)

どん底 1990年 4月

どん底は新宿にある洋風酒場。今も普通の営業はしているけれど、1990年頃までは、歌声酒場としての営業もしていた。
歌声というと「灯」が有名だ。灯(鬼王神社の脇へ移って以降は「ともしび」だけど)が歌声喫茶であったのに対して、どん底の方は当時から歌声酒場。客層にオーバーラップはあるものの、客層も、歌われる歌にも違いがあった。

c0164709_19292086.jpg

どん底にスコットランド人をつれてった時、日本の飲み屋さんにしてはatmosphereが広いといわれた。atmosphereのそんな使い方を知らなかったので意味を聞いたら、日本の居酒屋さんでは基本的にグループ間の交流がないけれども、初対面の人も含めて雰囲気が広がっていると教えてくれた。
c0164709_19292073.jpg


c0164709_19292054.jpg

歌声、地下でやっていたのが3Fに追いやられ、そして、1990年の春に歌声は終了になった。この写真は歌声の最終日だと思う。



その後、お会いしていない方々なので、お顔が分かる形でWebに上げちゃうか少し考えたけれど、20年以上立っているし、上げられて困るような方々ではないと思うので、そのまま上げた次第(万一、まずかったらコメント欄に連絡ください)。

c0164709_19292067.jpg



これが最終日だと思うのは……。ここには上げていないネガの中にビデオを回すひとも写っていたから。普通は、カメラやビデオなんかを持ち込む人なんていた記憶はない。






だから最終日だと思ったのだけど、実は、この数ヶ月前の写真もあった…。最終日でなくても、カメラを持ち込む人はいた訳だ。ポケットに入る目立たないカメラを使っていたからなんだろうと思う。

by ZAM20F2 | 2017-04-02 19:38 | フィルム | Comments(0)

1970年高崎機関区

c0164709_20371631.jpg

いわゆる扇形車庫。前後のある蒸気機関車の寝座だ。
c0164709_20370109.jpg

写真には写っていないけれど、扇の中央には転車台がある。
c0164709_20373195.jpg

は車庫の中に鎮座していた蒸気機関車。この時代、蒸気機関車の他に
c0164709_20374708.jpg

も居た。
テンダー車は八高線だとおもうけれど、C11は構内入れ替えようかしら。
by ZAM20F2 | 2016-11-17 20:41 | フィルム | Comments(0)

1970年都電16系統大塚窪町

c0164709_20574645.jpg

後ろは都バスの車庫。車庫は今でもあるけれども、再開発が進んで、一面ビルになっている。
by ZAM20F2 | 2016-11-15 20:59 | フィルム | Comments(0)

21世紀

c0164709_20482515.jpg

フィルムの撮影だけれど、撮影したのは21世紀も10年は過ぎたころ。よくみれば、自転車などは1970年代ではないけれども、でも20世紀と言われても不思議がらないようなところだ。
by ZAM20F2 | 2016-10-18 20:51 | フィルム | Comments(0)

近隣商店街

c0164709_21090119.jpg

建設中のビルを望む商店街。角の中華料理やは現在は肉屋になている。左側の道、結構賑わっているけれども、半世紀近くたって閉店した店も多く、昔日の賑わいはない。もっとも、こんな感じの商店街なんていうものがこの国に出現したのは、御維新からしばらくたってからの事らしく、歴史全体から言えば、商店街が存在しなかった時代の方が遙かに長いはずだ。
右側の通りをビルの方に近づくと
c0164709_21090733.jpg

なんか、昔の名残の名称が残っている。
c0164709_21091310.jpg

は工事現場。一応、ガードマンがいるけれども、今からすると、のどかな感じがする。

by ZAM20F2 | 2016-10-03 21:19 | フィルム | Comments(0)

ドローン撮影ではない

c0164709_16152500.jpg

一連のサンシャイン写真で出てきた1枚。最初はどうやって撮影したのか分からずに途方にくれましたとも。
でもよく見ると右側に他のビルがスカートのように見えるわけで、このビルは安田火災さんですね。ということは、ここは新宿で、他の高層ビルの上から撮影していることになる。
建設中のは、新宿野村ビル。


地図を眺めながら考えると、新宿住友ビルか三井ビルからの撮影だと思う。住友ビルには解放された展望室があり、三井ビルには、そんなものはないらしいので、住友ビルカと思う一方で、住友ビルからだと三井ビルが邪魔をしているはずで…… 三井ビルの潜り込んで撮影したのかと不思議になっている。
目をこらすと遠くにサンシャインが見えている。
c0164709_16153047.jpg

by ZAM20F2 | 2016-10-02 16:30 | フィルム | Comments(0)

お隣さん

回りに高い建物はなく、お隣さんはどこかと言えば
c0164709_21434510.jpg

になるわけだ。
c0164709_21441638.jpg

はもう少し西側の夕暮れ
by ZAM20F2 | 2016-10-01 21:44 | フィルム | Comments(0)